Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php:270) in /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
引越し中に役立つ情報

引越し中に役立つ情報

引越し一括見積り”の便利でお得な3つのポイント

お引越しが必要になった時、皆さんはどういった方法で業者さんと連絡をとるでしょうか?一社ごとに自分でコンタクトをとっていては、連絡をするだけで一苦労ですよね。インターネットで“引っ越し”、“見積り”と検索をすれば、“一括見積り”というサイトが複数出てくると思います。引っ越し経験が10回を超える私は、いつも一括見積りを利用しています。使ったことの無い方は、いったいどういったものなのか想像がつかないかもしれませんので、今回は引っ越しの一括見積りの良いところをご紹介していきたいと思います。
 

1 必要項目を埋めるだけで、数社に連絡がいくこと

 
まず、一括見積りのサイトに入っていくと、必要事項欄の記入を求められます。記入することとして、氏名や連絡先はもちろん今の住所、引っ越し先の住所は必須事項です。ちなみに、まだ引っ越し先の物件を決めていない段階だとしても、例えば○○県の○○市に引っ越す、ということがわかっているというような場合は、住む予定の住所がある程度決まっているので見積りしてもらうことが可能です。
引っ越し業者は3月末から4月頭が繁盛期。皆さん転勤や新生活をスタートさせるとなると春が多いですから、そんな時期に一社一社電話して必要事項を話していてはラチがあきません。必要項目に情報を記入するだけで一気に見積りの申し込みが出来るので連絡するための時間も大幅短縮でき、大変便利なツールですので一度利用されてくださいね。
 

一括見積りのサイトベスト3を紹介します。

1位 引越し侍

1番にお勧めする一括見積りのサイトは『引越し侍』です。
この『引越し侍』は各社のサービス内容を見積もりを行う段階から比較が可能なので、条件に合った業者を選びやすい一括見積りのサイトとなっています。
大手の引越し業者はもちろん、地方や地域密着型の引越し業者まで幅広く情報を手にいれることができます。
『引越し侍』を利用する事で数ある業者の中から最大10社の見積り可能な会社の情報
を取得できます。(※ちなみに引越し侍の引越し仲介件数は累計1520万件を突破しています)。
利用方法は、
ステップ1 一括見積もり用のフォームに現住所と引越し先の都道府県を入力
ステップ2 引越しのタイプを入力
ステップ3 ユーザー情報と荷物の詳細を入力すれば完了。
このように入力項目が少なく、わずか3ステップで完了するので、
数分もあれば入力が完了する点も魅力の一つです。
TVCMも流れており、利用者も増加し、知名度が急上昇しているサイトでもあり
ます。
運営している会社は、東証1部に上場しているエイチームです。
引越し侍URL:hikkoshizamurai.jp/

2位 ズバット引越し比較

株式会社ウェブクルーが運営しており、
業者を選択する際に便利な引越し会社のサービス比較や会社別の満足度ランキングがあり、
上手な引越しの仕方について解説した引越しテクニックが満載です。
そして、220社以上の引越し業者から、ズバット引越し比較を活用することで、
最大50%料金が割引される可能があります。
また、見積もり条件を詳細に指定が可能なので、仮見積りと実際の見積もりの
ブレが少なくて済むという特徴があります。
ズバッと引越し比較:www.zba.jp/hikkoshi/

3位 HOME’S 引越し 見つもり

次に紹介するのは、『HOME’S 引越し 見つもり』というサイトです。
日本最大級の不動産情報サイト「Home’s」が運営しており、
『HOME’S 』が全国から厳選した100社以上の中から、引越し業者を紹介しています。
そして、このHOME’S 引越し 見つもりには、引越し前の「引越しチェックリスト」、「引越しのポイント」、引越し用語集など引越しを行う際に知っておきたい知識やノウハウがまとめられているので、引越しを行う際に
知識やノウハウにあわせて、実際に引越しをした方からの、引越し業者に対する満足度をランキング形式でご紹介されているので、これから引越し業者への見積りを考えているなら、利用する価値はあると思います。
HOME’S 引越し見つもり:www.homes.co.jp/hikkoshi/

参考にサイト
URL:【1】引越し一括見積りサイト口コミランキング kuchiran.jp/life/movingnavi.html
URL:【2】ALL ABOUT allabout.co.jp/gm/gc/396393/
URL:【3】引越し見積り比較 xn--68j9dya0821ax3ruifc5r1j1amx2agmiz5d.jp/ranking/index.html

2 引っ越し業者ごとの特徴を知ることができること

引っ越し業者はたくさんありますが、一体どこに違いが現れるのかがわからない方も多いはず。見積りから金額の相談までの間に行われる細かいやり取りが面倒で、つい会社などから斡旋された業者に即決してしまう人もいるくらいです。ですが一括見積りを利用すれば、引っ越し業者各社の特色というものを掴むことができます。
料金に差が出るということは、会社ごとの何らかの理由やサービスがあるからといって間違いありません。とある会社は梱包が本当に丁寧ですし、また違う会社はアフターサービスが本当に丁寧であったり…そういった特徴を知り、信頼できる会社に頼むことが可能になります。
 

おすすめする引越し業者の特徴

アリさんマークの引越社

この業者はグループ会社で従業員3,965名、車両台数1,351台台の大手引越し業者です
この会社では、全作業員「身元保証人」付制度を実施するなど、「安心」と「お客様本位」をモットーにしています。
 ですので、引越業者の規模、そして何か問題が起きたときの安心感はとても大きいものがあります。
 引越しプランは「家族で引越」「単身で引越し」「長距離の引越し」の3つから基本プランから選ぶことが可能です。

アート引越センター

アート引越センターは、本社が大阪府大東市にある「アートコーポレーション株式会社」という業者です。会社の従業員は2,130名、車両は約2,900台を所有している大手の引越し業者です。
「モノ」を運ぶだけでなく、「心のこもったサービスで新生活をお手伝いしたい」という理念を持っており、この言葉から安心感を感じ取れます。

クロネコヤマト引越センター

クロネコヤマト引越しセンターは、本社が東京都銀座にありヤマトホームコンビニエンス株式会社として運勢しており、5,138人の従業員の業者です。
クロネコヤマトというと配達業者で知られていると思いますが、
お得な単身向け割引サービスが複数用意されています。

参考サイト

URL 【1】アリさんマークの引越社:www.2626.co.jp/
URL 【2】アート引越センター:www.the0123.com/
URL 【3】クロネコヤマト引越センター:www.008008.jp/

3 料金の比較が出来、予算に合わせた選択が出来ること

最大のお得なポイントは、数社に連絡がいき見積もりをしてもらえることによって、それぞれの見積金額を比べることができるということ。同じ距離を同じ荷物運んでもらうわけですから、ご自分の予算の範囲内で、納得できるサービスを提供してもらえる会社を選ぶということが大事です。それを可能にしてくれる“一括見積り”、ぜひ利用してみてくださいね!

単身パックはなぜお得?気になる相場と安くする方法について

お得な理由について

1人暮らしで今から引越しを考えている方は、単身パックでのお引越しがおすすめです。
なぜかというと、通常のプランを頼むより、単身パックの方が断然お得だからです。
お得な理由は、まず運んでもらえる荷物の量が決まっているからです。家族での引越しだと、家族の人数や構成によって荷物の量にばらつきがありますが、1人暮らしの場合、荷物はあまり大きく変化しません。持っている家電にも大きな差がないため、概ねどの会社も2トントラックを準備し、そこに入る荷物を運んでくれます。大きなトラックを手配せずに済むので、あまり高い値段にしなくても済むのです。
また、作業員の人数も決まっています。荷物が多ければどうしても作業員も増えてしまいますが、単身パックだと2名、というように作業員の数が決まっているのです。荷物が少ない分、人手を割かなくてもいいので、これも値段を安く抑えられる理由の一つです。

費用相場について

単身パックでの相場は、3万円から5万円です。ばらつきがあるのは、繁忙期だと高くなってしまうためです。引越しする人が多くなる3月や4月の春先などは高くなりますし、それ以外の閑散期であれば距離にもよりますが安くなります。
もちろん、引越しする距離にも大きく関係してきます。首都圏内などの近距離であれば安く、地方から地方への距離がある場合だと、単身パックを使っても相場より高くなってしまうことは考えられます。時期、距離などを考慮に入れた上で値段を見た方が良いでしょう。
また、段ボールやガムテープなどがサービスで付いてくる場合もありますし、相場よりかなり安いと思っていたら、実はそれらの道具が有用オプションだった、という例もあります。単身パックのサービスも会社によって異なります。サービスもきちんと確認するようにしましょう。

以下に引越し単身パックのサービス内容を会社別にまとめました。

引越し単身パック(大) 引越し単身パック(小)
BOXサイズ 料金 BOXサイズ 料金
日通 1.88m3 18,900円 1.23m3 17,850円
クロネコヤマト 1.83m3 14,700円 1.40m3 13,650円
アート引越しセンター 1.85m3 16,300円 1.35m3 14,500円
アリさんマークの引越 1.87m3 17,900円 1.38m3 14,800円
アーク引越しセンター 1.86m3 16,700円 1.36m3 14,450円
ハトのマークの引越しセンター 1.85m3 15,800円 1.28m3 13,800円
引越しのサカイ 要見積もり 要見積もり

上記の表に載せている料金は一応の目安にはなりますが
使用する専用BOXの大きさが頼む業者によって違いますし、
引越しエリアや引越しをする時期などによって、料金が変わるため
一概にどの業者が安いと判断することはできません。
ではどうすればどの業者が安いと判断することができるのか?
安くするための方法を下記に記載しています。

参考サイト

URL :【1】引越し単身 xn--68jxj6btc847ydzovw0fe5b.jp.net/
URL :【2】徹底比較単身引越パック reproinc.com/

安くするための方法

引越しの料金を安くする方法は「見積もりを複数の会社から取る」ことです。今はインターネット上に、自分が持っている荷物を入力すると、複数の会社から見積もりを取ってくれるサイトがありますので、そこを使うと簡単です。見積もりは無料でやってくれますし、他の会社にも見積もりを頼んでいることを隠したりする必要はありません。
「他の会社だと単身パックで何万円だったのですが」というように切りだすと、そこより値段を下げてくれたり、サービスをしてくれたりすることが多いようです。また、単身パックを使いたい、ということをはっきりと初めに伝えておくと、値段やサービスの比較がしやすいので、見積もりのときに忘れず伝えておきましょう。
その他、自分の予算を初めに伝えてしまうという方法もあります。「この金額で収まるように引越しをしたい」と伝えると、そこから大きく外れた金額は提示されません。ただし、時期や距離などによってはどうしてもある程度の料金がかかってしまいます。相場を見てから交渉をしていくことも大切です。
単身パックで安く引越しをする方法、ぜひ試してみてください。

引越し業者に1社1社見積りを依頼するのが面倒なら下記3つのサイト
が便利です!

1 引越し侍

複数の引越し業者に見積りを行うことで最大50%安くなる可能性があります。
また、利用することで引越し代金が最大10万円キャッッシュバックなどのキャンペーンを行っています。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバッと引越し比較

この見積りサイトは、利用するとプレゼントで現金10万円もしくは1万円がもらえます。
はずれた場合でもQUOカード500円が100人に一人プレゼントされます。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

3 HOME’S 引越し 見積もり

複数の引越し業者に見積りを行うことで最大50%安くなる可能性があります。
HOME’S限定特典により、提携引越し業者のダンボールの無料サービスや、特別割引がされます。
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/

引越しトラブルに気をつけて

見積もり時の費用について

引越しを業者に依頼する場合にはまずは見積もりをしてもらってどの程度の費用がかかるかの目安を計算してもらいます。その査定そのものは無料であり、最近ではオンラインで引越しに必要となる荷物や搬入、搬出する建物の情報や場所について入力すると各社で、およそいくらで請け負ってもらえるかについて一括して計算できるようになりました。このため、最安の引越し業者を素早く見つけることが可能になりましたが、この方法には落とし穴があります。それはあくまで一般的にはこの程度の費用になるという値でしかないという点です。
個々の事情があると費用が上下しますが、ほとんどの場合には上がる方向に動きます。割引サービスが適用されないケースであったり、家具の形状が問題で割高になったり、取り扱いに注意が必要なものが混ざっていて追加料金がかかるなどと様々な理由によって見積もり時の費用よりも高くなってしまうことが多いのです。あくまで目安の金額でしかないと覚えておきましょう。

【基本的な引越し料金の算出方法】

引越し料金=トラックが~キロ走ったという距離や荷物の量(基礎運賃)+必要な作業の人数分の費用や使った梱包資材費(実費)+エアコンのクリーニングなどのオプション(オプション料金)で決まります。
以下にひとつずつ解説していきます。

基礎運賃

引越しのトラックが走った距離や移動時間によって、あらかじめ定められている料金を『基礎運賃』と言います。
荷物の量や、トラックのサイズも基礎運賃に関わってきます。

実費

必要な作業の人数分の費用やダンボール箱など荷造りに必要な梱包資材などにより発生する料金を『実費』と言います。
高速道路の活用など有料道路を使用する場合も利用料金が発生し、
これも交通費として実費に含まれます。

オプションサービス料金

『エアコンの取り外し・取り付け』『ピアノの調律や運搬』『お風呂・トイレなどの水周りの増改築』など引越しの際、付帯する作業にかかる料金を『オプションサービス料金』と言います。
業者によって値段が異なるので、
見積もりの際に、複数の引越し業者の『オプションサービス料金』を比較するとよいでしょう。
上記の、【基本的な引越し料金の算出方法】や、何に費用が発生するのか、覚えておくと、見積り費用のトラブルが軽減できると思います。

参考サイト

URL 【1】引越し侍:hikkoshizamurai.jp/price/
URL 【2】ズバッと引越し比較:www.zba.jp/hikkoshi/cont/hikkoshi-price/

支払いの流れや方法について

引越し費用は見積もりから依頼、搬出、搬入といった一連の流れが終わり、一通りの作業が終わった時点において現場の作業責任者に現金で手渡すというのが一般的でした。現在ではクレジットカードなどでの支払いも可能になっている他、安全のため口座振込等の現場以外での方法をすすめる会社も多くなってきています。見積もりを行って契約をする時点までに支払い方法は確認しておきましょう。そして、領収書をその場でもらうということを忘れてはなりません。
特にいくつものオプションがある場合には二重請求が問題になることがあります。現場で現金で払うことを選んだのに後から口座振込の請求書が郵送されてきてしまうことがあるのです。領収書があれば問題は解決するので、費用を支払ったら、領収書を受け取るという流れを忘れないようにしましょう。

見積り時の支払い方法例

引越し料金の支払い方法については、
前述でも書いたように、引越し業者が、荷物を荷造りや運搬など全ての作業が終わった後に、作業責任者に現金を手渡すのが一般的でした。
しかし、前述にも記載したように、
作業が始まる前に口座振込み
作業が終わった後に口座振込み
作業が終わった後にカードで支払い
など、引越し業者によっては複数の支払い方法から選択できるので、
支払い方法はどうなるのか、見積もり時などにしっかり確認しておくことを
おすすめします。
作業を行う前に「手付金」の要求には応じないように注意しましょう!

「作業を行う前に口座振込み」をするという支払い方法を選択しない限り、
作業日前にお金を引越し業者から要求された場合は、しっかり断るようにしましょう。
特に「手付金」や「内金」という名目で要求されるお金に関しては、
キャンセル防止などの目的で請求しているケースがほとんどなので、
作業日前に支払いを行う義務はまったくありませんので注意してください。
ただし、双方が合意の上で料金を前払いし、
しっかりと領収書をもらえるのであればこの限りではありません。
 
金銭に関わるトラブルは最も避けたいことですから、
しっかりと取り決めを行ってください。

参考サイト

 
URL :【1】引越しのミカタ www.hikkoshinomikata.com/gyosya/daikin.html
URL :【2】引越し業者はこう選べ xn--68jxa5796aywiko2ai7q.tv/erabikata/siharai.html

荷物について

引越しを実際に依頼する際には自分の荷物の状態を確認して写真に撮っておくことが大切です。梱包を自分で行うのなら段ボールの中身と閉じた外側もしっかり記録しておくことが重要です。これは万が一、自分の荷物が汚れたり破損したりしてしまっていたときにその弁償をお願いするときの証拠になるのです。もしそういった証拠がなかったらもともとそうだったと言われてしまいかねません。
また、ガラス細工の置物や入り組んだ形の道具などの 特に破損しやすいと懸念されるものを引越し業者に委ねるときには、そういうものがあるということを見積もりのときから話をしておき、作業が終わった時点で作業員が帰る前に目の前で無事を確認するようにしましょう。これもまたトラブル対策であり、引越し後に自分で壊してしまったという誤解を防ぐことができます。

荷物トラブル5つの事例

荷物が汚れていたり、破損など荷物に関するトラブルが沢山あるのですが、
主に代表的なトラブルを紹介していきます。

1 液晶テレビの画面に割れ目が招じていた!

『液晶テレビ』は、運搬中の振動に弱く、液晶パネルに傷がつきやすく、
破損しやすい家電です。
テレビが映らないので困るといったことがないように、
液晶テレビをしっかりと保護できるように、丁寧に梱包することが大切です。

2 パソコンの電源を付けると画面に黒い線が入っている!

『パソコン』は液晶テレビと同様に、搬送中の揺れや衝撃によって破損しやすい荷物です。
液晶テレビと同様に丁寧に梱包することが大切です。
そして、万が一を考えて、大事なデータは、引越し前に必ずバックアップをとっておくことをおすすめします。

3 ドラム式洗濯機が破損していた!

意外と思われるかもしれませんが、『ドラム式洗濯機』も引越しの際に破損しやすい荷物のひとつです。
ドラム式洗濯機を運搬する場合は、ドラムを固定するための『専用ボルト』が必要です。
『専用ボルト』の装着を忘れると、運搬中の揺れや衝撃でドラム部分が破損してしまう可能性があります。
ボルトは、製品の購入時に付属していることが多いのですが、
もしお手元に無い場合は、メーカーや販売店から取り寄せるなどをして、
引越し前に用意しておく必要があります。
あらかじめ、見積もり時に引越し業者へ伝えておくことで
運搬がスムーズにいくと思います。

4 引越しをした半年後、荷物が無くなっていることに気づいた!

『荷物の引渡し日から3ヶ月以内に引越し業者へ通知しない限り、責任が消滅する』と標準引越運用約款には記載されているので、引越し後に荷物が無くなっていることに気がついたら、
すぐに引越し業者へ連絡をするようにしてください。
もし、荷物の紛失に気づくのに3ヶ月以上経ってしまっていたら、
引越し業者に弁償をしてもらうことは難しくなります。
荷物の紛失がないように、引越しをおこなう際は作業員と一緒に
荷物の確認をすることで防ぐことができます。

5 当日来たのが日雇いやアルバイトなどの作業員ばかりだった!

3~4月は引越しの繁忙期と言われるのですが、
人員不足になりやすいため、日雇いやアルバイトなどの作業員を使う引越し業者が
増加します。
日雇いやアルバイトを使うことは違法ではありませんが
彼らは引越しのプロではないため、この比率が多くなれば多くなるほどトラブルが
起こりやすくなるのは否めません。
作業員が正社員かアルバイトか気になるのであれば、
見積もり時に作業員や補償について確認しておくことをおすすめします。

参考サイト

URL:【1】引越し侍 hikkoshizamurai.jp/useful/trouble/case.html
URL:【2】THE引越し www.hikkoshi.jpn.com/74.html
URL:【3】引越しポーターラビット porter-rabbit.com/category/trouble/