引越し価格交渉テクニック

引っ越し料金の相場はどうやって決まっているの?

相場を知る前に引っ越し料金の内訳をしっておきましょう

引越し料金=基本運賃+実費+付帯サービス(オプション)という公式で成り立っています。
ひとつひとつ説明していきます。

1 基本運賃

引越しの際にトラックが移動する距離や引っ越し業者の作業員の作業時間によって決まる料金のことを基本運賃と言います。
国土交通省より法律によって基準額が決められているので、業者によって大きな差はありません。

2 実費

荷物をダンボールに梱包する梱包費用、荷物の搬出や搬入、作業員が何人必要なのかの人件費、トラック代、
交通費といった、実際の現場に必要な経費を実費と言います。

3 付随サービス(オプション)

エアコンの取り外し・取り付け費用、ピアノや乗用車など特殊な荷物の運送、ハウスクリーニング、不用品処分など、基本的なサービス以外のサービスを言います。
オプションは業者によって受けられるサービスが異なるので、確認しておきましょう。

通常期のの相場はどれくらいなのか?

以上で記載したことは、引っ越し業者の料金についての説明でしたが、
続きまして5月~2月に引っ越しを行うにあたりどのくらいの料金が掛かるかを表にまとめて
みました。

単身(荷物小)

指定なし ~15km未満(市区町村内) ~50km未満(都道府県内) ~200km未満(同一地方内) ~500km未満(近畿地方) ~500km以上(遠距離地方)
平均41,397円 平均33,299円 平均34,827円 平均45,413円 平均60,980円 平均55,746円
単身(荷物大) 平均52,573円 平均42,251円 平均51,587円 平均57,836円 平均68,208円 平均79,849円
家族(2人) 平均77,409円 平均67,869円 平均95,047円 平均118,355円 平均110,428円 平均135,877円
家族(3人) 平均93,332円 平均83,807円 平均134,949円 平均149,408円 平均158,286円 平均182,769円
家族(4人) 平均107,563円 平均102,776円 平均119,549円 平均179,576円 平均191,364円 平均254,385円
家族(5人) 平均132,959円 平均113,847円 平均118,111円

価格.com通常期の料金相場を引用:kakaku.com/hikkoshi/rate.asp

引っ越し料金を少しでも安くするための抑えておきたいポイント

上記は通常期の値段の相場なのですが、3月~4月の繁忙期と呼ばれる引っ越し会社が忙しい期間があります。
この期間は、就職や進学をきっかけに新たな環境に引っ越しを希望される方が最も多い月になります。
そのため、引っ越し業者が忙しくなり料金が通常より上乗せされるのです。
引っ越しには予定日を決められている方がほとんどだと思いますが、可能ならば引っ越し予定日をずらすことで、
費用を抑えることができるので覚えておいても損はないでしょう。
また一番最初でお伝えさせて頂いたように、引越し料金=基本運賃+実費+付帯サービスで決まっています。実費やオプションの部分をしっかり見直し、節約できる部分は節約していきましょう!。

参考サイト
【1】価格.com
URL:kakaku.com/hikkoshi/rate.asp

【2】引越し侍
URL:hikkoshizamurai.jp/price/souba/

【3】SUUMO
URL:hikkoshi.suumo.jp/soba/

家族で格安で引っ越しを頼むコツとは?

お引っ越しをされる方は、単身者に限らずご家族の方々もおられると思います。
今回はご家族が引っ越しをする際に抑えておきたいポイントを紹介していきます。

<

h2>家族で引っ越しをおこなう場合の相場はどのくらい?
家族で引っ越しをするとなった時、いったいどのくらいの引っ越し料金がかかるの?と、
誰もが一番最初に抱く疑問かと思います。
まず、引っ越し費用を抑えるためには、どれくらいの料金が掛かるのか相場をしっておく必要が
あります。
いったいどのくらいの引っ越し料金が掛かるのか、家族別に表にまとめてみました。

人数 同一市内 同一県内 同一地方 長距離
2人家族 約7万円 約8万円 約9万5千円 約14万3千円
3人家族 約9万円 約11万円 約12万5千円 約16万円
4人家族 約10万円 約12万円 約13万5千円 約18万円

引っ越し料金RABより引用 URL:www.hikoshi-lab.com/200

引っ越し料金を安くする2つのポイント

上記の表から、2人家族の場合なら何とか10万円以内に納まりそうですが、
4人家族となると確実に10万円を超えることがわかります。
この料金を少しでも安くするために、おこなわなければならない2つのポイントを紹介します。

1 不必要なものは処分してしまいましょう。

引っ越し料金の値段は移動距離とトラックの大きさによって値段が決まります。
つまり、荷物を載せる量が多いと、トラックの大きさが大きくなり、料金が追加されていくのです。
普段使わないものでまだ使えるものならばサイクルショップにもって行くことで、現金に換わりますし、
まだ利用できるものを友人や知人にプレゼントをするときっと喜んでもらえるかと思います。
この引っ越しの機会に、本当に必要なものなのか、不必要なものなのかを見極めて断舎利を行ってみるのも良いかもしれません。

2 業者はひとつに絞らずに複数に依頼をしましょう

引っ越しをするのであれば、サービスが良く、値段が安い業者に頼みたいものです。
引っ越しが決まったときに引っ越し会社に見積もりを出すかと思うのですが、サービスが良く、値段が安い業者に依頼するには、一社にだけ絞るのではなく、複数の引っ越し会社に見積もりを取りましょう。
理想は最低3~5社から見積もりを取ることです。
3~5社だと、プラン内容や料金の相場がわかり、比較がしやすくなり、料金の交渉も業者が応じやすくなります。

交渉を行い引っ越し料金を安くしてもらうときの注意点

上記で運ぶものを減らすこと、複数の業者から見積もりをとることで、引っ越し料金を抑えることができることを紹介しましたが、注意してもらいたいことが一つあります。
それは、3~4月の繁忙期は、引っ越し希望者が多いため、引っ越し業者も忙しく
交渉に応じてくれることが大変厳しいということです。
どうしても引っ越し日が業者の忙しい繁忙期に引っ越さなければならないのであれば仕方のないことですが、
引っ越し日に余裕があるのであれば、忙しくない日をお選び頂くことを推奨します。

参考サイト
【1】引っ越し料金RAB
URL:www.hikoshi-lab.com/200
【2】引っ越し料金の相場
URL:www.geocities.co.jp/SweetHome-Skyblue/4496/souba.html

近距離の引っ越しにはどのプランがお得?

一人暮らしで、近距離の引っ越しであれば、できるだけ引っ越しの料金を抑えて一円でも安くしたいと考えるのが普通ですよね。
そのようなお考えの方のために、一人暮らしで近距離にぴったりなプランと値段を抑える
コツを紹介していきます。

一人暮らしをこれから始められる学生さんやビジネスマンの方であれば単身パックを活用していきましょう

単身パックは、日本通運や、クロネコ引っ越しサービスといった大手の引っ越し業者は展開してるプランになるのですが、荷物を載せる量が限られているので、荷物が少ない方にはとてもぴったりなプランです。
まず各業者の相場を紹介していきます。

クロネコヤマト

クロネコヤマトの場合公式ホームページの記載情報によると、
同一市内の近距離の引っ越しであれば関東圏内なら18360円(税込)、その他のエリアなら15210円(税込)、東京から神奈川まで運ぶのであれば22680円(税込)の料金となります。
トラックに載せられる荷物は目安として、2ドアの冷蔵庫、4㎏の全自動洗濯機、電子レンジ、ダンボール箱10箱、衣装ケース3個、布団袋1袋、スーツケース1個と、
押入れ1段分の大容量の荷物を運んでくれます。

日本通運

日本通運の場合は、単身パックSと単身パックLの2種類があり、
単身パックSに積み込めきらない場合は追加料金を払い、ボックスを追加する形です。
公式HPの記載情報によると、
単身パックSに載せられる荷物は目安として、2ドア109リットルの冷蔵庫、20インチの薄型テレビ、テレビラック、電子レンジ、掃除機、3段のカラーボックス、姿見、布団、ダンボール4箱です。
単身パックLは、洗濯機、衣装ケースを加えることができます。
東京から大阪まで引っ越した場合単身パックSを2ボックス使って、51840円(税込)なので、平均的な相場として5~7万円程度と考えておくと良いでしょう。

<

h2>単身パックは安いけれどさらに安くするには?
引っ越し料金は、トラックの移動距離と運ぶ荷物の量で料金がいくらかが決まります。
移動距離が長いほど、トラックに載せる荷物が多いほど引っ越し料金は高くなるのです。
その場合、運ぶ荷物を減らすか、距離を縮ませるかの2択になるのですが、
運ぶ荷物やダンボールの量を減らすことはできそうですが、もうすでに引っ越し先が決まってるかと思いますし距離を縮めることは容易ではないでしょう。
そのために、おこなってて欲しいことがあります。
それは、引っ越し一括見積もりサイトを活用することで複数の会社に相見積もりを取り、引っ越し会社同士競争させて引っ越し費用を下げることです。
複数の見積もりを取ることで、「A社はこれくらいでしたよ」と交渉の材料に使えるので
引っ越し一括見積もりサイトを活用していきましょう。

3月上旬に引っ越し戦隊というサイトがあるのですが、
このサイトは引っ越し会社の最安値が保障されており、
多くのキャッシュバックメニューが用意されているので、
活用してみるといいと思います。
URL:hissen.jp/

参考サイト
【1】引っ越し単身パックの相場を調べる方法
URL:www.npo-emba.org/

【2】ヤマトホームコンビニエンス
URL:www.008008.jp/moving/single/

【3】日本通運
URL:www.nittsu.co.jp/hikkoshi/moving-s/otoku/

引っ越し一括見積もりを活用すると本当にお得なのか?

引っ越しをする際に、一度は引っ越し一括見積もりサイトを目にしたことがあるかと思います。
しかし、本当に見積もりサイトを利用すると料金が安くなるのか疑問をもたれている方もいっしゃるのではないでしょうか。
そのような方のために、今回はお得な一括見積もりサイトについて紹介をしていきます。

なぜ、一括見積もりサイトは引っ越し費用を安くするのに効果的なのか?

引っ越し一括見積もりサイトは1社だけではなく、5~10社と複数の業者に簡易的な見積もりになりますが、依頼をすることができるのが特徴です。
この、5~10社と複数の業者に見積もりができているというところが費用が安くできる鍵なのです。
引っ越し業者さんも依頼をしてもらいたいがために様々な値段を提示してきます。
1社だけの値段の提示であれば、1社だけの値段しかわからず、他の引越し業者の値段がわかないのですが、引っ越し一括見積もりサイトを活用することで複数の値段がわかるようになります。
複数の値段がわかるようになることで、値段やプランの比較がすることができ、引っ越し業者さんに安くしてもらうために、値段交渉ができるようになります。
このように複数の業者の値段を把握することで、引っ越し費用を安くするのに高価的なので、引っ越し一括見積もりサイトを是非とも活用することをおすすめします。

引っ越し一括見積もりサイトのいい所は複数に見積もりを出すだけじゃない

引っ越し一括見積もりサイトのいい所は複数に見積もりを出すだけではありません。
引っ越し一括見積もりサイトから申し込むことで、業者によっては割引の特典や、ダンボールのプレゼント、使用後のダンボールの回収など引っ越しをする際にうれしい特典が豊富に用意されている会社があります。
また、5000円のキャッシュバックといったサイト独自で行っている特典もあるので、
それぞれのサイト独自の特典も調べながら、見積もりを依頼するためにどのサイトを活用するかも考えると良いと思います。

一括見積もりサイトを使用する上で気をつけておきたい点

上記で一括見積もりサイトの良い部分を記載したので、もしかすると今にでも引っ越し一括見積もりサイトにアクセスしてみたくなった方がいらっしゃるかもしれません。
ですが、良いことばかりではなく、気をつけて頂きたい点があります。
それは、見積もりを複数の引っ越し会社に出した分、複数の業者からあなたに連絡が来るようになることです。
中には、夜中でも平気で電話かけてくるような引っ越し業者も存在します。
また、一度の連絡で契約をきめさせようよすることもあります。
これらの悪質業者には業者側が儲けることしか考えていないので相手にしないように注意してください。

複数の会社から連絡が来るのは面倒だと感じたら

複数の会社から連絡が来るということを聞いて、もしかすると引っ越し一括見積もりサイトを活用することを
ためらったかもしれません。
しかし、ご安心ください。
引っ越し会社から何社も連絡が来ず、一番安い値段で引っ越しができる業者を紹介してくれるサイトがあります。
それは、『引っ越し戦隊』というサイトです。
この引っ越し戦隊という一括見積もりサイトは、複数の業者から何社も連絡が来ることがなく、引っ越し戦隊のスタッフとの1度の電話だけで済むので、悪徳引っ越し会社の対応をすることがないので安心です。
引っ越し代金が0円にすることも可能なキャッシュバックメニューも取り揃えられているので、
活用してみてはいかがでしょうか。
URL:hissen.jp/

参考サイト
【1】引っ越し段取りチェック表
URL:dandori.blog.jp/

【2】引っ越し料金の裏テク
URL:www.hikkoshitechnic.com/ryoukin/3minutes.html

引越し費用を安くするために引っ越し一括見積もりサイトに失敗しない為には?

単身で安く引っ越しをする上で一番重要なことは引越し業者の選定です。
業者の選定に複数の業者から相見積もりを行うのが鉄則となってきます。
今回は相見積もりを行うための引っ越し一括見積もりサイトの活用時に気をつけるべき
ポイントを紹介していきます。

引っ越し一括見積もりサイトのメリット・デメリット

メリット

1 料金が無料

引っ越し一括見積もりサイトのサービスは引っ越し業者から手数料や広告料を
とっているため、利用料金は無料なので安心してサイトを利用することができます。

2 数多くの業者に見積もり依頼をすることができる

相見積もりを行うので、その比較対象はなるべく多いほうがいいのはお分かりだと思います。
自分で引っ越し会社を探すとなると、TVやラジオでCMが流れている大手の引っ越し会社しか思い当たらない場合でも、一括見積もりサイトを活用することで優良な地域密着型の町の引っ越し会社さんまで幅広く見積もりを頼むことができます。

3 はじめから安めの引っ越し料金を業者から出してもらえる

引っ越し一括見積もりサイトを活用すると、だいたい10社以上見積もりを依頼することが
可能になるます。、
引っ越し会社の心理から考えると9社以上は競合となり当然相見積もりになります。
他社と比べられる前提の見積もり提示となるわけですから、初めから安い価格での料金提示となる可能性が高いのです。

デメリット

引っ越し一括見積もりサイトを使うことで一度に複数の業者に依頼をすることになるので、その分業者から見積もり報告や連絡の電話が掛かってくるようになります。
業者も契約を獲得することに必死なのでそのあたりは理解をすることが必要かもしれませんが、あまりにもしつこく掛かってきた場合には、電話にでて他の引っ越し業者に決まってしまったと一言伝えれば大丈夫だと思います。

引っ越し一括見積もりサイトの選び方

引っ越し一括見積もりサイトのメリット、デメリットを紹介してきましたが、
単身引っ越しの費用を安い値段にするために、
引越し一括見積サイトの失敗しない選び方を紹介していきます

1 運営会社がしっかりわかる会社のサイトを活用しましょう

中には、運営元や連絡先の記載がない引っ越し一括見積もりサイトが存在します。
運営元がわからないと、引っ越し一括サイトが機能しているかもわからないので
はっきりと運営元や連絡先がわかるサイトを利用すると安心です

2 参加している引っ越し会社が多いサイトを活用しましょう

複数の会社に見積もりを出すわけですから、当然参加している業者が少ないより多いサイトがいいです。
しかし、多さばかり目にとられがちですが、引っ越し会社の質のチェックも忘れないようにしましょう。

3 個人情報の取り扱いは大丈夫なのか確認しましょう

引っ越し一括見積もりサイトを活用すると、必ず入力しなければならないのが
名前や住所といった個人情報です。
個人情報の外部への流出や不正アクセス等に関しどのような対策を行っているのか、
プライバシー保護のための利用規約を記載しているのなどしっかりチェックするように
しましょう。

この3つを守ることで単身引っ越しの費用を安い値段にするための、
業者を引っ越し一括見積もりサイトから選定することが可能になります。
よい、引っ越しライフをおくってくださいね。

引越しの際に値段交渉を成功させるには?

一般的なご家庭の場合、引越しといえば清水の舞台から飛び降りるくらいに
大きな一大イベントと言えると思います。
これまでに住んできたお家にも愛着があるかと思いますし、
その家を出て新しい環境へと移り住むのですから、
時間的にも体力的にも負担が生じることもあるかと思います。
そんな引っ越しという一大イベントを成功させるために
今回は引越し費用を劇的に値切るためのポイントを紹介していきます。

一括見積もりサイトを活用することで値段を比較しましょう

複数の業者から見積もりを取ることで、
「先に見積もりをだしてもらったA社さんは、
大体○○○円くらいでやってくれると言ってましたよ」と交渉が可能になります。
このように低料金の提示を業者から引き出すことが可能になりますので、
一括見積もりサイトを活用し、複数の業者から見積もりを取りましょう。

できるだけ引越しの繁忙期を避けましょう

引っ越し時期によっては難しい場合もありますが、
可能ならば3月や12月などの繁忙期は避けるようにしましょう。
3月や12月は引っ越しシーズンでどうしても繁忙期なので、
苦労せずとも業者に引越しの依頼が次々と舞い込まる時期になります。
そうすると交渉は厳しくなりますので、可能でしたら前倒しの引越しが
出来ないかを検討してみてください。

フリー便を利用しましょう

これも可能ならばになるのですが、フリー便を利用できるか検討してみてください。
フリー便とは、業者の都合に合わせた引越しのサービスを言います。
業者からの時間指定により、引っ越しの引越し当日のスケジュールが組みにくくなるというデメリットがありますが、数千円~数万円程度値段が安くなる場合があります。
もし、当日の引っ越し日に時間に余裕があるのでしたら、フリー便を選ぶと値引き交渉はしやすくなるのでおススメです。

参考サイト
【1】引っ越しトラの巻き
URL:www.leadingdesign.org/negiri.html
【2】ズバット引っ越し比較
URL:www.zba.jp/hikkoshi/cont/hikkoshi-discount/
【3】引っ越しポーターラビット
URL:porter-rabbit.com/guide/guide04/

複数の見積もりで単身引越しが安くなるってホント?

複数の引越業者に見積もりを出してもらえば、単身引越し費用は少しでも安くなることは間違いありません。
ただ、どれくらい安くなるかは交渉によってかなり変わってきます。
交渉次第で50%OFFの値段で引越しできるかもしれませんし、逆に10%くらいしか安くできないかもしれません。

それで、ここではどうすれば割引率を上げることができるか、またどうすれば交渉を有利に進められるか、幾つかのポイントを紹介していきます。

ホントにその見積もりで安くなってる?

複数の引越業者に見積もりを依頼すれば、安い費用で単身引越しをすることができる確率は高くなります。
それぞれの見積もりを受け取って、料金を比較して値段交渉をすれば確かに費用を落とすことは可能です。

しかし、これには思わぬ落とし穴があります。なぜなら、依頼した業者の見積もりがどれも高いというケースもあり、その場合は引越し費用もそれほど落とすことができないからです。
それで、引越し費用を安くするためには、複数の引越業者に見積もりを依頼するというだけでは不十分です。

ではそのために何が必要になってくるのでしょうか?

安く見積もりしてもらうためのポイントは?

では、どうすれば安い見積もりを提示してもらうことができるのでしょうか?具体的に考えていきましょう。

値段を安くできるかどうかは、いつ引越しするかということに大きく左右されます。これは繁忙期に引越するとか土日祝日に引越するかどうかだけでなく、トラックの空きがあるかどうか、また混載可能なトラックがあるかどうかなどにも影響します。

それで、何月何日と指定するよりは、希望日を複数提示してみるというのは効果的な方法です。
そうすれば、空いているトラックや混載可能なトラックも見つかりやすくなりますので、営業マンとしても安く見積もりすることが可能になります。

また、段取りがいい人だということが交渉の際に伝わるようにしておくことは大切です。
段取りが悪いと思われると、それだけで相場より高く見積もりを出されるケースが多いと言われています。なぜなら、荷物の梱包や引越し前の下準備がきちんと済んでいないと引越しに時間がかかるからです。

ですから、段取りの良さをアピールするというのも重要なポイントです。

どうすれば面倒な見積もりを簡単にできる?

ここで取り上げた方法をやってみるだけで、複数の引越業者に依頼した見積もりの提示金額が安くなることが期待できます。そうすると、さらに値段交渉がしやすくなり、最終的にかなり安く単身引越しをすることが可能になります。

とはいえ、引越業者にどのように見積もりを頼んだらいいのでしょうか?一社ずつ電話をするのは時間がかかりますし、なかなか大変です。また、引越業者が見積もりに自宅に来るとなると、単身者にとっては困ることもあるでしょう。

そこで、お勧めなのが引越業者に自宅に来てもらうことなく、ウェブでできる引越し見積もりサービスの利用です。この引越サービスを利用すれば、一社ずつ連絡したり、業者と見積もり訪問日の打ち合わせをしたりという手間もなく、簡単に引越業者からの見積もりを取ることが可能になります。

顔を合わせて打ち合わせをしなくてもいいので、ラクに引越業者を選ぶことができますよ!

信頼できる一括見積りサイトの探し方

引越し一括見積サイトといっても、
ヤフーやグーグルで『引っ越し 一括見積り』と検索するだけで、
今ではたくさんのサイトが検索に出てきます。
どの引越し一括見積サイトのサイトを見ても大抵は同じようなことしか書かれておらず、どの一括見積サイトが一番優良なのかの判断をつけるのが難しく感じるかもしれません。
引越し一括見積サイトの失敗しない選び方にもいくつかポイントを紹介していきます。

1 その一括見積サイトの運営会社はどこなのか明記されているか

運営会社はどんな会社なのかということですが、中には明記されておらず、
一括見積サイトの機能を果たしているのか怪しいサイトが存在します。
明記されていることは、ひとつの安心につながります。

2 一括見積サイトに参加している引越し業者の数と質は良いか?

大手の引越し会社が参加しているのかを調べつつ、地元に密着した無名かもしれないが優良の引越し会社まで幅広く対応されているかをチェックすることで、良い引っ越し会社にめぐり合える確立は高まります。
そして、数は多ければ多いほど良いでしょう。

3 個人情報のセキュリティは万全か?

しっかりと個人情報が守られるサイトには、
『プライバシーポリシー』が記載されています。
この記載が無い一括見積りサイトは利用しないほうが無難でしょう。

4 独自のキャンペーンやサービスを実施しているか?

最近は引越し一括見積サイトの数も多くなってきたので、
様々なキャンペーンや特典を付ける一括見積サイトが増えてきました。
せっかく見積りを出すのであれば、色々な特典やキャンペーンがあるとお得です。

5 利用者の数は多いか?そして、利用者の評判や口コミはどうなのか?

利用者は多いに越したことはなく、悪評の多いかどうかのチェックをすることで、安心して見積りができます。

参考サイト

URL:【1】 引越し一括見積サイトに騙されてはいけない! ameblo.jp/kzl5jlhr/
URL:【2】 引っ越し一括見積りサイト口コミランキング kuchiran.jp/life/movingnavi.html

単身引越しを一番安く済ませるためには?

引越が決まると、物を処分したり、買い替えたりと余分の費用がかかります。それで、できるだけ引越費用は安く済ませたいものです。

単身引越を行なう方法としては、大きく次の3つの方法があります。

  • 自家用車もしくはレンタカーを利用して個人で引越する
  • 引越業者の単身パックを利用する
  • 引越業者のトラックをチャーターして引越をする

この中で一般的なのは、3番目に挙げた引越業者のトラックをチャーターして引越するという方法でしょう。
しかし実際には、この3つの方法の中でどれが一番安く単身引越できるのでしょうか?
それぞれにどれほどの費用がかかるのか比較してみましょう。

自分でする単身引越は費用を安くできる?

単身者の引越は、家族での引越に比べると荷物の量はかなり少ないので、業者に依頼しなくても自分でやる方が安くできるかもしれないと思えるかもしれません。
とはいえ、冷蔵庫や洗濯機などの家電や、机や椅子といった家具がある場合には、思っていたよりも結構な荷物の量になるものです。

仮に、引越先が近ければ何度か往復して運ぶということも可能ですが、かなりの労力と時間が取られてしまいます。また、家電や家具などを積み込める車をレンタルすると、それなりの費用がかかります。

レンタカー代やガソリン代、また梱包材を自分で用意する費用や手間などを総合的に考えると、業者を通さないで自分でする単身引越は意外に安く済ませるのが簡単ではないということに気付くでしょう。

単身パックの利用で引越は安くできる?

単身パックは専用のBOXに荷物を入れて運ぶために、持っていくことのできる荷物の量に制限があります。とはいえ、引越の費用を格段に抑えることができるという大きなメリットがあります。

実際にどれほど費用を抑えることができるのでしょうか?東京から神奈川への引越を例に取って考えてみましょう。
一般的なトラックをチャーターして引越する場合、2トントラックの車両32,000円と作業1名の人件費15,000円で、合計47,000円ほどかかります。
これが単身パックの場合、BOX1本の料金が21,000円なので、26,000円ほど安く済ませることができます。

それで、単身パックは、荷物が少ない単身者にとっては魅力的な引越の方法の一つということができるでしょう。また、引越業者によっては単身パックのサイズ別で料金が決まっているところもありますので、安心して利用できるというメリットもあります。

トラックをチャーターしても安く引越できる?

単身引越といっても荷物が多くある場合は、自分で引越をするのは無理ですし、単身パックを利用するには荷物が多過ぎてBOX数本には入らないということもあるでしょう。

そのような場合は、引越業者のトラックをチャーターするという一般的な方法で引越しすることになります。
では、どうすればトラックをチャーターして、単身引越を安く済ませることができるでしょうか?

できるだけ安く引越をするためには、複数の業者に見積もりに来てもらうようにしましょう。複数の業者の見積もりを比較することで、値段の交渉もしやすくなりますし、サービス内容や見積もりに含まれる費用が何かを比較することができるからです。そして、その中で一番お得に引越ができる業者を選ぶと引越を安く済ませることができます。

無料で安心して活用できる一括見積りサイトベスト3

1位 引越し侍

この『引越し侍』は各社のサービス内容を見積もりを行う段階から比較が可能なので、条件に合った業者を選びやすい一括見積りのサイトとなっています。
この見積りサイトから業者に頼むと、最大10万円がキャッシュバックされるキャンペーンの参加が可能になったり、エリアが限られていますが、
引っ越し祝いにピザを無料でプレゼントされるという特典が付いて来ます。
引越し侍URL:hikkoshizamurai.jp/

2位 ズバット引越し比較

ズバット引越し比較では、引越し会社のサービス比較や会社別の満足度ランキングが記載されており、わかりやすい引越しテクニック満載の一括見積りサイトです。
ズバッと引越し比較:www.zba.jp/hikkoshi/

3位 HOME’S 引越し 見つもり

引越業者の安心やサポートが気になる場合でも口コミ・ランキングがあり、
料金など条件に合った引越業者を見つけることができます。
HOME’S 引越し 見つもり:www.homes.co.jp/hikkoshi/

いかがでしたか?ここでご紹介した3つの引越方法を比較して、自分の荷物の量や移動距離などを考慮して一番安く引越できる方法を見極めてください。

単身引越しもシーズンによって値段が違ってくる?

「好きな街に引越してみたい」という気持ちで引越す人であれば、引越しにかかる値段が安いかどうか考えて時期を自分で選ぶことができます。しかし、会社勤務で他県への転勤の辞令を受け取ってしまったら、引越しの値段が高いシーズンでも引越しをしなければならない状況になります。

では、単身引越しする場合に一番値段が高いシーズンはいつでしょうか?逆に値段が安いシーズンはいつになるのでしょうか?
そして、高いシーズンに引越さなければならない状況の中で、どうすれば少しでも安く引越しすることが可能になるでしょうか?

一番単身引越しの値段が高いシーズンは?

単身引越しの値段が高いシーズンといえば、やはり3月と4月です。入学や入社、卒業や転勤など生活の変化がある時期なので、引越しの需要も多くなります。
実際、引越業界の統計によると年間の引越数の約1/3が、この3月と4月に集中すると言われています。
当然需要が高まれば値段も高くなるのは必然で、3月と4月は他の時期に比べて引越し料金が30%近く高くなると言われています。

3月と4月以外に引越しの需要が増えるのは、企業の人事異動がある9月です。この時期も引越しにかかる値段が他の時期よりも高くなる傾向があります。
できれば、こうした時期に引越しするのは避けたいと思うものですが、入学や卒業する方や入社や転勤の辞令を受ける方にとっては仕方がないことかもしれません。

一番単身引越しの値段が安いシーズンは?

単身引越しの値段が安いシーズンというと、3月・4月・9月以外の月というのが一般的です。
ちなみに引越し料金の高い時期から低い時期の月は以下のようになります。

・3,4,9月は入学や卒業、入社や転勤などがあるため高い
・2,8,10月は入学や転勤などで早めに引越しする人がいるため若干高い
・1,5,6,11,12月は人の動きがないために安い

それで、自分で引越し時期を決めることができる人は、人の動きが少ない時期に合わせて引越しすることを考えると良いでしょう。

特に引越におすすめなのは5月や6月です。理由は単純で、他の安い月は真冬に当たるため、引越しの準備や引越した後の整理が寒くて辛いからです。こうした時期的な要素を考えてみると、いつ引越しするか決定しやすくなるでしょう。

高いシーズンでも安く引越す裏ワザとは?

高いシーズン中でも安く引越しするためには、何ができるでしょうか?

一般的に引越しを安く済ませようと考えている方は、複数の引越業者に見積もりを依頼し、そこで価格交渉を行っていくと思います。これ自体は裏ワザでもなんでもないですが、この交渉時に使える裏ワザがあります。

それは、引越しの日時を複数用意しておき、営業マンに「この期間内であればいつでも大丈夫です」と伝えておくことです。
意外に引越しをする多くの人が、自分で引越しの日程を決めてしまっているものです。そうすると、チャーター便を用意できなかったり、混載便の利用もできなかったりと、値段を下げるチャンスを逃してしまうことになりかねません。

それで、引越しの候補日を複数用意しておきましょう。そうすれば、高いシーズンでも安く引越しすることができてオススメですよ。

高いシーズンでも安く引っ越しができる業者の探し方

入学や入社、卒業や転勤など生活の変化がある時期の、3月と4月は引越しの需要も多く、依頼件数が引っ越し業者に殺到します。
なので、業者は料金を安くしてまでお客さんを獲得する必要がないのです。
その結果、必然的に引っ越し料金が跳ね上がり、通常では数万円で済むような料金でも、業者によっては3~5倍取るような強気の業者も中には存在します。
そのような業者に依頼するリスクを回避するためには、複数の見積りを取ることが大切です。

1 引越し侍

上位ランキングの上位業者に予約することができ、
ランキングや口コミで人気業者が一目でわかります。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバッと引越し比較

220社以上の提携された引越し業者から最大50%オフの可能性があります。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

3 HOME’S 引越し 見積もり

HOME’S限定特典で、提携引越し業者のダンボールの無料サービスや、
特別割引があり、他に時間を引越し業者の都合に合わせることで、割引になるケースがあります。
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/

単身引越しの値段はどうやって決まっているの?

単身引越をする時、まず最初に気になるのが値段がどれほどかかるかということではないでしょうか?
もちろん、引越の見積もりを依頼すれば、どのくらいの値段で引越ができるか簡単に知ることができます。とはいえ、見積もりする前に自分である程度の予想ができるだけでも安心感があったりするものです。
では、単身引越の値段はどうやって決まっているのでしょうか?その点について、ここでは解説いたしましょう。

単身引越の値段は距離と荷物の量で決まる

単身引越の値段は、「距離」と「荷物の量」という2つの要素で決まってきます。
実は引越先までの距離が分かっていれば、見積もりをしてもらわなくても基本的な引越にかかる運賃を自分で調べることができます。

意外に知られていませんが、引越の基本料金の上限は法律で決められています。100km以内の引越であれば時間制運賃となり、100kmを超える場合は距離制運賃になることになっています。
ちなみに、100kmがどれほどの距離かというと東京中心部から横須賀やつくばは50km圏内、沼津や宇都宮で約100km圏内ということになります。時間制運賃が適用される範囲はだいたいこの範囲までということを覚えておくと良いかもしれません。
気になる時間制運賃の料金ですが、1トン車の利用で4時間から8時間かかる場合、時間に応じて20,500円から30,740円となります。

距離制運賃の場合の基本的な値段は?

距離制運賃の基本は、100km以上110km以内で22,740円から34,100円(1トン車を利用した場合)となっています。
この運賃を基本に、距離制運賃の場合は、10km増えるごとに約1,000円づつ加算されていきます。それで、150km超の引越であれば27,420円から41,140円の間の値段が引越料金ということになります。

この距離制運賃については、ネットなどで調べると、10kmごとの詳しい値段を知ることができます。もし、すでに引越先までの距離が分かっているのであれば、自分で調べてみるのも良いでしょう。
見積もりを依頼する前に、基本的な引越運賃を知っておくことで、見積もりで提示された料金が安いのか高いのか判断しやすくなるというメリットがありますからオススメです。

では、荷物の量が増えると引越しの料金はどれほど変わってくるのでしょうか?

荷物の量で引越の値段はどれほど変わる?

引越先までの距離とともに引越運賃を決めるのが荷物の量です。多ければ多いほど引越にかかる値段は高くなりますが、実際どれほどの違いがあるのでしょうか?
単身引越の場合は、荷物もそれほど多くないとは思いますが、やはり人それぞれに引越し先に持って行く荷物の量には違いがあるので、1トン車に収まる人もいれば2トン車でもキツキツという人もいることでしょう。

ちなみに、1トン車のサイズは軽トラック2台分ほどの大きさ、2トン車のサイズは単純にその倍というイメージをすると分かりやすいかと思います。
では、サイズも踏まえて100km以内の引越の場合に1トン車と2トン車で引越すると、どれほど値段に差が出てくるのでしょうか?

1トン車で引越すると20,500円から30,740円で、2トン車の場合は22,750円から34,130円となっています。
意外と荷物の量ではそれほど大きな値段の差は生まれないということが分かりますね。

引っ越し業者別による単身引っ越しの相場

引っ越し業者別による単身引っ越しの相場はどのくらいなのかを紹介していきます

1 日本通運の単身引っ越しの場合

日本通運では、単身引越し専用のコンテナの金額で、引越し費用が決まります。
横108cm、奥行74cm、高さ154cmの一番小さいサイズの単身パックSは17850円から利用可能です。
運べる物の目安として
2ドア冷蔵庫、
薄型20型テレビ、
小型テレビ台、
電子レンジ、姿見、
3段カラーボックス、
掃除機、
布団、
指定段ボール箱4個
を積み込むことができます。

上記のプラン以外に単身パックSよりツーサイズ大きいサイズで、横108cm、奥行104cm、高さ174cmの単身パックLというプランがあり値段は18900円から利用することできます。
単身パックSに入るものに加えて、4kgの洗濯機、衣装ケース、それにダンボール箱がさらに1個荷物として運ぶことが可能になります。

最大移動距離が15km~30km(エリアによって異なります)、
かつ作業開始から終了までが4時間以内を目安とした値段です。

2 クロネコヤマトの単身引っ越しパック

クロネコヤマトの単身引っ越しパックは、押入1段分の荷物が入る程度の量を目安とした幅1.04m、奥行1.04m、高さ1.70mのボックスを1ボックス単位で費用の計算をしています。
1ボックスの料金は、同一市内料金で関東圏内なら17850円、その他の地域は14700円という値段で利用が可能です。
しかし、東京23区と政令指定都市内と違う区への引っ越しは『同一都道府県内』扱いになってしまう為、若干高めの料金が請求されますが、1ボックス20000円程度の料金で利用可能になります。

3 赤帽の場合

赤帽は、日本通運やクロネコヤマトといった大手の業者とは違い、1つのトラックを貸切で使う貸切便のサービスです。
長距離だと距離別、時間別料金が加算され、割高になる可能性が大きいですが、移動距離が20km程度で近距離の圏内であれば料金は安く済みます。
赤帽トラックは、幅141cm、奥行194cm、高さ129cm、最大350kgまで積むことが可能で、
冷蔵庫、洗濯機、ベッド、テーブル、衣装ケースをトラックに積んだとしても、
まだ10箱程度のダンボール箱を運ぶことが可能です。
赤帽は基本的に「個人事業者」なので、サービス内容は異なりますが、値段の相場は20000円ほどです。

参考サイト

URL:【1】単身引っ越しの相場
www.xn--68ju76hxkdhrivj6aqk2a0wb.net/

URL:【2】【知らなきゃ損する!】引っ越し単身パックの相場を調べる方法
www.npo-emba.org/