引越し費用の内訳と相場について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

料金の内訳について

引越しをするときに気になるのが引越しの費用です。一般的な相場は決まっており、費用の内訳として移動距離、ダンボール箱の量、家財道具の大きさ、オプションサービス、日にち、作業する人数によって料金が異なってきます。
移動先の住所が近いほど費用は安くなり、遠いほどガソリン代や高速代がかかるため高くなるのが一般的です。また多くの人が引越しを希望するシーズンの場合はシーズンオフのときに比べて費用が高くなります。企業努力によってできるだけ安く収めようとしてくれる会社もあるため費用をできるだけ安くしたい場合は様々な会社の見積もりを比較することが重要です。会社によって内訳が異なり、数万の差が出てくることがあります。作業の速さや実績によっても費用が異なるため自分の納得がいく場所に作業を依頼することが大切です。

金額の変動要因について

引越し料金は、当日作業をする人数や時期、平日か休日などで変動します。休日に引越しをしたいと思う人は多くそのような場合は平日に比べて料金が高くなることが通常です。また荷物の量が多い場合、作業をする人数は増え、人数が増えるほど料金が高くなる傾向があります。平日でも大安など新しい門出になる日として理想な日を選んだ場合は人気がある日にちとなるため希望する人が多く、これも費用が高額になる一つの要因となります。
引越し費用を安く済ませたい場合はシーズンを避け、できるだけ休日ではない日に移動をすることが重要です。そうすることで数万費用を安くすることが可能です。企業によって見積もり金額は異なり当日作業をする人が会社の社員かアルバイトかでも料金が異なります。作業をする人が増えるほど料金が高くなるため時間がかかってもいいので料金を安く済ませたい場合は作業をする人を減らすのも一つの方法です。

オプションサービス費用

引越しをするときは普通の作業に加えてオプションサービスを利用することも可能です。オプションサービスとして車の陸送やペットの輸送、インターネットの接続、不用品の引取りなどがあげられます。どれを選択するかは自分で選ぶことができ、オプションを選ぶことで引越し費用にさらに金額が上乗せされる形になります。費用は内容によって異なるため事前に確認しておくことが重要です。オプションを利用することでより快適な引越しをすることが可能となり、当日の負担を減らすことができます。また荷物を自分たちで詰めるのではなく、業者の人に依頼することも可能です。その場合はすべてをお任せすることができるため忙しい人に向いているサービスです。
大切なことは自分が満足のいく業者に引越作業を依頼することです。

主に費用が掛かるオプション

小物の荷造り・荷解き

小物の荷造り・荷解きを引越し業者が、
オプションサービスとして設定している場合は、
別で料金がかかります。

荷物の一時預かり

荷物の一時預かりサービスを無料で提供している引越し業者は、ほとんどありません。

洗濯機の取り外し・取り付け

洗濯機の取り外し・取り付けのどちらも、料金がかかる場合がほとんどです。

テレビ・アンテナの配線サービス

テレビやアンテナなどの配線を作業員の方に繋いでもらうことは、別で料金がかかります。

害虫駆除

引越し先の物件に飲食店が入ってい場合は、
搬入前の新居で害虫駆除を頼むと良いかもしれません。

盗聴器発見

多少料金が他のオプションに比べると高いのですが、
人の出入りが多いマンスリーマンションなどへ引越しする場合は、
依頼すると安心です。

他にもしっておきたい引越し金額の変動要因

物件の形態

マンション、アパートに住んでいる・もしくは引っ越す場合、エレベーターが使用可能なのか、不可能かによって、仮に不可能な場合は階段を使って作業をするしかないので、依頼を行う引越し会社のスタッフの作業量、作業時間が変わり、引っ越し料金にも影響が出る可能性があります。

マンションの上層階などに引っ越すとき、ベッドやテーブルなどの大きな家具、冷蔵庫や電子レンジといった電化製品などを特殊車両(昇降機・高所作業車など)を活用しての引越しの場合は当然、料金が高くなりますので気をつける必要があります。

物件の前の道路状況

引っ越しを業者に依頼した場合、基本的に業者のトラックは物件(マンション・アパート・一軒家)の駐車場、またはトラックを止めることの可能な駐車場がなければ近くのスペースに駐車して作業を行うことが基本的です。

この際に、物件とトラックを駐車するための距離が長い場合、スタッフの作業に負担が
掛かり、時間も掛かるので、その分、引越し料金が高くなる可能性があります。

必要な作業

梱包、荷造り、荷解きなどを自分でするのか?引越会社のスタッフがするのかによって、当然、料金が異なります。
越業者のスタッフがする作業が多ければ多いほど、その分、引越し料金も高くなるので、
できることは自分でしておくと良いでしょう。

引越日・曜日・時間

  • 引越シーズンの2月後半~4月前半
  • 土日祝日
  • 午前便

上記の3つは比較的に引越しを望むお客さんが多いため、
越業者は料金を高めに設定されていることがあります。

参考サイト

URL:【1】 引越し費用格安ガイド www.discount-clearwater-hotels.com/2012/03/post-9.html
URL:【2】 たかぶろ card-free.info/hikkoshi/
URL:【3】 引越しのミカタ www.hikkoshinomikata.com/ryoukin/nimotunoryou.html
URL:【4】 引越しゼミ www.hikkoshiseminar.com/key/

参考動画

 
URL:【1】2月下旬の引っ越しを業者に頼むと引っ越し費用いくらくらい? www.youtube.com/watch?v=iL5WDoyw6BI

URL:【2】8月上旬から半ばで平日の引っ越し費用はどれぐらい? www.youtube.com/watch?v=mh4HNDyOxLE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。