引越し価格交渉テクニック

単身引越しの一般的な相場はどのくらい?

単身引越の相場は、引越先までの距離と荷物の量によって大体の相場が決まってくると言われています。しかし、実際はそれにプラスして、チャーター便を使うのか混載便なのか、もしくは単身パックを使うのかでも引越費用の相場は異なってきます。
ここでは、それぞれの組み合わせでおおよその相場がどれほどになるのか紹介していきたいと思いますので、引越しの際の参考にしてみてください。

引越先によって費用はどれほど変わる?

ここでは、引越費用の相場の基準として単身パックを利用した場合の値段を紹介していきたいと思います。
単身パックを利用して同一市内に引越す場合は20,000円~40,000円程度、市外への引越では40,000円~60,000円程度、県外の場合は60,000円~100,000円程度が相場と言われています。単身パックは同一市内かどうかというよりも、30km以内かどうかが料金を決める一つの目安になっていますので、実際の引越先までの距離がどれくらいかを把握しておくと良いかもしれません。
単身パックと混載便での引越は費用的にはそれほど変わりませんが、チャーター便になるとそれぞれの距離に1万円~2万円ほど増えると考えておいたほうが良いでしょう。では、荷物の量は値段にどれほど影響を与えるでしょうか?

荷物の量で引越費用はどれほど変わる?

荷物の量でどれほど値段が変わるかも、単身パックのサイズで考えてみましょう。
引越業者の中で単身パックに強いと言われているのがヤマト運輸と日通ですが、今回は日通の単身パックを例に荷物の量と値段の変化を考えてみましょう。

日通の単身パックはS、L、そしてXと3種類あります。それぞれの値段は単身パックSが17,850円~、Lが18,900円~、そしてXが54,800円~となっています。
単身パックSで積める荷物の目安としては、冷蔵庫、電子レンジ、薄型テレビ、テレビ台、掃除機、3段カラーボックス、姿見、布団、ダンボール4個ほどです。単身パックLにすると、さらに洗濯機や衣装ケースなどを積み込むことができます。そして単身パックXの場合は、SやLのパックでは運ぶことのできなかったベットやソファ、自転車なども積み込むことができます。

いかに運ぶ物の量を減らすかが重要ポイント!

単身の引っ越しは極力運ぶ物を減らすことが引っ越し料金を抑える鍵となってきます。
一番最初は、引っ越し先の住居に本当に必要なものと必要ないものに分類することをしてください。
分類することで、必要でないものが見つかった場合には、まだ利用することができる物ならばリサイクルショップに回収を依頼したり、yahooオークションをはじめとするオークションサイトで物を売ることで、物が減るだけでなく、
現金に換えることが可能です。
廃棄できるものは、事前に無料大型ゴミ回収を自治体に連絡をしたり、廃品回収業者などに早めに連絡して、いちばん費用がかからない方法で廃棄を頼みましょう。
「どうしても必要」ではないけどなかなか捨てられないものは、
この引越を機会に物を捨ててみてはいかがでしょうか。
引越を機会に思い切って処分することで、荷物の量が少なくなり、費用も抑えることができます。

参考サイト

URL:【1】引越し時の荷物を捨てる方法
xn--68jv31jfteoxbi61i.biz/hikkosi_zyunbi/hikkosi_nimotu.html

URL:【2】引っ越し料金チープ
www.geocities.jp/hikkoshi_a/nimotu.html

URL:【3】賢くお得に!失敗しない単身の引っ越し方法!
xn--68j2b388nq2j9s0dqob.net/

単身引越はいつ引越すかが重要?

単身引越は、引越先までの距離や荷物の量で大体の相場は決まってきますが、引越しの時期によって値段はかなり変わってきます。3月~4月にかけてのいわゆる引っ越シーズンは値段が高いのですが、シーズンオフだと安く引越をすることができます。

とはいえ、入学や入社、転勤などで引越ししなければならない場合は、引越シーズンと重なってしまいますよね。そういう場合でも、次のような工夫で引越費用を抑えることができますよ。

  • 引越しの時期が決まったら、できるだけ早めに見積もりを取る
  • 引越希望者の多い休日ではなく平日に引越しする
  • 複数の引越し業者に見積もりを出してもらう

引越し先や荷物の量というのは自分でどうすることもできないことですが、引越シーズンでも引越し業者との交渉で値段を下げることは可能です。それで、ぜひ複数社に見積もりを取って交渉を試してみてください。

何社くらい見積りをすれば良いのか?

少なくても 4 社 ~ 5 社 くらいの引っ越し業者から見積もりを取ってもらうようにすると、良いです。
見積りをしてもらう引っ越し業者が多ければ多いほど、引っ越し費用を比べることが可能になるので、荷物の量を確認するために業者が家へ訪れた際に値段交渉がスムーズになります。

無料で活用できる引っ越し見積りサイト

Web見積もりサイトを活用することで、短時間で複数の引っ越し業者に見積りを取ってもらうことができます。

1 引っ越し侍

大手から地元業者まで、全国190社以上の引っ越し業者と提携されているので、自分にピッタリの業者が見つかると思います。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバット引越し比較

引っ越しに役立つテクニックが満載の見積りサイトです
URL::www.zba.jp/hikkoshi/

3 HOME’S 引越し 見積もり

引越し業者の都合で引っ越しの時間を合わせることで、割引になるケースがあります。
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/

単身引越しのWeb見積もりは簡単にできる?

最近では、引越業者のホームページから引越料金のシミュレーションが簡単にできるようになっています。

例えば、アーク引越センターでは、現在住んでいる都道府県と引越し先の都道府県、そしてそこまでの大体の距離を入力するだけで簡単に料金シミュレーションをしてくれます。
また、ヤマトホームコンビニエンスでも簡単料金検索フォームがホームページにありますので、そこからおおまかな引越し費用を知ることができます。

複数の業者の見積もりを取りたい場合は?

引越業者のホームページから料金シミュレーションするのは、正式に見積もりを取る前に大体の相場が分かるというメリットがあります。

とはいえ、そうしたシミュレーションをすべての業者がしているわけではないので、多くの業者の見積もりを比較したいと思う場合は、やはりWeb見積もりを利用する必要があります。
Web見積もりはさまざまなサイトからできますが、オススメなのは単身者専門のWeb見積もりをしているところです。

やはり、単身者に特化しているサイトは、ファミリータイプの引越しの見積もりもしているサイトに比べて値段設定が安いというメリットがあります。それで、Web見積もりをする時には単身者向けのサイトを利用するのが良いでしょう。

Web見積もりはどれくらい簡単にできる?

Web見積もりを初めてする時は、どんな流れで見積りがされるのだろうと少し不安になるかもしれません。しかし、最近のWeb見積もりはオペレーターが丁寧に説明してくれるので、特に心配する必要はないのでご安心ください。

例えば、ゼロコシというサイトを利用した場合、名前と電話番号、そして引越し元と先の都道府県を入力すれば、後日都合の良い時間にオペレーターの説明を受けることができます。
さまざまなWeb見積もりサイトがありますが、やはり丁寧な説明を受けられるなど、安心して利用できるというのは大きなポイントになります。

ここの場合は、オペレーターに荷物の量や引越距離、オプションの使用するかどうかなどを伝えることで見積もりを提示してもらうことになります。
それで、具体的に持っていく荷物の量や引越し先までの距離が分かっているのであれば、簡単にWeb見積もりをすることができるというメリットがあります。

Web見積もりをする時には、特典を活用しよう!

Web見積もりはしているサイトは多くありますが、サイトによって特典もあったりなかったりとします。ただ、業者を紹介しているサイトもあれば、成約時に特典がつくサイトもあります!

サイトによっては、学生の引越しであれば5,000円キャッシュバックのサービスがあったり、ブロバイダー契約で引越料金が0円になるといったサービスがあります。

それで、それぞれのサイトには特徴を把握した上で、自分にフィットするWeb見積もりを利用すると、賢い単身引越しをすることができるでしょう。

複数の引越業者に見積もりを依頼する時には、そこでの交渉次第で安くできるかどうか変わってきますが、それだけでなく見積もりを依頼するWebサイトをどこにするかでも、お得に引越する事ができるかどうかが変わってきます。

サイト別の様々なキャンペーンや特典

1 引っ越し侍

引っ越し侍を活用し、引っ越し侍から業者に依頼し、アンケートに応えることで抽選で最大10万円がキャッシュバックされるキャンペーンや、
エリアはきまっていますが、引っ越し祝いにピザを無料でプレゼントをするという特典を行っています。
引越し侍URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバット引越し比較

こちらのサイトも、ズバット引越し比較を利用することで、
抽選で『引越し料金最大10万円キャッシュバック』のキャンペーンや、
ピザの無料プレゼント、Oisix(おいしっくす) という食材宅配ネットスーパーのサービスの旬の『食材おためしセット』が50パーセントオフ、首都圏と近畿圏を中心に、全国119店舗を展開している美容室サロン「My jStyle」の30%OFFクーポンをプレゼント、
ダスキンのレンタルモップが4週間お試しが通常2131円を600円で利用できるといった特典があります。
ズバッと引越し比較 URL:www.zba.jp/hikkoshi/

3 ゼロコシ

ブロバイダー契約をすることで、引越料金が0円になります。
見積りスタッフが訪問にお伺いすることは一切なく、
クレームには5000円キャッシュバックされます。
ゼロコシ URL:zerokoshi.com/

単身引越、東京から大阪の相場はどんくらい?

長距離の引越で最も多いのが、「東京から大阪」、もしくは「大阪から東京」への引越ではないでしょうか?入学や就職、転勤などで引越することになると、距離が距離だけにどれほどの費用がかかるのか気になるところです。
ここでは東京から大阪、大阪から東京の単身引越にかかる費用の相場を紹介していきたいと思います。

今注目の単身パック、東京⇔大阪間の相場は?

専用のBOXに積み込むことで、引越費用をかなり抑えることができると今注目の単身パックですが、東京から大阪へ引越した場合どれほどの費用がかかるのでしょうか?

単身パックのサイズにもよりますが、28,000円(普通サイズ)~62,000円(特大サイズ)ほどの間で引越をすることが可能です。普通のサイズでも冷蔵庫や洗濯機、薄型テレビ、電子レンジ、掃除機といった家電からカラーボックスや衣装ケースなどなど積み込むことができますので、荷物が少ない方であれば東京から大阪への引越費用が3万円を切るということになります。また、荷物がとにかく多い単身者でも、特大サイズ利用でたった6万円台で引越ができるというのは、かなりお得ですよね。単身パックだからこそできることと言えるかもしれません。

確かに単身パックは、引越を安く済ませることを考える上では、選択肢の一つとして挙げられるでしょう。

通常の単身引越、東京⇔大阪間の相場は?

長距離の引越は、単身パックの方が費用を安く抑えることができるというのは事実ですが、荷物の量や引越の時期によっては通常の単身引越でも3万円~4万円ほどとかなり費用を抑えることができる場合があります。
また、トラックの空いているスペースに荷物を詰め込んで運ぶ「混載便」なら、引越費用が驚くほど安くなることもあり、とてもお得に引越することができます。もちろん、空きスペースに荷物を載せていくので、到着日などの指定ができないなどのデメリットはあるものの、単身パックよりも安く済ませることができるケースがあるのは確かです。

それで、東京から大阪への単身引越する際には、「一番安い単身パックで引越そう!」と安直に決める前に、まずは複数社に見積もりを出してもらうと良いでしょう。そうすることで、単身パックよりも安く引越しすることが可能になる場合が多くあります。

東京都から大阪府への引越し代金の相場表

移動距離:528km
所要日数:1.5日(東京都で荷物を積み始めてから、大阪府で作業を終えて営業所に戻るまでのトラック使用日数)

家族数(目安) 単身(荷物少な目・大きな家具無し) 単身(荷物多目)~2名(荷物少な目)
使用トラック(作業員数) 軽トラック(1名) 2tトラック(2名)
料金の目安(チャーター便) ¥32,000〜¥60,000 ¥64,000〜¥120,000
混載便・帰り便・コンテナ便 ¥12,800~¥40,000 ¥25,600~¥80,000

引用サイト
URL:引っ越し見積りWEBセンター

東京⇔大阪間の引越費用相場のまとめ

東京から大阪への単身引越の場合は、単身パックを利用すると28,000円~62,000円ほど、2トントラックをチャーターして引越する場合は30,000円~120,000円ほど、混載便で引越する場合は13,000円~80,000円ほどが相場と言われています。
このように、どの方法で引越するにしても一般的な相場といわれるものには開きがあります。それは、荷物の量や、引越のシーズン、また、平日か休日かで引越料金が大きく変わってくることによります。ですから、実際に見積もりをしてみないと、どの方法が自分にとって本当に安くなるのかは分かりません。

それで、自分の引越費用の具体的な料金を知るためにも、まずは見積もりをしてみましょう。見積もりをして、高いと感じても諦める必要はありません。引越費用は、交渉次第で最初の見積もりから最大で半分ほどにすることも可能だと言われています。
ですから、諦めずに頑張って引越業者に交渉してみてください。

無料一括サイトで安い業者を素早く発見

見積りを出して、引っ越し出費を抑えるためには、値段を安くしてくれる業者を探す必要があります。
インターネットの一括見積もりで比較してみるのが早く見つかるのでおススメです。
便利で活用できる無料一括サイトを紹介します。

1 引越し侍

『引越し侍』は各社のサービス内容を見積もりを行う段階から比較が可能なので、条件に合った業者を選びやすい一括見積りのサイトとなっています。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバット引越し比較

220社以上の引越し業者から、ズバット引越し比較を活用することで、
最大50%料金が割引可能なサイトです。
URL::www.zba.jp/hikkoshi/

3 HOME’S 引越し 見つもり

日本最大級の不動産情報サイト「Home’s」が運営しており、
『HOME’S 』が全国から厳選した100社以上の中から、引越し業者を紹介している見積りサイトです。
URL::www.homes.co.jp/hikkoshi/

単身引越し、3月と4月はやっぱり高かったりする?

引越しをする人は大きく次の2つのグループに分けることができます。

  1. 自分で引越しをしたいと願って引越しする人たち
  2. 引越したいわけではないのに、引越しをせざるを得なくなった人たち

①のグループの人たちは自分の好きな時期に引越しますが、②のグループの人たちは、大抵3月と4月に引っ越することになります。この時期の引越しはやはり高いのでしょうか?

3月と4月の単身引越しの値段はどんくらい?

3月と4月は、引越業者にとって年間の売り上げの大多数を占めるといわれています。では、この時期に引越しをするとなると、どれくらいの値段が必要になるのでしょうか?

一般的な傾向として、3月と4月は通常の引越し料金の3割増ほどになるようです。
ですから、仮に単身で東京から大阪まで引越しをする場合、通常であれば4万円ほどで引越しできるものが、3月と4月の繁忙期だと5万円を超えてしまいます。

それで、可能であればこの時期に引越しすること避けたいものですが、入学や入社、転勤などで引越しが必要となる場合はそうも言ってられませんよね。
ただ、「何が何でも3月か4月に引っ越さなければならない」と決めてしまう前に、引越繁忙期のピークをちょっとズラして、2月や4月の半ば以降といった時期に引越しできないか考えてみてはどうでしょうか?
ちょっと引越し時期をズラすだけで引越料金にかなり違いがでてきたりするものですよ!

引っ越しシーズンをずらした引越し

12月の下旬(29日)、4月の上旬(7日)あたりを過ぎると、引っ越しを行う為の費用は繁忙期に比べると一気に安くなります。
できるだけ引っ越し費用を安くし、費用を抑えたいと考えるなら、早めに引っ越すか、遅くに引越しをすることお勧めします。
遅くするのは難しいと思いますが、例えば学生さんが新社会人としてスタートするために、入社式が10日前後なら、ギリギリに引っ越しを行っても良いと思います。
しかし、ギリギリよりも常に早めの引越しを考えた方が料金が安くなる可能性があるので、引っ越しは早めに行うことをお勧めします。
1か月分家賃が無駄になるという考えもあるかもしれませんが、
実際、引越し料金が家賃を上回ることを考えると、少なくとも引越しを早く済ませた方が良いです。

3月と4月の単身引越しが高くなる理由は?

3月と4月の時期の単身引越しの値段が高くなるのは、単純にこの時期に人の移動が増えるからです。

この時期は、卒業や入学、また転勤や入社のシーズンになりますから、単身者に限らず家族での引越しも増える時期です。年間の引越する人の3割強がこの2ヶ月間の間に集中して引越するという統計もあるほどです。
それで、引越の需要と供給のバランスで、この時期は大きく需要が増えるので引越にかかる値段も高くなってしまうということになります。

しかし、3月と4月に引越しにかかる値段が高くなるのは、人の移動が増えるという理由だけではありません。
この時期は業者側で引越しの申込みが多くあるため、通常の引越料金よりもかなり割増して見積もりを出すことがあります。

それで、全く交渉せずに引越業者を決めてしまうと、かなり高い値段で引越しせざるを得ないことになります。

3月と4月の単身引越しを安くするためには?

3月と4月は通常の時期に比べて3割も割増で引越し料金がかかると聞くとショックではありますが、努力次第で単身引越しの値段を少しでも安くすることは可能です。

まず、単身引越しを安くするために確実にすべきことは、複数の引越業者に見積もりを依頼することです。
複数の業者に見積もりすれば、すぐに一番安い業者を知ることができます。また、自分のお気に入りの引越業者がいる場合には、他の業者は「この価格で見積もりをしてくれましたけど」と言えば、同じ程度まで価格を下げてくれる可能性もあります。

こうした交渉をするだけで、3月と4月の繁忙期でも通常期ほどの値段まで落とすことが可能になります。

さらにこの時期の引越しをできるだけ安くするためにできる方法としては、平日のしかも午後に引越しするということです。この時間帯が、引越業者の隙間時間なので少しでも安くしてもらえる要素になります。

3月と4月の繁忙期にも使える、引越し料金の交渉術

かなり高い値段で引越しせざるを得ないことがならないように、
繁忙期はもちろん、それ以外の時期でも、満足いく引越し料金を実現させるための上手な交渉術についてご紹介します。

1 引っ越しのイメージを明確にする

『希望する予算』、『希望の日時』、『依頼したい作業内容』など、具体的に書き出すことで、どういう引越しを望んでいるのかをイメージしやすくなり、なります。
『引越し料金』なのか、それとも『引越し日時』なのか、何が自分が引っ越すことにとって優先順位なのかを明確することで、予算や作業内容についての交渉がスムーズになります。

2 複数の見積りを取る

引越し先までの距離、荷物の量も作業内容が個々によって引っ越し料金が違うため、引っ越し料金には『定価』が存在しないというのが業界の定説と
なっています。
そのため、引っ越し業者から提示された引越し料金が高いのか安いのか、判断することが難しいです。
なので、見積もりを1社だけで決めてしまうのではなく複数の業者に見積りを依頼し、他社との比較することをおすすめします。
複数の業者から相見積もりを取っておくことで、
同じ時期の引越し料金がどれくらい掛かるかを知る目安になるだけでなく、
料金を安くするための切り札としても使えます。

また、時間指定のない『フリー便』、他のお客さんの荷物と一緒に運ぶ『混載便』、先に別件の引越しが終わってからの作業となる『帰り便』など、引っ越しを行う際に時間に余裕があるのでしたら、上記でも紹介したように
引越業者の隙間時間を使うことで、安く済むプランがあるので、頭に入れておくと良いと思います。

これらを行うことで、双方が納得のいく形を明確にし、気持ちのよい安心
な引越しをできるように、料金の交渉に臨んでほしいと思います。

参考サイト

URL:【1】引っ越し侍
hikkoshizamurai.jp/price/negotiation/

URL:【2】マル得単身引っ越しガイド
xn--68ju76hu7hhz0cigb.tv/ryokin/season.html

学生の単身引越しの場合、学割とかってある?

学生の単身引越の場合、学割とかってある?

引越する時に学割のサービスがあったら、多くの学生は利用したいと思うことでしょう。とはいえ、引越の時に学割を使うと本当に安く引越できるのでしょうか?
それとも、学割以外の割引やサービスを利用したほうが安く引越することができるのでしょうか?
ここではそんな疑問に対して答えていきたいと思います。

学割パックをやっている業者は多い?

引越業者の中で学割パックのサービスをしているのは、アート引越センターや佐川引越センターなど限られた業者だけです。

アート引越センターは、申込時に「学割パックを希望」と伝えると特別料金で引越をすることができます。学割パックを利用する場合は、訪問見積もりすることなく、荷物の内容と引越日時を伝えるだけで引越料金が提示されます。
さらに、成約した場合にはシンプルで飽きのこないカーテン1セットがプレゼントされるという特典もあります。

佐川引越センターも「学生なので荷物が少ない」という場合にお得な料金で引越できるプランが用意されています。
例えば、学生の単身引越の際にカーゴプランで引越すると、カーゴ単位での料金だけしか発生しないため、チャーター便を利用するより安く引越することが可能です。

学割パックを利用すればお得ってホント?

学割パックを利用すれば、特別料金で引越できますから、確かに引越しの基本料金から比べると安く設定されていると言われています。
ただし、学割パックを利用すればどの引越業者を利用するよりも安く引越できると考えるのは正しくありません。
学割パックの利用の方が安いというケースもありますが、学割パックのほうが高くつくケースもあるからです。

それで、学割パックの見積もりを出してもらうと同時に、学割パックに限らず複数の業者に見積もりを出してもらうと良いでしょう。そうすると、どこの業者が一番安いか分かりますし、値段交渉の材料にもなります。

複数の業者に連絡を取るのが面倒だと思われる方もいるかもしれませんが、今では一括で見積もりを依頼できるサイトもありますので、そうしたものを利用すると簡単に見積もり依頼をすることができますよ。

学割パックを利用することで得られる3つのメリット

1 料金の割引をしてくれる

学割パックを利用することで、引越しの料金は、だいたい10%前後割引されることが多いです。

2 特典が付く

アート引越しセンターの「学割パック」の場合、
新居で使うカーテンをもれなく全員に無料でプレゼントしてくれる、という
特典が付いています。

3 訪問見積り不要のケースがある

学生が一人暮らしの状況だと、ほぼ運ぶ荷物や家電や家具の量が決まっていることが多いので、見積りの下見の為に訪問する必要がなく、
定額で見積りを出している業者もあります。

学生の単身引越を安く済ませるポイントは?

学生の単身引越を安く済ませるポイントは、なんといっても「複数の業者に見積もりを依頼すること」です。学生の引越は入学か卒業のシーズンということになりますから、引越し料金は他の季節に比べて高くなってしまうのは避けることができません。
そうだとしても、複数の業者に見積もりを出してもらい、値段交渉をすることで、少しでも安い値段で引越しすることが可能になります。

また、最近では学割プランの他にも早割やWEB割などいろいろな割引がありますので、そうした割引を利用すると引越しの値段を下げることができますよ。

さらに、荷物が少ない場合には単身パックを利用するというのも引越を安く済ませる方法の一つです。単身パックを利用すれば、同じ量をチャーター便で運ぶよりも格段に安く引越することが可能になります。

複数の業者に見積もりを依頼すること、さまざまな割引を利用すること、単身パックの利用を考えることなど、あらゆる方法での引越を考えた上で引越する方法を選ぶと、引っ越しシーズンでも思いのほか安く引越できたりするものです。

家具や家電のレンタルサービスを利用するのも一つの手

上記で紹介したように、複数の業者に見積もりを依頼し、値段交渉をする
ことで、少しでも安い値段で引越しすることが可能になります。
また、新しい生活の場合は運ぶ荷物がほとんどないと思います。
その場合は引越し業者を利用するより、もしかすると、宅急便か単身パックなどを利用したほうが引っ越し業者に頼むより安上がりの可能性もあります。
そして、新しい引っ越し先の家具や家電を揃えるために、
家具や家電のレンタルサービスを利用することで、
新生活の入目をより抑えることが可能になります。
家具・家電製品のレンタルサービスがヤマトにあります。
ヤマトのレンタルサービスは新品もありますが、
中古品のレンタルもあり、より値段が安く済みます。
またヤマトはリサイクルショップを経営しているので、
中古品を安値で買うことが可能です。

参考サイト

URL:【1】 アート引っ越しセンター
www.the0123.com/plan/gakuwari/

URL:【2】お得なサービスを上手に利用|学生の引越しを検証
www.mkryk4.net/p05-gakusei.html

URL:【3】5分でわかる!引っ越し料金の抑え方、業者の費用を安くするこつ
www.hikkoshi5min.com/tansin/gakusei.html

引越し一括見積り”の便利でお得な3つのポイント

お引越しが必要になった時、皆さんはどういった方法で業者さんと連絡をとるでしょうか?一社ごとに自分でコンタクトをとっていては、連絡をするだけで一苦労ですよね。インターネットで“引っ越し”、“見積り”と検索をすれば、“一括見積り”というサイトが複数出てくると思います。引っ越し経験が10回を超える私は、いつも一括見積りを利用しています。使ったことの無い方は、いったいどういったものなのか想像がつかないかもしれませんので、今回は引っ越しの一括見積りの良いところをご紹介していきたいと思います。
 

1 必要項目を埋めるだけで、数社に連絡がいくこと

 
まず、一括見積りのサイトに入っていくと、必要事項欄の記入を求められます。記入することとして、氏名や連絡先はもちろん今の住所、引っ越し先の住所は必須事項です。ちなみに、まだ引っ越し先の物件を決めていない段階だとしても、例えば○○県の○○市に引っ越す、ということがわかっているというような場合は、住む予定の住所がある程度決まっているので見積りしてもらうことが可能です。
引っ越し業者は3月末から4月頭が繁盛期。皆さん転勤や新生活をスタートさせるとなると春が多いですから、そんな時期に一社一社電話して必要事項を話していてはラチがあきません。必要項目に情報を記入するだけで一気に見積りの申し込みが出来るので連絡するための時間も大幅短縮でき、大変便利なツールですので一度利用されてくださいね。
 

一括見積りのサイトベスト3を紹介します。

1位 引越し侍

1番にお勧めする一括見積りのサイトは『引越し侍』です。
この『引越し侍』は各社のサービス内容を見積もりを行う段階から比較が可能なので、条件に合った業者を選びやすい一括見積りのサイトとなっています。
大手の引越し業者はもちろん、地方や地域密着型の引越し業者まで幅広く情報を手にいれることができます。
『引越し侍』を利用する事で数ある業者の中から最大10社の見積り可能な会社の情報
を取得できます。(※ちなみに引越し侍の引越し仲介件数は累計1520万件を突破しています)。
利用方法は、
ステップ1 一括見積もり用のフォームに現住所と引越し先の都道府県を入力
ステップ2 引越しのタイプを入力
ステップ3 ユーザー情報と荷物の詳細を入力すれば完了。
このように入力項目が少なく、わずか3ステップで完了するので、
数分もあれば入力が完了する点も魅力の一つです。
TVCMも流れており、利用者も増加し、知名度が急上昇しているサイトでもあり
ます。
運営している会社は、東証1部に上場しているエイチームです。
引越し侍URL:hikkoshizamurai.jp/

2位 ズバット引越し比較

株式会社ウェブクルーが運営しており、
業者を選択する際に便利な引越し会社のサービス比較や会社別の満足度ランキングがあり、
上手な引越しの仕方について解説した引越しテクニックが満載です。
そして、220社以上の引越し業者から、ズバット引越し比較を活用することで、
最大50%料金が割引される可能があります。
また、見積もり条件を詳細に指定が可能なので、仮見積りと実際の見積もりの
ブレが少なくて済むという特徴があります。
ズバッと引越し比較:www.zba.jp/hikkoshi/

3位 HOME’S 引越し 見つもり

次に紹介するのは、『HOME’S 引越し 見つもり』というサイトです。
日本最大級の不動産情報サイト「Home’s」が運営しており、
『HOME’S 』が全国から厳選した100社以上の中から、引越し業者を紹介しています。
そして、このHOME’S 引越し 見つもりには、引越し前の「引越しチェックリスト」、「引越しのポイント」、引越し用語集など引越しを行う際に知っておきたい知識やノウハウがまとめられているので、引越しを行う際に
知識やノウハウにあわせて、実際に引越しをした方からの、引越し業者に対する満足度をランキング形式でご紹介されているので、これから引越し業者への見積りを考えているなら、利用する価値はあると思います。
HOME’S 引越し見つもり:www.homes.co.jp/hikkoshi/

参考にサイト
URL:【1】引越し一括見積りサイト口コミランキング kuchiran.jp/life/movingnavi.html
URL:【2】ALL ABOUT allabout.co.jp/gm/gc/396393/
URL:【3】引越し見積り比較 xn--68j9dya0821ax3ruifc5r1j1amx2agmiz5d.jp/ranking/index.html

2 引っ越し業者ごとの特徴を知ることができること

引っ越し業者はたくさんありますが、一体どこに違いが現れるのかがわからない方も多いはず。見積りから金額の相談までの間に行われる細かいやり取りが面倒で、つい会社などから斡旋された業者に即決してしまう人もいるくらいです。ですが一括見積りを利用すれば、引っ越し業者各社の特色というものを掴むことができます。
料金に差が出るということは、会社ごとの何らかの理由やサービスがあるからといって間違いありません。とある会社は梱包が本当に丁寧ですし、また違う会社はアフターサービスが本当に丁寧であったり…そういった特徴を知り、信頼できる会社に頼むことが可能になります。
 

おすすめする引越し業者の特徴

アリさんマークの引越社

この業者はグループ会社で従業員3,965名、車両台数1,351台台の大手引越し業者です
この会社では、全作業員「身元保証人」付制度を実施するなど、「安心」と「お客様本位」をモットーにしています。
 ですので、引越業者の規模、そして何か問題が起きたときの安心感はとても大きいものがあります。
 引越しプランは「家族で引越」「単身で引越し」「長距離の引越し」の3つから基本プランから選ぶことが可能です。

アート引越センター

アート引越センターは、本社が大阪府大東市にある「アートコーポレーション株式会社」という業者です。会社の従業員は2,130名、車両は約2,900台を所有している大手の引越し業者です。
「モノ」を運ぶだけでなく、「心のこもったサービスで新生活をお手伝いしたい」という理念を持っており、この言葉から安心感を感じ取れます。

クロネコヤマト引越センター

クロネコヤマト引越しセンターは、本社が東京都銀座にありヤマトホームコンビニエンス株式会社として運勢しており、5,138人の従業員の業者です。
クロネコヤマトというと配達業者で知られていると思いますが、
お得な単身向け割引サービスが複数用意されています。

参考サイト

URL 【1】アリさんマークの引越社:www.2626.co.jp/
URL 【2】アート引越センター:www.the0123.com/
URL 【3】クロネコヤマト引越センター:www.008008.jp/

3 料金の比較が出来、予算に合わせた選択が出来ること

最大のお得なポイントは、数社に連絡がいき見積もりをしてもらえることによって、それぞれの見積金額を比べることができるということ。同じ距離を同じ荷物運んでもらうわけですから、ご自分の予算の範囲内で、納得できるサービスを提供してもらえる会社を選ぶということが大事です。それを可能にしてくれる“一括見積り”、ぜひ利用してみてくださいね!

単身パックはなぜお得?気になる相場と安くする方法について

お得な理由について

1人暮らしで今から引越しを考えている方は、単身パックでのお引越しがおすすめです。
なぜかというと、通常のプランを頼むより、単身パックの方が断然お得だからです。
お得な理由は、まず運んでもらえる荷物の量が決まっているからです。家族での引越しだと、家族の人数や構成によって荷物の量にばらつきがありますが、1人暮らしの場合、荷物はあまり大きく変化しません。持っている家電にも大きな差がないため、概ねどの会社も2トントラックを準備し、そこに入る荷物を運んでくれます。大きなトラックを手配せずに済むので、あまり高い値段にしなくても済むのです。
また、作業員の人数も決まっています。荷物が多ければどうしても作業員も増えてしまいますが、単身パックだと2名、というように作業員の数が決まっているのです。荷物が少ない分、人手を割かなくてもいいので、これも値段を安く抑えられる理由の一つです。

費用相場について

単身パックでの相場は、3万円から5万円です。ばらつきがあるのは、繁忙期だと高くなってしまうためです。引越しする人が多くなる3月や4月の春先などは高くなりますし、それ以外の閑散期であれば距離にもよりますが安くなります。
もちろん、引越しする距離にも大きく関係してきます。首都圏内などの近距離であれば安く、地方から地方への距離がある場合だと、単身パックを使っても相場より高くなってしまうことは考えられます。時期、距離などを考慮に入れた上で値段を見た方が良いでしょう。
また、段ボールやガムテープなどがサービスで付いてくる場合もありますし、相場よりかなり安いと思っていたら、実はそれらの道具が有用オプションだった、という例もあります。単身パックのサービスも会社によって異なります。サービスもきちんと確認するようにしましょう。

以下に引越し単身パックのサービス内容を会社別にまとめました。

引越し単身パック(大) 引越し単身パック(小)
BOXサイズ 料金 BOXサイズ 料金
日通 1.88m3 18,900円 1.23m3 17,850円
クロネコヤマト 1.83m3 14,700円 1.40m3 13,650円
アート引越しセンター 1.85m3 16,300円 1.35m3 14,500円
アリさんマークの引越 1.87m3 17,900円 1.38m3 14,800円
アーク引越しセンター 1.86m3 16,700円 1.36m3 14,450円
ハトのマークの引越しセンター 1.85m3 15,800円 1.28m3 13,800円
引越しのサカイ 要見積もり 要見積もり

上記の表に載せている料金は一応の目安にはなりますが
使用する専用BOXの大きさが頼む業者によって違いますし、
引越しエリアや引越しをする時期などによって、料金が変わるため
一概にどの業者が安いと判断することはできません。
ではどうすればどの業者が安いと判断することができるのか?
安くするための方法を下記に記載しています。

参考サイト

URL :【1】引越し単身 xn--68jxj6btc847ydzovw0fe5b.jp.net/
URL :【2】徹底比較単身引越パック reproinc.com/

安くするための方法

引越しの料金を安くする方法は「見積もりを複数の会社から取る」ことです。今はインターネット上に、自分が持っている荷物を入力すると、複数の会社から見積もりを取ってくれるサイトがありますので、そこを使うと簡単です。見積もりは無料でやってくれますし、他の会社にも見積もりを頼んでいることを隠したりする必要はありません。
「他の会社だと単身パックで何万円だったのですが」というように切りだすと、そこより値段を下げてくれたり、サービスをしてくれたりすることが多いようです。また、単身パックを使いたい、ということをはっきりと初めに伝えておくと、値段やサービスの比較がしやすいので、見積もりのときに忘れず伝えておきましょう。
その他、自分の予算を初めに伝えてしまうという方法もあります。「この金額で収まるように引越しをしたい」と伝えると、そこから大きく外れた金額は提示されません。ただし、時期や距離などによってはどうしてもある程度の料金がかかってしまいます。相場を見てから交渉をしていくことも大切です。
単身パックで安く引越しをする方法、ぜひ試してみてください。

引越し業者に1社1社見積りを依頼するのが面倒なら下記3つのサイト
が便利です!

1 引越し侍

複数の引越し業者に見積りを行うことで最大50%安くなる可能性があります。
また、利用することで引越し代金が最大10万円キャッッシュバックなどのキャンペーンを行っています。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバッと引越し比較

この見積りサイトは、利用するとプレゼントで現金10万円もしくは1万円がもらえます。
はずれた場合でもQUOカード500円が100人に一人プレゼントされます。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

3 HOME’S 引越し 見積もり

複数の引越し業者に見積りを行うことで最大50%安くなる可能性があります。
HOME’S限定特典により、提携引越し業者のダンボールの無料サービスや、特別割引がされます。
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/

引越し費用の内訳と相場について

料金の内訳について

引越しをするときに気になるのが引越しの費用です。一般的な相場は決まっており、費用の内訳として移動距離、ダンボール箱の量、家財道具の大きさ、オプションサービス、日にち、作業する人数によって料金が異なってきます。
移動先の住所が近いほど費用は安くなり、遠いほどガソリン代や高速代がかかるため高くなるのが一般的です。また多くの人が引越しを希望するシーズンの場合はシーズンオフのときに比べて費用が高くなります。企業努力によってできるだけ安く収めようとしてくれる会社もあるため費用をできるだけ安くしたい場合は様々な会社の見積もりを比較することが重要です。会社によって内訳が異なり、数万の差が出てくることがあります。作業の速さや実績によっても費用が異なるため自分の納得がいく場所に作業を依頼することが大切です。

金額の変動要因について

引越し料金は、当日作業をする人数や時期、平日か休日などで変動します。休日に引越しをしたいと思う人は多くそのような場合は平日に比べて料金が高くなることが通常です。また荷物の量が多い場合、作業をする人数は増え、人数が増えるほど料金が高くなる傾向があります。平日でも大安など新しい門出になる日として理想な日を選んだ場合は人気がある日にちとなるため希望する人が多く、これも費用が高額になる一つの要因となります。
引越し費用を安く済ませたい場合はシーズンを避け、できるだけ休日ではない日に移動をすることが重要です。そうすることで数万費用を安くすることが可能です。企業によって見積もり金額は異なり当日作業をする人が会社の社員かアルバイトかでも料金が異なります。作業をする人が増えるほど料金が高くなるため時間がかかってもいいので料金を安く済ませたい場合は作業をする人を減らすのも一つの方法です。

オプションサービス費用

引越しをするときは普通の作業に加えてオプションサービスを利用することも可能です。オプションサービスとして車の陸送やペットの輸送、インターネットの接続、不用品の引取りなどがあげられます。どれを選択するかは自分で選ぶことができ、オプションを選ぶことで引越し費用にさらに金額が上乗せされる形になります。費用は内容によって異なるため事前に確認しておくことが重要です。オプションを利用することでより快適な引越しをすることが可能となり、当日の負担を減らすことができます。また荷物を自分たちで詰めるのではなく、業者の人に依頼することも可能です。その場合はすべてをお任せすることができるため忙しい人に向いているサービスです。
大切なことは自分が満足のいく業者に引越作業を依頼することです。

主に費用が掛かるオプション

小物の荷造り・荷解き

小物の荷造り・荷解きを引越し業者が、
オプションサービスとして設定している場合は、
別で料金がかかります。

荷物の一時預かり

荷物の一時預かりサービスを無料で提供している引越し業者は、ほとんどありません。

洗濯機の取り外し・取り付け

洗濯機の取り外し・取り付けのどちらも、料金がかかる場合がほとんどです。

テレビ・アンテナの配線サービス

テレビやアンテナなどの配線を作業員の方に繋いでもらうことは、別で料金がかかります。

害虫駆除

引越し先の物件に飲食店が入ってい場合は、
搬入前の新居で害虫駆除を頼むと良いかもしれません。

盗聴器発見

多少料金が他のオプションに比べると高いのですが、
人の出入りが多いマンスリーマンションなどへ引越しする場合は、
依頼すると安心です。

他にもしっておきたい引越し金額の変動要因

物件の形態

マンション、アパートに住んでいる・もしくは引っ越す場合、エレベーターが使用可能なのか、不可能かによって、仮に不可能な場合は階段を使って作業をするしかないので、依頼を行う引越し会社のスタッフの作業量、作業時間が変わり、引っ越し料金にも影響が出る可能性があります。

マンションの上層階などに引っ越すとき、ベッドやテーブルなどの大きな家具、冷蔵庫や電子レンジといった電化製品などを特殊車両(昇降機・高所作業車など)を活用しての引越しの場合は当然、料金が高くなりますので気をつける必要があります。

物件の前の道路状況

引っ越しを業者に依頼した場合、基本的に業者のトラックは物件(マンション・アパート・一軒家)の駐車場、またはトラックを止めることの可能な駐車場がなければ近くのスペースに駐車して作業を行うことが基本的です。

この際に、物件とトラックを駐車するための距離が長い場合、スタッフの作業に負担が
掛かり、時間も掛かるので、その分、引越し料金が高くなる可能性があります。

必要な作業

梱包、荷造り、荷解きなどを自分でするのか?引越会社のスタッフがするのかによって、当然、料金が異なります。
越業者のスタッフがする作業が多ければ多いほど、その分、引越し料金も高くなるので、
できることは自分でしておくと良いでしょう。

引越日・曜日・時間

  • 引越シーズンの2月後半~4月前半
  • 土日祝日
  • 午前便

上記の3つは比較的に引越しを望むお客さんが多いため、
越業者は料金を高めに設定されていることがあります。

参考サイト

URL:【1】 引越し費用格安ガイド www.discount-clearwater-hotels.com/2012/03/post-9.html
URL:【2】 たかぶろ card-free.info/hikkoshi/
URL:【3】 引越しのミカタ www.hikkoshinomikata.com/ryoukin/nimotunoryou.html
URL:【4】 引越しゼミ www.hikkoshiseminar.com/key/

参考動画

 
URL:【1】2月下旬の引っ越しを業者に頼むと引っ越し費用いくらくらい? www.youtube.com/watch?v=iL5WDoyw6BI

URL:【2】8月上旬から半ばで平日の引っ越し費用はどれぐらい? www.youtube.com/watch?v=mh4HNDyOxLE

引越しをとにかく安く、必ず安く依頼出来る方法(1/2)【保存版】

引越し安くするぞ!

引越しする人ならだれでも気になるテクニック。引越しを出来るだけ安く済ます方法を2回に分けてお送りします。引越しっていくら位が相場なんだろうって考えたことある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?引越しを友だちとかに手伝ってもらってという方法もありそれらのほうが安いと感じている方もいらっしゃるかもしれません。それは大きな間違いです。自分たちで引っ越しするより必ず引越業者に依頼したほうが安く済みます。

続きを読む