Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php:270) in /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
引越し価格交渉テクニック

引越し価格交渉テクニック

引越し会社への予約はいつ行えばいいのか?

引越しをすると決めた場合に必要な手続きがあることを忘れずに

引越しを決めてまず最初にしなければならないことは、
現住居が賃貸の場合に解約をすることの連絡や、市区町村の役所での手続き
など行わなければならない手続きがあります。
退去予告は、退去の一ヶ月前までに申告することを基本としている
大家さんや不動産会社が多いです。
ですので、それまでに引越し業者の予約が取れずに退去日が伸びてしまうと、
その分無駄な家賃を支払うことになってしまうので注意が必要です。
無駄な家賃を支払うことがないように、
退去するまでの期間中にある程度は新しい引越し先の目処をつけておく
必要があるので新しい新居を探すようにしましょう。

引越し1ヶ月前が業者に予約を取るタイミングだが段取りは早めに

上記で記載した引越し前に必要な手続きの期間を考えると、引越し1ヶ月前が
引越し会社に予約(依頼)をするには1ヶ月前が妥当です。
ですが注意をしておかなければならないことは、
引越し会社に予約(依頼)するには、【引越し先】、【運ぶ物】、【引越し日】を確定させなければ、
引越し会社は正確な見積もりを出すことができずに引越し作業が前に進めることができません。
なので、入学や入社などの新生活を送る場合や、転勤などで引越しすることが確定しているならば、
時間に余裕がある場合でも、早めにこの3つを確定させるようにしておきましょう。

越しを繁忙期に申し込む場合は予約を取れない場合があります

もし、入学や入社などの新生活を送る場合に3~4月に引越しを考える場合、
この2~3月は引越しを希望する方が最も多い繁忙期という時期のため、
予約を取れないことが考えられます。
また、この時期は引越し料金が高くなる傾向になるため、
引越し1ヶ月前が引越し会社に予約を取るタイミングに妥当なのですが、
出来るだけ早くスタートさせた方がお得になる可能性があるので、
気をつけるようにしてください。

短時間で予約(依頼)したい会社を見つけるには引越し一括見積もりサイトが有効

短時間で予約(依頼)したい会社を見つけるには、複数の業者に見積もりを出すことで、
料金の比較が行える引越し一括見積もりサイトというサービスがあります。
これらを活用することで、短時間で依頼を頼みたい業者を見つけることが可能になるだけでなく、
複数の業者の引越し料金の比較をすることが可能なので、引越し業者に値段交渉ができるように
なります。
積極的に活用していきましょう。
引越し一括見積もりサイトを紹介します。

1引越し戦隊

物流産業新聞社にも取り上げられたメディアも注目している一括見積もりサイトです。
最大20社の見積もりの中から最も料金が安い業者に依頼することが可能です。
URL:hissen.jp/

2ズバッと引越し比較

全国220社以上の引越し業者と提携されており、利用者が累計350万人を突破しているので、
初めての利用の方でも安心の引越し一括見積もりサイトです。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

3引越し侍

テレビやラジオと様々なCMの影響もあり、利用者が増加傾向にあるサービスです。
こちらも全国220社以上の引越し業者と提携されており、値段面でなくサービス面の
比較が可能となっています。
URL:hikkoshizamurai.jp/

参考サイト
【1】引越し業者ガイド
URL:xn--68j9hxa1j598w87m2j1b9uw.jp/yoyaku.html

【2】引越し虎の巻
URL:www.leadingdesign.org/tetsuduki/yoyaku.html

単身者の方が引越しをする際に値段交渉を成功させるポイント

単身引っ越しでも、“値切り”することは可能か?

単身引っ越しとはいえ、引っ越しの費用ってバカにならないものです。会社から引っ越し費用の補助金が出るならまだしも、そういった補助が一切出ない会社もたくさんありますし、就転職や進学のための引っ越しならば少しでも安く引っ越したいと思うのが普通です。より良いサービスをより安い価格で手に入れられるならそれに越したことはありません。

まず、数社に見積りをとりましょう!

引っ越し業者のなにが違うのか…イマイチわからない人も多いと思います。大体の相場は決まっているだとろうと思うかもしれませんが、まずは見積りを取ってみることが大事です。最低でも3社からは取っておきたいところです。いまは便利なことに、インターネットで一括見積りという機能があります。出発地と引っ越し先を入力し、希望の日時を入れれば一斉にたくさんの業者に連絡がいきますから、自宅や携帯電話に連絡をくれた会社に見積りに来てもらうだけで良いのです。

短時間で引越し会社に見積もりを出すためのおすすめ引越し一括見積もりサイト

手間を掛けることなく引越し料金を節約できる引越し一括見積サイトを
いくつか紹介していきます。
それぞれ特徴があるので、気にいったサイトを活用してくださいね。

1 引越し侍

このサービスの特徴的なところは、最大10社に見積もりを取ることができることで、
一番値段が安いところが手間隙かからずに見つかるところです。
また引越し侍では、、引越し業者の口コミや引越し業者のランキングを知ることができる
以外にも、引越しの効率的な段取りの仕方、引越しの際に出る不必要な物の処分の仕方など引越しに起こりうるシチュエーションや手続きがわかりやすく記載されています。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバッと引越し比較

この引越し一括見積もりサイトは見積もり引越しの4か月前から頼むことが可能で、
大手~中小まで幅広く変わらない条件で見積もりを業者さんから頂くことができるので、料金の相場を把握することができ、業者の選定がしやすいサイトです。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

3 引越し達人セレクト

このサイトは一度の見積もり依頼で最大で15社の引越し料金を比較することができ、
引越し会社のサービスの比較がひとめで分かる表や、プリントアウトすることが可能な
引越しのためのスケジュール表など、引越しに役立つ情報がまとめられています。
URL:www.hikkoshi-tatsujin.com/

4 引越し戦隊

今春リリース予定の一括見積もりサイトです。
最も安い業者を紹介してくれるだけなく、
引越し料金が実質0円で引越しができる様々な
キャッシュバックメニューが取り揃えられているのが
特徴的です。
URL:hissen.jp/

面倒でも交渉を持ちかけてみるのみ!

数社に見積りをとって、驚かれた方も多いのではないでしょうか。運ぶ荷物、運ぶ先は同じなのに会社によって金額に大きく差が出ます。人件費、利益をどのくらい出そうと考えているか…最初の見積りでの金額では、会社側の良いように持っていかれてしまいます。向こうも値切られることを前提として金額を出してきていますから、最初の言い値でOKをして契約をしてしまうのは、あまりにも勿体無さすぎます。

まずは、見積りをとった中で自分がどの会社にお願いしたいか…を考えましょう。担当者が見積りに来た時点で、その人柄や話し方などで「この人にお願いしたくはないな…」と感じた人の会社は、値下げのために利用するくらいにして、一番引っ越しをお願いしたいと思った担当者の会社が最終的に一番安い金額を提示してくれるように、順々に交渉をしていくのです。対面での交渉に不安を感じる人や、あまり自信の無いひとは、電話で担当者と連絡をとってみるのが良いでしょう。やるとやらないで大きく金額が変わってきますので、勇気を振り絞って頑張りましょうね!

繁盛期だと、断られてしまうことも…。

引っ越し依頼が一番忙しくなる3月中旬から4月初旬にかけては、引っ越し業者も大忙しなのが現状です。あまりにしつこく値段交渉をすると、業者としては、「お金にならない依頼主よりもお金になる依頼主の依頼を受けたい」と思うのが普通の考えです。ここらで良いかと思ったところで決めてしまうことも、重要なポイントといえます。

洗濯機を始めとする家電類の運搬で気をつけるべきポイント

引っ越しするときに気を付けたい家電の扱いについて

引っ越しで面倒な作業と言えば、衣服だけにとどまらず普段梱包したりする機会の無い大きな家具や家電の梱包もですよね。家電は、購入したときの値段も高額ですし、梱包をする前にやっておかなければならない作業や確認もあるので、一度確認してみてくださいね。

洗濯機は必ず水抜きをしておきましょう。

あまり知られていませんが、引っ越し慣れている人にとってみれば常識ともいえるのが“洗濯機”の水抜きです。引越しをするときには必ず、洗濯機の水抜きをしなければなりません。引越し契約をしたときなどに引っ越し業者から「引っ越し前日までに、洗濯機の水抜きしておいてくださいね。」なんて言われてしまい、慌てて「水抜きってなんだ?」と調べることのないよう今のうちに要領を掴んでおきましょう。

手順としては、まず水道のコックを閉めた状態で洗濯機のスタートボタンを押します。そうすると、洗濯機に付属しているホースの中の水が抜けていきます。そうしたら、給水ホースを外し、脱水のみを行ないましょう。脱水終了後に排水ホースを外せば、洗濯機の水抜き作業は完了です。

引っ越し作業の最中に、洗濯機から水が漏れだしたりしたら他の荷物が濡れてしまい大変悲惨なことになってしまいますので、前もってしっかりと行っておきましょう。

洗濯機のみを引越し業者に運んでもらった時の値段

洗濯機のみを引越し業者に運んでもらった時の値段を、
大手引越し会社の一つでもある『クロネコヤマト』の料金を調べると、
洗濯機の大きさによってことなりますがが、高さ+幅+奥行が
250センチまでの場合、都内から都内の引越しで、6800円でした。

佐川急便での場合、
東京から大阪まで運んだ場合に
ただ輸送する場合では、52,06円でした。

『洗濯機』だけを大手の業者に任せると、
リーズナブルに運んでもらえそうですね。

ただし、その他の業者と比較するために、
引越し一括見積もりサイトを活用し総合的に
どの業者を選ぶことで安く運んでもらうことができるか
見極めるようにしたほうが賢明かと思います。

おすすめの引越し一括見積もりサイトは以下のサイトです。

引越し侍

最大10社の見積もりをじっくり比較することで、
安い業者が見つかるだけでなく、
引越し会社と直接値段の交渉も可能です。
URL:hikkoshizamurai.jp/

引越し戦隊

引越し料金が実質0円にすることが可能な、
他の見積もりサイトにはないキャッシュバックメニューが
取り揃えられています。
URL:hissen.jp/

ズバット引越し比較

引越しの際に必要な手続きやマナーなど
引越しのコツがわかる見積もりサイトです
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

目に見える部分の破損はありませんか?

引っ越し業者によっては、引っ越しの保険に入れる場合があります。引っ越し金額のナンパーセントか分を保険料として支払うことによって、引っ越し作業によって故障したとされる荷物の保障をしてもらえるというサービスです。

たとえば、機械の部品が折れたなどといった目に見える部分の保障はしてもらえるのですが、パソコン内部の故障といったものは保障の対応外となるケースがほとんどです。目に見えない部分だと、引っ越しの作業中に故障したものかどうかの見極めが非常に難しいからです。

従って、パソコンなどの精密電子機器類については、データのバックアップをとっておくことをオススメします。そうすれば、パソコンが壊れてしまうといった最悪の場合にも、データを失うことだけは免れることができます。

高額な家電のためにも、引っ越し時は保険を!

家具家電…引っ越しで大型のものや高額なものを長距離移動する際には、万が一のことを考えて保険にはいっておくべきでしょう。引っ越し業者の保険はもちろん、自分自身の生命保険の付属オプションで身の回りの品の物の破損等の保険に入っておくことも重要です。

参考サイト
【1】ヤマトホームコンビニエンス
URL:www.008008.jp/transport/kazai/

【2】佐川急便
URL:www.sagawa-exp.co.jp/service/kaden/

見積もりを出す前にはっきりさせておきたい3つのポイント

明確な見積もりを業者に依頼するには以下の3つのことがとても重要です。

引越し先をの情報をしっかり把握しておきましょう。

引越し料金は引越し先の立地条件によって大きく変わって来ます。
例えば、引越し先が10階建ての8階でエレベーターの有り無しで作業員の
人数が変わるので料金が変動します。
また、トラックが通れないような道路状況であれば軽トラックを用意しなければ
ならなくなり、その場合は軽トラックの費用が追加されます。
このように引越し先の住所を把握しておかなければ、
引越し会社も正確な見積もりを出すことができません。
引越し先の情報は必ず把握するようにしましょう。

引越しの日にちをはっきりさせましょう

中には引越しの日程を詳しく決めずに、『今月末』や『今月の中旬あたりで』と
アバウトな日程を業者に伝える方がいらっしゃいます。
アバウトな日程や期間を業者に伝えると、業者はそのアバウトな期間中トラックを
押さえなければなりません。
ですので、アバウトな期間中トラックを押さえた状態でまだあなたが引越しを
されていなければ、他のお客さんの依頼を断らなければならなくなります。
業者や他のお客さんの迷惑が掛からないように、引越し日は、
第一希望、第二希望、第三希望までは決めておくようにしましょう。
また、引越し料金は平日より休日が高く、3~4月は繁忙期で高い場合が多いです。
これらのことを頭の片隅において置き日程を決めると、
通常よりリーズナブルな値段で引越しができるようになります。

引越し先に持っていく荷物の種類や量をはっきりさせましょう

見積もりはトラックに載せる荷物の量で料金が変動します。
なので、『まだ運ぶ荷物がはっきりしていません』という業者への
やり取りでは、運び出す荷物がはっきりされていないので、
正確な見積もりを出すことができません。
もしはっきり決まらないまま訪問見積もり時に、
『この荷物をもっていきますか?』という問いに『はい』と答え、
おおよその運ぶ物を伝えた場合、
いざトラックに載せた場合に全部積むことができないといったトラブルが
起きる可能性が出てきます。
積みきれないことが起きた際には追加の費用が発生していまいますので、
このようなトラブルを防ぐために、引越し先には何を運ぶ必要があるのか
はっきりさせた上で業者に連絡や訪問見積もりをしてもらうようにしましょう。

以上の必ず引越し業者に見積もりを出す前に必要な情報を
まとめました。
この3つのことを見積もりを出す前にはっきりできなければ、
引越しの準備が前に進まないので気をつけましょう。

参考サイト
【1】引越し段取り
URL:webshufu.com/things-to-do-before-asking-quotations/

【2】引越しなっとく.com
URL:na109.com/hikkosi-mitumori-kotu/hikkositiming/

宅配便で引越しを考えるうえで大切なポイント

単身者の方で運ぶ荷物が少ない場合、
宅配便で荷物を引越し先まで届けてもらうことが
引越し業者に頼むより費用が安い場合があります。

宅配業務を行っている業者に頼むと安い例

引越し先 東京から大阪の長距離
荷物の量 ダンボール箱10個。(160サイズくらい)
内容物 主に身の回りのもの 洋服、小型のテレビやパソコン

上記の表のように、長距離でなおかつダンボールが約10箱程度であれば、
大手運送会社の宅配サービスに頼むことで引越し会社に頼むよりやすい可能性が高いです。
ヤマト運輸の値段を調べてみると、1箱1890円でこの場合10箱を想定しているので合計18,900円になります。
引越し会社に頼むと、トラックの利用に高速料金が追加されることがあるので、
引越し業者に頼むよりは確実にお得と言えるでしょう。

宅配を頼む場合の注意点

宅配便を頼むことで料金が安くなりますが、良いことばかりではありません。
宅配便を頼む場合の注意点を紹介します。

1 ダンボールは自分で用意する必要がある

通常、引越し業者に引越しを依頼するとダンボールやガムテープの資材を無料で
提供してくれますが、宅配を依頼する場合は自分でダンボールやガムテープの資材
を用意する必要があります。

2 荷造りも自分でする必要があります

当然ながら荷造りも自分で行う必要があります。
荷造りをする際には、運ぶものと不要なものをしっかりわけて、
ダンボールも大きい箱に重いものを入れると底が抜ける可能性があるので、
運ぶ物、ダンボールの量など全て自分で把握しなければなりませんので、
注意するようにしてください。

3 受け取り時間がわかりません

宅配便の場合どうしても受け取り時間に幅があるので、
受け取り時間に欲しい時間に受け取れるかはわかりません。

このように安いことは確実といっても良のですが、
しっかりメリットとデメリットを考えた上で、
宅配を頼むかどうかを検討するようにしてください。

時間と労力を考えて引越し会社を検討することにした場合

少ない荷物を宅急便や宅配便で送ることも1つの良い方法ですが、
時間と労力を考えた場合、引越し業者に依頼することを選択した場合には、
引越し一括見積もりサイトの活用をおすすめします。
引越し一括見積もりサイトを活用すれば、いろんな業者の単身向けのお得なサービス
の比較をすることができ、値段の安い引越し会社をさがすことが可能になります。

おすすめできる引越し一括見積もりサイト

1 SUUMO引越し見積もり

見積もり金額がその場でわかるようになり、SUUMOだけのお得な特典が用意されて
います。
URL:hikkoshi.suumo.jp/

2 引越し戦隊

他の一括見積もりサイトにはない多くのキャッシュバックメニューが用意されているのが
特徴的です。
URL:hissen.jp/

3 引越し侍

引越しに役立つノウハウが記載されており状況別で、
引越し時に何をすればいいのか一発でわかります。
URL:hikkoshizamurai.jp/

参考サイト
【1】荷物が少ない場合の引越し方法
URL:www.xn--68j685gl8hgrd6qbd35m.com/

【2】引越しウォッチ
URL:www.house-moving.jpn.com/hikkosinimotugasukunai.html

【3】宅急便での引越しは本当に良いのか?
URL:xn--68j685gl8hgrd6qbd35m.net/

引越しの見積もり時に注意しておきたいポイント

引越しをする際にどれくらいの引越し費用なのかを知るためには
引越し会社に見積もり依頼を頼む必要があります。
今回はその見積もりの際に注意しなければならない点を紹介します。

引越しの見積もりにおける注意点

複数の引越し業者に見積もりを頼むようにしましょう

一つの業者に見積もりを依頼しても、値段が安いのか高いのか値段の相場を
把握することができません。
『これくらいかな?』と思って始めの1社に依頼し、その他の業者が安い場合が多々有り得ます。
また、他にエアコンの取り付けなどのオプション費用も引越し会社によって異なるので、
オプション費用や引越し費用をなるべく安くするために複数の業者を比較するようにしてください。

訪問見積もりを業者に頼むときの注意点

見積もりには、電話だけで簡易的な見積もりをとってもらう方法と、
より詳しく引越し費用を調べてもらうための訪問見積もりがあります。
上記では簡易的な見積もり時における注意点を紹介させて頂きましたが、
訪問見積もり時における注意点についても紹介していきます。

1 業者が訪問に来たからといってその場で依頼することは避けましょう

訪問見積もりに来る業者も仕事なので、お客さんに決めてもらうために、
甘い言葉を掛けてくることが多いので注意しましょう。
いくつか甘い誘惑の代表例を紹介します。

○ダンボールは無料です

ダンボールを無料でくれるのは嬉しいのですが、大抵『契約を行った場合』に限ります。
契約する意思がなくまだ他の業者と比較をするのであれば、はっきりと断るようにしましょう。
後々にダンボールを配ったので契約意思があると業者に思われると、トラブルに繋がります。

○今ならこの値段より割引ます

まだ、いくつかの業者と比較する段階のうちに、
割引されて申し込んでしまっては、他の業者との比較ができませんので、
割引という言葉は良い響きですが、ぐっとこらえましょう。

○今決めると、内金や手付金が必要ありません

内金や手付金が無料なのは、標準引越運送約款にはっきり書かれていることなので、
惑わされないように注意しましょう。

これらが、業者の甘い言葉の代表例です。
訪問見積もりには、その場で契約しなければならないという
義務はありません。
かならずご自身が納得するまで、他社の引越し業者を比較し、
気持ちよく引越しができるようにしていきましょう。

2 複数の業者とバッティングする状況にないようにしましょう

業者側はお客さんが複数の業者に見積もりをしているとほとんどわかっているのですが、
いざ業者がバッティングすると交渉に支障がでることがありますので、
注意しましょう。

3 運ぶ荷物が変動した場合は再度訪問を頼みましょう

訪問見積もりにきてもらったあと、契約を決めたあとに、もしかすると
荷物の増減があるかもしれません。
荷物の量が変われば、作業員の人数やトラックの大きさが変わってくる
こともあり、料金も変わります。
ですので引越し会社に連絡し、再度訪問を頼むことで再度見積もりを取り、
正式な料金がわかるようにしてください。
再度訪問を依頼するときは、『増減した荷物の種類』、『どれくらい増減したかの量』を
事前に伝えておくと業者も見積もりの予測が当日に立てやすいのでしっかり伝えておくと
良いでしょう。

参考サイト
【1】引越し段取り
URL:webshufu.com/the-day-you-get-competitive-quotes/

【2】引越し見積もり注意点.com
URL:xn--68j9dya1778bncc6z0apjglovml5aimi.com/hikkoshi-site/zba.html

無料で引越しができる新しいサービス

無料で引越しができる新しいサービス

引越し業者には、インターネットの契約をすることで、
単身引越しや移動距離が短い近場の引越しの費用が0円で
引越しができるサービスを行っている業者があります。

なぜ、インターネットの契約をすることで無料になるのか?

インターネットを引越しの希望者の方に契約してもらうことで、
代理店に幾らかキャッシュバックが入る仕組みになっています。
ですので、引越し費用がキャッシュバックより安い場合にゼロ円で
引越しが可能になります。
インターネットの契約以外にも、ウォーターサーバーの契約をすると
引越し費用が0円や割引されるところがあり、引越し業者によって様々です。

引越しをゼロ円にする場合の注意点

この、インターネット回線やウォーターサーバーを新規で契約することで、
引越し費用が実質0円になったり、費用がお得になるように対応している業者は、
すべての引越し業者という訳ではありません。
中にはそのようなサービスを行っていない業者があるので、0円での引越しをお望みの
場合は0円で引越しができるサービスがあるのか確認するように致しましょう。
また、事前に0円で引越しができる条件が揃っているか確認しておくと良いですね。

0円で引越しができる『ゼロコシ』というサービス

上記で、0円で引越しができるサービスは全ての引越し業者が
対応しているわけではないことをお伝えさせて頂きました。
しかし、できるならまったく費用が掛からずに引越しをしたいですよね。
そのような単身者の方向けで荷物の量やトラックの移動距離が短く、
引越し費用を0円で考えている場合は、『ゼロコシ』というサービスがおすすめです。
インターネット回線の新規でのご契約が必須や荷物の量や移動距離に条件が
あるのですが、よく見積もりサイトから見積もり依頼することで複数の業者から
沢山の連絡が来るというお声をお聞きします。
このサービスは『ゼロコシ』のスタッフが全て電話で対応するので、
複数の業者からの電話や、引越し会社からの強引な電話を断ることができない
等の心配をする必要がありませんし、訪問見積もりもありません。
また、この『ゼロコシ』のサービスをお友達や引越しを考えている方に紹介すると、
ゼロコシを申し込まれた場合に限りますが、紹介する側とした側両方に1万円が
プレゼントされるキャンペーンが行われています。
お友達にこの『ゼロコシ』のことを教えてあげると、
ゼロ円で引越しができることを知って喜ばれるかもしれませんね。

ゼロコシ
URL:zerokoshi.com/

引越し業者の様々なキャンペーンを活用することでお得に引越しをしよう

引越し会社は引越しシーズン時に、お客さんに選んで頂くことができきつようにと、
様々なキャンペーンや特典を行っています。
今回は一部ですが各引越し業者が独自で行っているキャンペーンを紹介していきます。

各引越し業者が独自で行っているキャンペーン

1 クロネコヤマト

特設ホームページから申し込むことによって、3000円相当の資材が無料でもらえます。
www.008008.jp/campaign/single2014/index.html

2 カルガモ引越しセンター

無料訪問見積もりを希望すると全員に1000円のJCBギフト券がプレゼントされます。
URL:www.karugamo.co.jp/

3 ハート引越センター

見積もり依頼、引越し依頼した場合のみですが、毎月3名にiPod nanoをプレゼントするキャンペーンをおこなっています。
URL:www.hikkoshi8100.com/content/campaign/

4 ダック引越しセンター

木曜日のみに限り、キャンペーン特典専用サイトから見積もりを依頼することで、
見積もり訪問時に、ダンボール20箱、クラフトテープ1巻、布団袋が家族限定でプレゼント
されます。
URL:888888.jp/

5 日本通運

春の新生活応援キャンペーンとして、日通で引っ越しした人の中から、東京ディズニーランドチケットのペアチケットと「エッグハント・イン・東京ディズニーランド」の体験券が500組1000名にもらえます。
URL:www.nittsu.co.jp/hikkoshi/news/campaign_201401/result.html

6 アリさんマークの引越し社

楽天カードで支払いすることで、楽天ポイントが3倍になってポイントをもらえます。
楽天をよく利用される方にはうれしい特典ですね。
URL:www.2626.co.jp/service/rakuten_c.html

7 サカイ引越センター

ポンタカードを見積もりのときに見せることで、引越し料金100円ごとにポイントがたまります。
他に、訪問見積もり時に全員にお米が1キログラムプレゼントされる特典があります。
URL:www.hikkoshi-sakai.co.jp/pontacard/index.html

8 アップル引越しセンター

引越しの際に、専門業者に依頼すれば5~7万円以上する盗聴器の無料調査をおこなってくれます。
URL:www.apple-hikkoshi.co.jp/campaign/001.html

引越し会社のキャンペーンを利用する際の注意点

上記のキャンペーンは期間限定のキャンペーンが含まており、
またキャンペーンや特典がいつまで続くかは未定です。
他にキャンペーンや特典を打ち出している業者は多数ありますで、
ぜひ、良いと思ったものには参加されてみるのも良いかと思います。

東京から福岡まで安く引っ越すには?

関東~九州の引越し料金の相場

関東から九州の引越し料金の相場をまとました。

単身(一人) 60,000円~250,000円
夫婦(2人) 80,000円~350,000円
家族(3~5人以上) 100,000円~450,000円

料金はあくまで相場

料金はあくまで相場なので、単身でもっとも安くて6万円という業者や、ウン十万と
言ってくる業者と値段はバラバラです。
なぜ、これだけ料金に差があってバラバラなのかというと、引越し業者の選定や、日程、荷物の量、引越し人数などによってその引越し料金が大きく変わるからです。
ひとつひとつ説明していきます

引越し料金が大きく変わる要素

1 日程や曜日

3~4月はもっとも引越しを望む方が多い時期で繁忙期と言います。
引越し会社がもっとも忙しい時期であるため、通常より引越し料金が高くなります。
特に3月20日を超えると倍以上高くなる可能性がでてくるので、
もし可能であれば引越し日の前倒しが可能か検討してみてください。
曜日に関しては、土日祝の引越しが料金が高くなる傾向にあります。
こちらもなるべく平日を希望されると料金が安くなりますので検討してみてください。

2 荷物の量

トラックに載せる荷物の量により、トラックの大きさがかわってきます。
トラックに積む荷物の量が多ければ多いほど値段が跳ね上がってきますので、
適切な量なのか判断する必要があります。

3 業者選び

上記に記載した2つの要素と同様、引越し料金を決める際に最も重要なことが、業者選びです。
なぜなら、同じ条件で見積もりを依頼した場合でも業者によって値段の算出する方法が違うため、
料金に差がうまれてくるからです。
また、荷造りや荷解き、エアコンの取り外し、取り付けなど運ぶ以外のオプション料金も業者によって
違います。
これらの、おおよその値段を把握し、なるべく安い引越し費用を知るには、まず同じ条件で複数の業者に
見積もりを取ることです。
複数の引越し会社に見積もりを出すには、引越し一括見積もりサイトを活用すると時間が短縮できるので
便利です。
関東から九州の遠距離の引越しの場合でも、長距離の得意で料金が割安になる業者や、
オプションが他社より安い業者がひとめでわかるようになります。

あなたにおすすめの便利な一括引越し見積もりサイト

ぜひとも活用して頂きたい一括見積もりサイトを紹介します。

1 ズバット引越し比較

引越しの忙しいシーズンでもスケジュールの合う業者を見つけることができます。
URL:www.zba.jp/hikkoshi

2 引越し戦隊

最安値保障を謳っている引越し見積もりサイトはこのサービスだけではないでしょうか。
きっと関東から九州の引越しのような遠距離の場合でも、あなたの引越しを成功に導いて
くれることでしょう。
URL:hissen.jp/

3 引越し侍

最大10社から見積もりを依頼することができ、値段はもちろん、サービスの比較も
お手軽にできるサイトです。
URL:hikkoshizamurai.jp/

参考サイト
【1】引越し情報
URL:moving-infomation.net/ryokin/ryokinsoba/kanto-kyusyu/23.html

【2】引越し手続きガイド
URL:www.jmb21.com/hikkoshi/fukuoka-tokyo-souba.html

冷蔵庫の運搬に必要な費用の相場は?

冷蔵庫の荷造りや運搬は引越しの際に非常に手間が掛かる作業です。
引越し業者に運ぶ方もいれば、自力で運んだり、運ばずに処分される方と様々な方がいるかと思います。
今回は冷蔵個の運搬についての値段の相場や冷蔵個の処分の方法についてご紹介していきます。

冷蔵庫を運搬してもらう3種類の方法

基本的に冷蔵個をはじめとする大型家具を新居に運ぶ方法は下記の3種類です。

1 引越し業者に依頼

一番オーソドックスな運び方だと思います。
クロネコヤマトの『らくらく家財宅急便』料金見積フォーム(form.008008.jp/mitumori/PKZI0100Action_doSearch.action#main)
で見積もってみると、サイズによって違ってはきますが一人用の冷蔵個だと同一県内の移動で
約6000円~12000円が相場です。

2 軽トラックをレンタルして自力で運ぶ

軽トラックをレンタルしてし自力で引越しをする場合、軽トラックのレンタル費用で5,000円〜10,000円程が相場のようです。しかし、自分で運ぶことになるので、手間が掛かりますし、トラックに載せるときに故障してしまう可能性があるので注意が必要です。

3 宅配便で送る

大型荷物専門便で新居へ送る場合、同じ都道府県内の移動でも10,000円〜15,000円程度掛かります。

それぞれ値段はあまり変わりがなく冷蔵個のみを運んでもらうのであれば、引越し業者に頼むのが一番安全で、コストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

<

h2>冷蔵個を運搬せずに処分したい場合は?
中には冷蔵個を運搬せずに、新しい冷蔵庫に買い替える人もらっしゃる方がいるかもしれません。
その場合は冷蔵個の処分をしなければなりません。
処分をするには以下の3つの方法があります。

1 家電販売店に依頼する

新しく冷蔵個などの家電を買い替える場合は、購入した小売店に、冷蔵庫の回収の依頼がかのうです。しかし小売店に古い冷蔵個の回収を頼んだ場合はリサイクル料金と収集運搬料金が発生するので、値段は新しい家電の購入の際に併せて確認するようにしてください。

2 ネットショップやリサイクルショップで買い取ってもらう

品質や型式によって買い取ってもらう値段は異なりますが、ネットショップやリサイクルショップに
家電を売りにだすことで、売買が成立することで現金を手にすることができます。
例えば、メリカリ(URL:mercari.jp/)というスマートフォン向けアプリでは売りたいものをカメラに
撮って約3分で出品できるのでお手軽です。

3 リサイクル料金を支払い、指定場所へ直接持っていく。

買いかえる為の家電量販店や売りにだすためのリサイクルショップや小売店が
遠方にある場合や、自分で処分した方が早い場合には、この方法が良いと思います。
郵便局でリサイクル料金を支払いリサイクル券を手に入れることで、
地域が指定する指定取引場所に直接運べば処分してくれます。
自力で運べない場合は運搬費用が発生しますが、地域の指定業者に
依頼することで運んでくれます。

それぞれの処分費用がどれくらいなのかしっかり確認をし、
直前になって処分しようとすると時間や手間の負担が大きくなるので、
早めに手配を進めるようにしていきましょう。

参考サイト
【1】SUUMO
URL:hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/qa/12.html

【2】HOME’S
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/prepare/furniture/refrigerator/

【3】冷蔵個のみの引越し・輸送料金相場
URL:xn--68jt81hi2iema978mzpk.jp/souba.html