引越しでの洗濯機を運んでもらうために注意するポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大型家電の一つでもある洗濯機、
子供のいるご家庭では、毎日洗濯している場合が多いと思います。
しかし、そのような洗濯機を引越しする際には注意しなければ運べない可能性がでてきます。
今回は引越しでの洗濯機を運んでもらうために注意するポイントを紹介していきます。

洗濯機を運搬してもらう為には余分に料金が掛かるのか?

洗濯機は当然のことながら、取り外しと設置の両方が必要です。
取り外しと設置や運搬に引越し料金が上乗せされるか心配されると思いますが、
ほとんどの引越し会社では洗濯機の取り外しと設置の両方が引越し料金に含まれている
ことが殆どなので安心してください。
しかし引越し先に新たに配線やコンセントを通す必要があったり、新たに部品が必要な場合は
別途料金を引越し会社から請求される場合がありますので気をつけてください。

洗濯機を運んでもらう為に絶対やっておかなければならない作業

洗濯機には常に水が入っている状態です。
なので、このまま洗濯機に水が入っていると、洗濯機を運搬するときに他の荷物が
水浸しになってしまう可能性があります。
他の荷物が水浸しになると大変なことになるので、必ず業者さんに運んでもらう前に
中の水を抜くようにしましょう。

洗濯機の水抜きの手順

洗濯機には、全自動洗濯機とドラム式洗濯機の2種類がありますので
それぞれの水抜きの手順を紹介します。

全自動洗濯機の場合

  • 必要のないタオルと水を受ける為の洗面器を用意する
  • 水道の蛇口と洗濯機のふたを閉めてドライコースを選択してスタートボタンを押す
  • 給水ホースを外しスイッチを切って、給水ホースの水を空にする
  • 再びスイッチを入れて、手動設定で脱水を行う
  • 脱水が止まったら、排水ホースを外す
  • 水分が洗濯機の槽内に残っていないかを確かめてタオルで拭く

ドラム式洗濯機の場合

  • 必要のないタオルと水を受ける為の洗面器を用意する
  • 水道の蛇口と洗濯機のふたを閉めてドライコースを選択してスタートボタンを押す
  • 給水ホースを外しスイッチを切り、給水ホースの水を空にする
  • 糸くずフィルターの水を空にするに、もう一度脱水をおこなう
  • 脱水が終了すれば、洗濯機のふたを開けて、水分がドラム内に残っていないかを確かめてタオルで拭く
  • 洗面器を用意し、糸くずフィルターの水を抜く
  • 排水ホース内に残っている水を抜く
  • 水が全て抜き終わったことが確認できたら、コードはわかりやすくまとめて、洗濯機にテープで貼り付ける。

以上が洗濯機を引越し業者さんに運んでもらう際に気をつけなければいけないポイント
です。
洗濯機をスムーズに業者さんに運んでもらう為に、上記のことを守るようにしてください。

参考サイト
【1】洗濯機の引越し
URL:www.xn--68j302l0chsvc9xegx2d.net/

【2】アート引越しセンターだけの見積もりでは値引きしにくい理由
URL:arth100.net/entry20.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。