ペットと一緒に引越しする際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しは何かと忙しい作業ですが、気をつけなければならないことにペットの搬送があります。
ペットも大事な家族の一員です。
今回はペットの引越しについて注意点を紹介していきます。

ペットの搬送は行ってくれるのか?

ペットとのお引越しは色々とご心配なこともあるかと思いますが、
ヤマト、ハート引越センター、アート引越しセンターといった大手の引越し業者では荷物と一緒にペットも同乗が可能であったり、専門業者によるペット輸送の取り次ぎを行っているので、一度ペットの搬送が可能かどうか業者に尋ねてみましょう。

車で運ぶことが困難な場合は専門業者に依頼しましょう

車で運ぶことが困難な場合は専門業者に依頼してください。
おすすめの全国対応のペット引越し専門業者を紹介します

1 エイチケイEXPRESS

24時間365日年中無休で、日本全国どこでも運んでくれる業者です。
各種動物病院やペットホテルとも連携されていて、ペットの急病や飼い主さんの急用が発生した時の
送迎にも活用できます。
URL:www.hkexpress.jp/

2 湘南ペットハイヤー

ドアtoドアと、目的地から目的地までの直接輸送を基本としている業者です。
URL:www.shonan-web.com/

3 ワンダフル

輸送中のペットのトイレのお世話をしてくれて、価格帯も50キロで11,000円と価格がリーズナブルです。
URL:www.wonderfulpet.com/

引越し後の注意点

動物は人間よりデリケートな生き物なので、知らない新しい住居に突然引っ越すことになるので、
ストレスに感じるかもしれません。
ストレスにより、新居先の窓やドアを開けっ放しにすることで、ペットの犬行方不明ということも珍しくないことなので、目の届くように管理することと、ペットに負荷がかからないように休ませてあげましょう。

飼い犬の登録変更

猫や小鳥といった小動物のペットの小さい動物に関しては、
引越しに伴う手続きは特に必要ありませんが、犬については飼い主の登録変更手続きが必要です。
また飼い犬登録に関して引越し前の手続きは必要ないのですが、引越した後に新住所地の
市区町村役場、または保健所で飼い犬の登録変更を行う必要があります。

届出をする人

飼い主

用意するもの

それまで住んでいた場所で交付された飼い犬の鑑札(紛失した場合は再交付扱い)、狂犬病予防注射済証、印鑑

届出の期間

引越しした日から30日以内

届出をする場所

新規に引越しした住所の市区町村役所または保健所
引越し連絡帳引用:www.hikkoshi-line.jp/contents/MH_tetuduki/MH_tetuduki_07.html

飼い主がかわった場合も登録変更の届けをだしましょう

犬の飼い主が変わった場合も、犬の登録先に届出する必要があり、届出しなかったときは20万円の罰金か科料が課されますので必ず忘れないようにしてください。

参考サイト
【1】手続き・届出100
URL:tt110.net/18hikkosi2/O-inu-touroku.htm

【2】引越れんらくちょう
URL:www.hikkoshi-line.jp/contents/MH_tetuduki/MH_tetuduki_07.html

【3】ペットと引越し
URL:www.xn--68j2lpa4e4722a2i2c.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。