Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php:270) in /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
引越し価格交渉テクニック

引越し価格交渉テクニック

単身で引越しを行う際の値段の相場の調べ方

単身引越しに掛かる料金の相場

単身引越しに掛かる料金として、
20キロメートルの近場の場合は約3万7千円、
50キロメートルの場合に約4万3千円、
200キロメートル以内の長距離では5万7千円が
相場となって来ます。

相場より安い値段で引越しが可能になる3つの裏技

一人暮らしの場合荷物は比較的少なくて済む場合が多いので、
工夫次第では相場より安い値段で引越しが可能な場合があります。
そこで引越しの値段を安くする裏技をご紹介します。

1 梱包はできる限り自分で行いましょう

荷造りや荷解きを業者に任せると作業は楽になるのですが、
このような便利なサービスは決して安くありません。
節約を考えるのであれば、できる限りの荷造りや荷解きを
ご自身で行われることをおすすめします。
また、見積りの際、「ダンボールや梱包用品等はサービスですよ」と
言われて無料で貰えるのですが、
「ダンボールや梱包用品は必要がありません」と伝えて、
梱包用品を自分で揃えると多少値段が下がる場合があります。
しかし、あまり値段が下がらない場合もあるので、
どれくらいお得になるのかを引越し業者に確認する必要が
あるのでしっかりと確認をするようにしてください。

2 引越し業者の都合に合わせてみましょう

『フリー便』という、こちらから引越しの開始時間を指定するのではなく
引越しの時間を完全に引越し業者の都合に合わせるサービスがあります。
このフリー便を活用すると料金はかなり低く設定されます。
午前なのか、午後なのか開始時間が全くわからないので、
荷物が多い方は作業時間が長くなった場合は夜まで時間が掛かる可能性が
あるのですが、時間に余裕を持つことが可能でしたら検討してみることをおすすめ
します。

3 荷物を減らしましょう

荷物の量を減らすことで引越し料金を抑えることが可能になります。
荷物が減ると新たな引越し先でもゴミの片付けに時間を取られることが
なくなります。
例えば1年間着てこなかった衣類など、この際不必要なものを処分してみては
いかがでしょうか。

更に相場より安い値段で引越しを可能にするには

上記でできる限り単身で引越しを行う際に引越し料金を抑える裏技を紹介しましたが、
いざ引越し会社に会社に依頼するときにも気をつけて欲しいことがあります。
それは1社だけの料金で依頼を決めないで欲しいということです。
1社だけでもしかすると、とても安くサービスが良いという場合がありますが、
そのようなケースは本当に稀なことです。
必ず複数の業者に相見積もりを取り、値段の比較をおこなってください。
値段の比較を行うことで、各引越し会社の値段の相場がわかり、
一番安い引越し料金で引越しが可能な業者がわかります。
複数の業者に見積もりを出すには、引越し一括見積もりサイトを活用すると、
わざわざ電話で見積もり依頼をする手間が掛からずにすむので便利です。
いくつかおすすめの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

引越し戦隊

2015年3月上旬スタート予定で業界初の最安値を保証する見積もりサイトです。
URL:hissen.jp/

引越し侍

引越し侍を実際に利用された方の引越し業者の感想がリアルに
記載されているので、作業員の対応やサービスの質が一目でわかります。
URL:hikkoshizamurai.jp/

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の利用者が累計350万を突破しており、
94%の方が次回も利用することを希望されております。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

単身引越しの費用の相場の調べ方

単身引越しをする時にはどうしても気になるのが
単身引越しに掛かる費用の相場ではないでしょうか。
今回は単身引越しの費用の相場の調べ方について紹介していきます。

オフシーズン(5月~2月)の引越し料金の相場

まず、単身の方の引越し料金のおおよその価格を知って頂きたいので、
下記の表にまとめましたのでご参考にして頂ければと思います。

移動距離 単身
近距離(20㎞以内) 約38,000円
近距離(50㎞以内) 約43,500円
中距離(100㎞以内) 約57,000円
長距離(200㎞以内) 約60,600円
長距離(300㎞以内) 約74,000円

引越し単身パックの相場を調べる方法を参考: www.npo-emba.org/

本当に自分の必要な引越し費用を知るには

上記はあくまで平均的な相場になりますが、
実際は引越し業者によってサービスや金額が異なる為、
例えば50キロメートル以内の引越しの場合でも
A社 45,000円
B社 32,000円
C社 30,000円
とかなりの金額に幅が生まれます。
ですので、自分の知りたい引越しに掛かる料金を知るためには
複数の業者に見積もりを出すことが必要です。
しかし、複数の業者に料金を確かめる為に1社1社に電話を掛けるには
時間と労力がいることです。
その労力と時間を省くのにおすすめのサービスが、引越し一括見積もりサイトです。
引越し一括見積もりサイトを活用することで、大手に頼むべきなのか、
地域密着型の業者に頼むべきなのか、
細かく値段やサービスの比較が可能になるだけでなく、
提示された料金を元に値引きの交渉も可能になるので、
しっかり引越し会社の相場を理解をし、引越し料金を下げていきましょう。

是非とも活用して頂きたい引越し一括見積もりサイトの紹介

引越し戦隊

3月上旬にリリース予定のサービスです。
実質0円で引越しが可能になるキャッシュバックのメニューがあるなど、
他の一括見積もりサイトにはないサービスが取り揃えられています。
URL: hissen.jp/

引越し侍

大手の引越し業者」や「地元密着の引越し業者」の口コミが
掲載されており、実際に引越し侍を活用した方たちの生の声なので、
安心して業者に依頼することができます。
URL: hikkoshizamurai.jp/

ズバット引越し比較

220社以上の引越し業者と提携しており、
大手の業者や地域密着型の業者と
幅広い見積もりを依頼することが可能です。
URL: www.zba.jp/hikkoshi/

単身で引越しを行う方の為の格安業者を見つける手順

格安業者を見つけるために必ず活用して欲しいサービス

格安業者を見つけるには、
まず引越し一括見積もりサイトを活用し業者から
提示される見積もり料金の比較をすることをおすすめします。
なぜなら、都内から都内の単身での引越しという同じ条件を
業者に見積もりを依頼した場合でも、
A社・・・35,000円
B社・・・25,000円
C社・・・43,000円
と同じ条件で作業内容もあまり変わらずに
30%~50%は値段に差が生じます。
そのため、1社目の良い値だけで決めずに複数の業者から
見積もりを取ることで引越し料金の比較ができるので、
格安の業者を見つけるために是非とも一括見積もりサイトを
活用していきましょう。

引越し一括見積もりサイトの利用方法と流れ

続いて、引越し一括見積もりサイトの利用方法についてなのですが、
『引越し侍』という引越し一括見積もりサイトを例にすると、
まずトップページに現住所の郵便番号、引越し先の都道府県、
引越しタイプを入力するフォームがあります。
人気ランキングの上位の業者に予約するか、総合的に業者をじっくり
比較するかを選らんで入力をしてください。
※トップページ(http://hikkoshizamurai.jp/)

トップページから必要事項を入力すると、
今回は最大10社比較の入力フォームから
入力をしたのですが、
下記の画像のページに飛びます。

  • 利用者の住所氏名
  • 現在の住所
  • 引越し先の都道府県
  • 引越し希望日
  • 引越し人数
  • 運搬する荷物の情報 等

質問事項はサイトによって異なりますが、
質問事項に沿って入力をするようにしてください。

見積もりサイトに情報を入力する上での注意点

見積もり料金を正しく算出するためにも荷物量を正確に
入力をする必要があります。
入力し忘れた荷物があり、後に「見積もりと違っていた!」という
トラブルを未然に防ぐためにも引越し時に運ぶ荷物量は正確に
把握をするようにしましょう。

引越し侍の他にもおすすめできる引越し一括見積もりサイト

引越し戦隊

3月上旬にリリース予定の引越し一括見積もりサイトで、
『最安値を保障でききる引越し一括見積もりサイトは
引越し戦隊だけ』と謳っているように、
他のサービスにはない機能やキャッシュバックメニューが
取り揃えられています。
URL:hissen.jp/

ズバット引越し比較

引越し祝い特典や期間限定のキャンペーンが
多数あり引越しが決まっているのであれば、
利用しない手はありません。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

SUUMO引越し見積もり

見積もりを出せる業者の数が、
30社ともっとも多くの会社に見積もりを
出すことが可能です。
URL:hikkoshi.suumo.jp/

単身の方が安い値段で引越しを行うポイントと注意点

単身の方が引越しの準備をするときに、まず気になるのが引越し業者に
支払わなければならない費用ではないでしょうか。
その料金が安くなれば皆さん嬉しいですよね?
今回は単身の方が安い値段で引越しを行うポイントと注意点について
紹介していきます。

運ぶ荷物を極力少なくする

引越し料金の決め方は以下の4つの要素で決まります。

  • 作業員の人数(人件費)
  • 荷物の量
  • 移動距離
  • 附帯サービス(例 エアコンの取り外し・設置)

この4つの要素のうち、引越しに運ぶ荷物の量は今のままで良いのか
もう一度確認して欲しく思います。
なぜなら、例えばトラックが2トンロングでなければならなかったのが、
荷物の量を減らすことで2トンショートになった場合値段は安くなります。
このように、荷物が少なければその分料金も比較的安くなるので、
引越しに運ぶ荷物の量は今のままで良いのかをしっかり確認し、
引越し後に支障の来たさない物は処分し、荷物の量を軽くしていくことを
おすすめします。

可能であれば引越し業者に都合に合わせる

朝一番から作業を行い1日で引越し作業を終わらせてしまいたいので、
朝からの引越しを望まれる方が多く、その分料金が掛かるのですが、
引越し日だけを指定し、時間は業者都合に合わせる『フリー便』を
活用すると午前から引越しを始めるより料金が格段に安くなります。
しかし、午前中に大きな引越しを終えてから引越しが始まることが多いため、
午後何時にトラックが到着するか分かりません。
引越し荷物が多い方にはあまり向きませんが、
あまり荷物が少ない単身の方であれば、フリー便の活用を検討してみては
いかがでしょうか。

なるべく繁忙期の引越しを避ける

引越しを希望する方がもっとも多いのは3~4月と言われています。
3~4月は転勤、就職、進学などで新生活を迎える人が多く、
引越の数も多いため、引越し業者が忙しく料金が割高にる傾向です。
しかし、3月は繁忙期と言えども、まだ2週目を過ぎるまでは
通常と変わらない値段で引越しが可能です。
気をつけて頂きたいのは、3月21日を超えたあたりから徐々に上がり始めます。
これは例なのですが、とある引越し業者さんでは通常3万円で済む様な引越しが、
21日を超えたあたりから倍以上になり、末には10万円と言われることがあるそうです。
引越し希望日がすでに決まっている場合は仕方ありませんが、
繁忙期は通常より3倍以上値段が上がることを覚悟してください。

一括見積もりサイトのサービスを利用する

引越し料金はたとえ同じ条件で見積もりを出したとしても、
A 35,000円
B 42,000円
C 27,000円
と料金に差が生じます。
ですので、1社目だけの良い値で依頼をすることは絶対に損ですし、
必ず、複数の業者から見積もりを取って、料金を比較しておくようにすることを
おすすめします。

おすすめの一括見積もりサイトを紹介します。

引越し戦隊

3月の上旬にリリース予定で、
実質無料で引越しができる夢のような
キャッシュバックメニューがあります。
URL:hissen.jp/

ズバット引越し比較

提携している引越し会社は220社以上あり、
荷造りや手続きを手早く済ませるコツなど引越しに必要な
情報が満載の見積もりサイトです。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

SUUMO引越し見積もり

その場で見積り金額がすぐに確認することができるのが
特徴です。
URL:hikkoshi.suumo.jp/

参考サイト
【1】引越しのコツと業者の選び方
URL:hikkosi-guide.net/price/hanboki.html

単身の方が費用を欠けずに引越しを行える節約術

誰もが、引越しをする際に引越しに掛かる費用を抑えたいと望むことだと思います。
そんな単身の方が費用を掛けずに引越しを行える節約術をまとめてみました。

引越し費用を抑えたいのであればなるべく3月末の引越しを避けましょう

3月~4月の時期は、年度初めと言うことで転勤や入学などの時期で、
最も引越しが増える時期になります。
ですので、釣りをするときに仕掛けを入れるとすぐに魚が食いつてくるように、
引越し会社がほぼ何もしていなくても引越しの依頼が舞い込んでくるので、
かなり引越し会社が忙しくなるため、料金も高騰する傾向にあります。
とある引越し会社では、同一県内で単身の方が引越しをされた場合に
通常では3万円前後のところを3月の末に引越しを望んだ場合に10万円を
超える業者もあるほどです。
どうしても3月から4月の間に引越しをしなければならないのでしたら、
まだ3月の2週目までなら通常と変わらない値段で引越しができる傾向にあるので、
前倒しが可能ならば前倒しをすることを視野にいれてみるべきでしょう。

引越し会社の都合に合わせる

一般般的に、確実な時間指定のできる午前便は高く、時間の指定が難しい午後便は
安くなることが多いです。
また、完全に引越し会社の都合に合わせる『フリー便』は、時間の都合を合わせることが
できないため、長距離の移動の場合に引越しを終わらせるのに時間が掛かるなどのデメリットは
ありますが何時に来ても大丈夫という心構えがあるのでしたら『フリー便』はおすすめのプランです。

運ぶ荷物を減らす

引越しには運ぶ荷物の量により料金が左右されます。
つまり、荷物を減らせば、引越し料金を安くすることが可能だということです。
荷物を減らすためにまずは引越し先で不要になるものをリストアップすると良いでしょう。
例えば、1年以上着用していない服や何年も使用していない食器や物はありませんか?
これらはおそらく今後も使う可能性が低いと思われますので、引越しを良い機会だと思って、
処分することを検討してみてはいかがでしょうか。

引越し一括見積もりサイトを活用し複数の業者に見積もりを依頼する

1社目に引越し料金の見積もりを出し、サービスがよくて安いと思っていても、
2社目が1社目より安くサービスも1社目の業者と同等のサービスを受けられるというケースは
よくあることです。
複数の業者から見積もりを出すことでそのようなことがなくなり、料金やサービスの比較が
できるため、1番安い引越し業者がひとめで分かるだけでなく、たとえば1社目の引越し会社に
2社目の料金の情報を伝えて2社目より安くなるように交渉を持ちかけることも出来るように
なります。

そんな活用するとお得な引越し一括見積もりサイトを紹介していきます。

引越し戦隊

最大20社の引越し業者に見積もりを出すことができ、
必ず最も安い業者に依頼できることが特徴です。
URL:hissen.jp/

引越し侍

引越し予約・一括見積もりサービスを利用して実際引越しをされた方の
口コミ件数が6千件以上あり、見積り料金だけではなく作業員の対応やサービスの質を
チェックすることが可能です。
URL:hikkoshizamurai.jp/

ズバット引越し比較

この引越し一括見積もりサイトはユーザー数が累計で
350万を超えており、沢山の信頼と実績があります。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

参考サイト
【1】引越し料金を安く抑える方法
URL:www.hikkoshi-price.jp/simulation.html

単身の方が引越しの際に時間を掛けずに見積もりを依頼する方法

時間を掛けずに見積もり依頼をしたいならこの方法です

時間や手間が掛からないように、
引越し会社に見積もりを出したいのでしたら、
一括見積もりサイトを活用すつことをおすすめします。

本当に一括見積もりサイトを活用すると手間が掛からずに見積もりを出せるのか?

どの引越し業者が自分のエリアに引越しが対応しているかを、インターネットにしろ、
電話帳にしろ、調べるだけでも結構な労力と時間が掛かります。
それに比べて一括見積もりサイトは、自分の基本的な情報を入力するだけで、
自分の対象としているエリアの引越し会社の情報だけを即座にわかり、
引越しに掛かるおおよその金額がわかります。

手軽さの他にもある一括見積もりサイトを活用する2つのメリット

1 複数の会社に見積もりを頼めるので料金の比較が簡単

引越し料金は同条件で依頼をしたとしても、
その会社のスケジュールの状況や対応している荷物の分野やエリアなど
業者によって異なるため、料金に差が生じます。
その差がどれほど生じるのかを引越し一括見積もりサイトを
活用すれば、1社だけに見積もりを出すのではなく、
最低10社以上に見積もり依頼ができるので、
比較が簡単にできるのです。

2 サイト独自のキャンペーンがある。

例えば、引越し一括見積もりサイトの一つに『ズバット引越し比較』には、
「ピザ無料」「宅配食材50%OFF」「本・CD・DVDの買取金額10%UP」など、
利用者限定特典を大量に用意されています。
このような独自のキャンペーンは一括見積もりサイトによって異なるので、
活用する前に確かめると良いでしょう。

ただし、良いことばかりではありません

一度に複数の業者に見積もりの問い合わせを入れことになるので、
当然その分だけ業者からの連絡が来ることになります。
中には昼夜問わずに電話営業をしてくるというような悪質な
業者が中には存在します。
見積もりの逃がしたくないという業者側の心理なのですが、

複数の業者の電話の対応からあなたを救う救世主

『引越し戦隊』という引越し一括見積もりサイトが、
3月の上旬にリリースされる予定なのですが、
この引越し一括見積もりサイトは、
一般的な引越し一括見積もりサイトとは違い、
『引越し戦隊』のスタッグが引越し業者の変わりに
お客さんの見積もりの対応をしてくれます。
ですので、何通も引越し業者から電話が
掛かってくる心配がないので、昼夜問わずに電話営業をしてくると
いった心配はありません。
URL:hissen.jp/

このように、引越し一括見積もりサイトを活用することは、
時間があまり取れくて依頼する時間が無いという方には
有効なサービスです。
また、複数の会社に見積もりを出すことが可能なので、
少しでも引越し料金を抑えたいという考えの方も積極的に
活用してみてはいかがでしょうか。

参考サイト
【1】引越しのウラオモテ
URL:www4.ocn.ne.jp/~corgies/ikkatsu.html

家族で引越しする予定がある方に伝えたい引越しがスムーズに行えるポイント

家族で引越しの予定がある方へ、今回は必要な段取りやスムーズに引越しが
行えるポイントについて紹介していきます。

家族での引越しをする準備がスムーズに進む3ステップ

家族で引っ越しをする際、何から手をつけていいのかわからない方がいると
思いますが、基本的におこなうことは以下の3ステップです。
ステップ1 引越しに掛かる料金の相場を知る
ステップ2 引越し業者を選定する
ステップ3 引越し準備に取り掛かる

順番に説明していきます

ステップ1 引越しに掛かる料金を知る

荷物の量や引越す時期によって、引越し料金が大きく変わってくるのですが、
下記の図ではオフシーズンと繁忙期(3~4月)の時期に分けて料金の相場を
表記しました。

移動距離 2人家族 4人家族
オフシーズン 繁忙期 オフシーズン 繁忙期
近距離(20km以内) 約46,000円 約60,000円 約62,000円 約80,000円
近距離(50km以内) 約52,700円 約68,500円 約72,800円 約94,600円
中距離(100km以内) 約69,000円 約89,700円 約78,000円 約100,000円
長距離(200km以内) 約80,800円 約105,000円 約96,000円 約125,000円
長距離(300km以内) 約113,000円 約147,000円 約162,800円 約211,700円

参考サイト 引越し侍URL:hikkoshizamurai.jp/type/family/#step4

ステップ2 引越し業者を抑える

だいたい1ヶ月前に引っ越し業者を選び、予約をするようにしましょう。

1円でも引越し料金を安く抑えたいという場合に引越し会社を選定するには、
引越し一括見積もりサイトから複数の業者に見積もりを頼むことで、
複数の業者から提示された料金をそれぞれ比較することをおすすめします。

おすすめ引越し一括見積もりサイト

引越し戦隊

3月上旬にリリース予定で、
業界初の最安値を保障してくれる見積もりサイトです。
他社の見積もりサイトとは違い引越し戦隊のスタッフがすべて対応するので、
複数の業者から電話が掛かってこないところも特徴的です。
URL:hissen.jp/

引越し侍

フォームに現住所と引越し先の都道府県、引越しのタイプ、ユーザー情報と
荷物の詳細を入れるだけで最短1分で見積もり料金がわかります。
URL:hikkoshizamurai.jp/

HOME’S 引越し 見積もり

『引越しのポイント」や引越し前の「引越しチェックリスト」、
引越し用語集など引越しに役立つ情報が満載です。
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/

ステップ3 引越し準備を始める

スケジュールの立て方として

1ヶ月前

  • 賃貸の場合は退去連絡
  • 新居先の情報の把握
  • 運ぶ荷物の把握
  • 引越し会社の手配
  • お子さんがいる場合は学校に連絡

2週間前

  • 公共料金の手続き
  • ゴミだし
  • 転居手続き

前日

  • 荷造り

が主な段取りになります。
引越し時に必要な各種手続きは以外に多いので、後回しにしておくと、
どの手続きが済んで、まだどの手続きをする必要かがわからなくなり、
逆に手間がかかる可能性があるので、面倒だと思わずに必要は手続きは
早めに済ませておくことをおすすめします。

スムーズに段取りを組むには家族全員の協力が必要不可欠です。
一人ではなく、役割を分担することでスムーズに引越しが出来ますので、
家族全員で引越しを成功させて欲しく思います。

参考サイト
【1】nanapi
URL:nanapi.jp/74701

引越し先が近距離の場合に単身の方向けのお得な引越し方法

引越しは長距離の引越しだけを取り扱っているだけではない

よく、引越しは新生活のために田舎から都会に出るということを
思い描く方がいらっしゃいますが、何も長距離の引越しだけを
業者が取り扱っているということはありません。
都内から都内といった近距離の引越しも沢山の業者が扱っているので
近場の場合でもt安心して引越し業者に依頼をして頂ければと思います。

近距離の引越しをお得にする方法

まず近距離の引越しをお得にする方法について紹介する前に、
近距離で単身引越しを行ったときの相場を知って頂きたいので
ご紹介します。

移動距離 単身(荷物量不通) 単身(荷物多め)
近距離(20km以内) 37,805円 44,315円
近距離(50km以内) 43,595円 45,980円

オフシーズン(5月~2月)の引越し料金相場(引越し侍引用:hikkoshizamurai.jp/price/souba/

では、近距離の引越しをお得にする方法について紹介していきます。
方法は主に2つです。

1 引越し一括見積もりサイトを活用し複数の業者から見積もりを取る

上記で紹介した相場はあくまで平均的な相場であり、
実際に引越しに掛かる料金は引越し会社によって様々です。
そのため、引越し一括見積もりサイトを活用することで、
一番安い業者が見つかることが可能になりますし、
値段の交渉が有利になります。

おすすめ引越し一括見積もりサイト

引越し戦隊

引越し代金が実質0円になるキャッシュバックメニューが取り扱われていたり、
必ず最も安い引越し業者を紹介してくれるのが特徴的です。
URL:hissen.jp/

ズバット引越し比較

利用者数が追啓350万人を超えており、
引越し会社の比較だけでなく、家事セラピストの方が
様々な引越しに役立つ情報を教えてくれる見積もりサイトです。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

引越し侍

こちらも様々な引越しに役立つ情報が記載されており、
見積もりを行う際にもランキングや口コミで人気業者が一目でわかるように
なっています。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 フリー便を活用する

フリー便とは引越し日だけを指定し時間は業者都合に合わせて引越しがおこなれる
ことを言います。
業者都合に合わせなければならないので、料金が相場より遥かに安くなることが
多いです。
ですので、移動距離が短く、作業も短時間で終わり、時間に余裕がある引越し
にはおすすめのプランです。

3 自力で引越しをする

大きな家具が特になく、マイカーを持っている、もしくはレンタルするなどの引越しに必要な条件が
整っており、自力で引越しをするほうが安いと判断した場合は自力でお引越しをされて問題ないと
思います。
しかし、マイカーを持っている場合はかまいませんが、レンタルをする場合の費用や、引越しに掛かる時間などしっかり考えた上で行うことをおすすめします。

繁忙期は値段が5倍以上跳ね上がることを覚悟してください!

上記では単身の方がお引越しをする際に料金を抑えるお得な方法について
紹介したのですが自力で引越しすることを除いて、引越し業者に頼む場合、
上記の方法を活用したとしても料金を安く抑えることがとても厳しい
時期があります。
とある引越し会社の営業担当の方からお伺いしたのですが、
近距離の場合に単身の方がフリー便で2月中旬2万前後、2月末は3万前後で済むのが、
3月21日を過ぎると、その時期には引越しの準備が整いはじめ引越し会社に依頼が
殺到するために、徐々に値段があがり始めるそうです。
そして、3月28日以降から末まで10万円まで高騰するそうです。
また、3月末には引越し会社も依頼が殺到しているため、なかなか依頼することも難しいので、
この時期に引越しをする方は5倍以上跳ね上がることを覚悟してくださいね。

参考サイト
【1】引越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/mamechishiki/chigaiha.html

単身の方が引越しを行う際に料金の相場を下げるために知っておきたい ポイント

引越し安くするぞ!

引越しを行う際にもっとも気になることは引越しに掛かる料金ではないでしょうか。
単身の方が引越し料金を下げたいと思うのは多くの方が抱いてることだと思います。
今回は単身の方が単身引越しを行う際に料金の相場を下げるために知っておきたい
ポイントを紹介していきます。

引越しのオフシーズンを狙いましょう

引越しをする際にもっとも忙しいのは、
新学期や新生活が始まる時期でもある3~4月です。
この時期は繁忙期と呼ばれ、引越し会社がもっとも忙しく、
単身の方の引越し希望者が多い月なので、引越し料金がものすごく高くなります。
その次に引越し希望で多いのが夏休みや春休み、年末年始の月なのですが、
その会社や学校が休みに入る時期を避けて、11月や12月は引越しが少なくなる
月で他の月の相場より値段が安く、引越しをするのであればこの月がおすすめです。

12月に引越しをするときの注意点

12月は以上の理由から引越し料金の相場を安くするのに
丁度良い月なのでが、年末に近づくに吊れて引越しを希望される方が
増えるために12月前半より値段が上がる可能性が十分にあるので、
その注意が必要です。

その他単身の方が引越し料金の相場を下げることができるテクニック

オフシーズンを選ぶ以外にも、引越し料金の相場を下げることができるテクニック
があるので紹介します。

1 複数の引越し会社から見積もりを取る

複数の引越し会社から見積もりを取ることで、
1社の見積もりだけではわからないサービスや値段を把握する
ことが可能になります。
短時間で複数の業者に見積もりを出すには、
引越し一括見積もりサイトをの活用が有効です。

おすすめ引越し一括見積もりサイト

引越し戦隊

最も引越し料金が安い業者がひとめで分かるだけでなく、
引越しをする際にお得なキャッシュバックメニューが豊富です。
URL:hissen.jp/

引越し侍

ラジオやテレビで多数CMが流れていることにより
注目されている一括見積もりサイトです。
引越しの際に役立つ情報がまとめられているので便利です。
URL:hikkoshizamurai.jp/

ズバット引越し比較

『ウェブクルー』というマザーズ上場企業が運営しているサービスです。
整理収納アドバイザーの専門家が引越しの悩みを解決できるようにアドバイスを
してくれています。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

2 土・日・祝日を避ける

引越しにはある程度まとまった時間が必要です。
そのために土日にしか時間がとれないという方が多いため、
平日は引越し会社があまり忙しくないことが多く、
結果的に引越し料金が安くなる傾向にあります。

3 業者の時間指定に合わせる

こちらから時間を指定するのではなく、
業者の都合に合わせるフリー便を活用することで、
午後からの引越しになるのですが、
その分料金が安くなります。

4 転居前の住居が賃貸の場合は掃除に力を入れる

転居前の住居が賃貸の場合は掃除に力を入れることで、
原状回復の必要があまりなければ、
解約する時に敷金が多く戻ってくる可能性があります。
この礼金を引越しの費用に充てると引越し料金を
さげることができます。

5 必要の無い荷物はリサイクルショップに売る

必要の無い物をリサイクルショップに売ることで、
物の品質によって違いますがお小遣いを手にいれることが
可能になります。
また、トラックに載せる荷物の量が減るので、
結果的に引越し料金を下げることになります。

参考サイト
【1】1番安い引越し
URL:www.hpovua.org/

【2】引越し料金LAB
URL:www.hikoshi-lab.com/2999

学生の方が引越しをする際に気をつけておきたいポイント

春になると進路や就職が決まって初めての一人暮らしを経験する学生さんが
多いことでしょう。
今回は初めての一人暮らしを経験する方のために向けて気をつけて欲しい
ポイントを紹介していきます。

進路や就職が決まっている場合は早めに依頼しましょう

3~4月は就職や入学など避けられない事情によって引越しを
希望する方々が急増します。
この時期を繁忙期と言うのですが、この時期は3~4月以外の月に
引越しをするときと比べて料金が3倍以上跳ね上がるケースがあります。
ですので、進路や就職が決まっている場合は早めに依頼することで
引越し料金を節約するように心がけた方が良いでしょう。

引越し料金を更に節約するために活用しておきたいサービス

進路や就職が決まっている場合は早めに依頼することで、
引越し料金を節約することができるのですが、
更に節約したいとお考えであれば活用して欲しいのが
引越し一括見積もりサイトです。
引越し一括見積もりサイトは複数のサイトに見積もり依頼をすることが
できるサービスで、1社だけでなく複数の業者の引越し料金がわかるように
なります。
最も安く引越しができる会社が見つかったり、値段交渉をすることで料金を
安くすることができるので是非活用して引越し料金を節約していきましょう。

おすすめ引越し一括見積もりサイトを紹介します。

1 引越し戦隊

最大20社の引越し会社に見積もりを出すことができ、
最安値で引越しができることを保障されているので、
引越し料金を節約したいとお考えの方にぴったりです。
URL:hissen.jp/

2  引越し侍

全国220社以上の引越し会社と提携しており、
口コミ件数が累計6700件を突破しているので、
業者の評判がまるわかりです。
URL:hikkoshizamurai.jp/

3 ズバット引越し比較

引越し侍同様に全国220社以上の引越し会社と提携しており、
引越しの際に役に立つコンテンツが満載なので、
困ったときはズバット引越し比較を活用すると、
問題が解決できるのではないでしょうか。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

新居で何を揃えれば良いのかチェックシートをつくりましょう

初めて一人暮らしをするという場合は、家電や家具を新しく買う
ことがほとんどだと思います。
そのために何が必要なのかチェックリストをつくっておくことで、
すぐに必要なものと、あとから買い足せば済むものの分類することが
可能になります。

チェックリストを作る上で2つの注意点

1 予算を決めて無駄使いがないようにしましょう

必要な物を揃えるときに、テレビやベッドなど値段を決めずに漠然と
お店に行ってしまっては、新しい物やすぐ目の前に入った物が気になってしまい、
無駄な買い物をしてしまうキッカケを作ることになります。
そうなるとあらかじめて予定していた予算を大幅に超えてしまうということも考え
られるので、個別に予算を決めるようにしましょう。

2 家電や家具のサイズをしっかり計りましょう

家電や家具製品の大きさは様々です。
しっかり計っておかなければ、例え気に入って購入したとしても、
部屋に置けないといったトラブルが起きるケースが多々あります。
また、コンセントの位置が遠くて電化製品が使えないケースもあります。
しっかりとサイズを図るようにし、新居でのコンセントの位置も把握しておきましょう。

学生の方がすぐに新生活をはじめられるおすすめ通販サイト

学生の方が初めての一人暮らしで何を揃えれば良いかわからなくても、
安心してすぐに新生活をはじめられるおすすめ通販サイトを紹介していきます。

一人暮らし通販.COM

新居の引越し日にあわせて指定同時宅配が可能な、
新生活に伴う必要なものをまとめ買いすることのできる通販サイトです。
URL:www.hitorigurashi-tsuuhan.com/index.html

大学生協

現役大学生の声を元に一人暮らしに必要なアイテムがセットで売られており、
何が必要かわからなくても大丈夫です。
URL:shinseikatsu.ne.jp/

参考サイト
【1】ズバット引越し比較
URL:www.zba.jp/hikkoshi/cont/case-student/

【2】引越し虎の巻
URL:www.leadingdesign.org/type/gakusei.html