Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php:270) in /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
引越しその他の便利技

引越しその他の便利技

引越し業者を選ぶときはここに注意!

料金について

なるべく費用を抑えて引越しをしたい場合、複数社から見積りを取ることが必要です。
インターネットで検索をすると、一度の情報入力で何十社もの引越し業者に見積りを依頼するサイトも数多く存在しますが、多くの場合は詳細が分からないので訪問したいという営業電話がかかってきたり、最悪の場合見積っただけで見積り費用を請求してきたりする会社なども存在するのであまりおススメできません。半数ほどは具体的な金額で戻ってきますがこれをうのみにして依頼すると、実際にはあれもこれも費用外ということで加算されるケースも多く、結局高くつくことも少なくありません。
おススメの方法は、サービス等の面で安心して任せられそうな会社を3社ほどピックアップし、訪問見積りを依頼することです。運ぶ荷物の量を見てもらうことで確実に入り切るサイズのトラックを手配してもらえますし、あと少し荷物を減らせば一つ小さいトラックに積むことが出来る等のアドバイスも受けることが出来ます。大切なのは3社とも荷物量はもちろん引越日や出発・到着時間帯も含めて同じ条件で見積ってもらうことです。この3社の中での最低額を他の2社にぶつけるなどして、最低価格を見極めましょう。

サービスについて

引越し業者のサービスは多種多様ですが、まず確認しておきたいのは当日手配されている接客人数です。極端に荷物が少ない場合以外は3人以上はいた方がいいでしょう。これは作業時間に大きく影響する為で、人数が少ない場合は完了時間が大幅に遅れることが多く、依頼人が引越し先へ移動する時間も遅れてしまいます。また、見積りで接客人数を2人で出してくる会社は他の現場でも2人で作業している為、依頼時刻に来てもらえない可能性が高いです。
さらに確認しておきたいサービス内容にはハンガーラック用の段ボールの貸し出しがあるかどうか(梱包の手間がだいぶ省けるので)、梱包材の提供があるかどうか(買うと意外とかかるので)、使用後の段ボールの処理方法(引き取りがあるかないか)、電化製品の梱包サービスがあるかどうか、などが挙げられます。

保証内容について

引越しの際の心配ごとの一つに、作業中や運送中に破損されてしまうことがあげられます。
この破損に対して万全の補償がなされているかどうかは引越し業者選びの鍵となります。いくら提示され費用が安くても、この補償に関して口を濁す業者に引越しを頼んではいけません。大手を中心に良心的な業者ではこういった必ず補償を行っています。補償制度があることが確認出来たら、その内容にも目を通しておくことが必要です。依頼者側で気を付けなければいけないこと等の注意事項をしっかりと読んだり、さらには担当者に細かい内容を確認したりして、補償に関して注意を払っていることを業者に印象付けた方がいいでしょう。万全を期する場合には、特に破損しては困るような家具や電化製品、家の中などは事前に写真を撮って証拠をつくっておくことも大切です。

東京都内の単身引越しの料金と業者の選び方
www.youtube.com/watch?v=S5298LOk3tI
さいたま市の単身引越しの料金と業者の選び方
www.youtube.com/watch?v=RsKGdnicjK8
横浜市の単身引越しの料金と業者の選び方
www.youtube.com/watch?v=TFwqcAnzUeU

引越し荷ほどきのポイントについて

新居に引っ越したら、大きな家財から整理しよう

引越し業者は、こちらの意見を聞きながら、家具や家電を置いてくれます。しかし、前もって考えていた位置に配置しても、実際に置いてみると、入り具合や使い勝手が思っていた感じと違うという事もあります。引越しをした後は、部屋の中は段ボールだらけなので、少しでも早く片付けたいという気持ちが募りますが、まずは、大きな家具や家電を、実際の位置に置きなおす事から始めましょう。
例えば、本棚に本を入れてしまってから、やっぱり別の場所に移動しようと思っても、重くて動かす事が難しくなります。このような事が無いように、家具の配置はしっかりと考えてから、中身を入れましょう。
また、大きな家具が収まると、作業スペースを作りやすくなります。段ボールの中身を荷解きするのにも、広いスペースが出来た方がはかどるので、お勧めの方法です。

引越し後の片づけは、動線の確保を考えながら行おう

引越し後は、足の踏み場がないくらい段ボールなどの物が、散乱としている状態だと思います。手当たり次第に段ボールを開けて行っても、取り出すスペースが確保できずに、まずます、床に物が散らかりやすくなります。そうなると部屋の移動もままならないので、作業効率が下がりますし、重たい段ボールを移動するのにも危険が生じます。
そこで、部屋を移動できるように、動線を確保する事がとても大切です。玄関から入って、奥の部屋まで歩ける通路を早く作れるように、玄関から順番に荷解きをしていくと良いでしょう。玄関が整うと、そこに、使用済みの段ボールを集める事も出来るので、より作業効率があがります。玄関の次は、キッチンやリビングという間取りも多いです。キッチンが片付くと段ボールの数が激減しやすいので、頑張って乗り越えましょう。

まとめると以下の2ステップです

  1. 荷解きは大きな家財から行う
  2. 玄関に近いものから順番に荷解く

引越し後も開けない段ボールについて

引越し後に、段ボールを開けて中のものを取り出していきますが、段ボールに収めたままの状態で置いておくものも、あるでしょう。多いパターンに、洋服があります。最近は、ハンガーにかけてあるものは、引越し業者がハンガーボックスを用意してくれる場合もあります。しかし、季節外の服は、そのまま段ボールに入れっぱなしにしておく事もあります。その場合には、防虫剤を入れるのを忘れないようにしましょう。また、あらかじめ、そのつもりでシワになりにくいように荷造りしたり、段ボールに入っている服を明記しておいたりすると便利です。
また、アルバムや子どもの作品などの思い出グッズは、新居で開放せずに、そのまま段ボールに入れて保存しておく人も多いです。その場合、子供別に段ボールを分けたり、年代別に分けたりするなど、保存しやすい形で荷造りをしておく事をお勧めします。

季節外の服をそのままダンボールにいれっぱなしにするために、シワにならない服のたたみ方を紹介します。

主に、シワにならない服のたたみ方は2種類あります。

1つめ

ステップ1 衣類(たとえばTシャツ)の左右を折りたたむ
ステップ2 下からくるくると巻いていく
たったこれだけで、シワになりにくく、ひとつひとつの面積が
小さくなるのでちょっとした隙間を埋めるのにも使うことができます。

2つめ

ステップ1 あらかじめ、服以外のものをダンボールの中にいれておく
ステップ2 そこにパンツや服をひろげたままにダンボールにいれて重ねていく
ステップ3 全部の服を重ね終わったあとにはみ出している部分をたたむことで完成。

参考サイト

URL :【1】絵でわかるはじめての海外旅行 ta-bi.net/posts/packing/
URL :【2】ライフハッカー www.lifehacker.jp/2009/07/post_1042.html
URL :【3】DIONS www.dinos.co.jp/hotdinos/antenna/style/110510/

引越しのスケジュールの立て方と準備について

引越しスケジュール

引越しが決まった場合、様々な手続きをする必要があります。まずは、引越しを依頼する業者をさがす必要があります。様々な業者に見積もりをしてもらい自分の納得がいったところと契約をしましょう。その後の準備方法をまとめていきます。

続きを読む