気をつけておきたい引越しの際の“エアコン”事情とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引っ越しで必要になってくるのが、エアコンのお引越し。住んでいるときは気になりませんが、エアコンも私物であるのならもちろん荷物に含まれます。冷蔵庫や洗濯機といったものと同じように考えてはいけません。エアコンには、特別な料金が加算されるので、きちんと確認をしておく必要がありますよ。

特別な資格が要る作業。その金額は意外に負担に…

あまり知られていませんが、エアコンの設置や取り外しに関わる電気まわりの作業をするには電気工事士という資格が必要です。

エアコン取り付け工事のみの場合に限り、電気工事などの資格は一切必要なくなりましたが、エアコンの設置・取り外し作業に付随してよく行われるコンセントの取り換えやブレーカーの入れ替え、コンセントが足りない場合のコンセント延長工事や電圧の切替工事などは電気工事士一種か二種の資格が必要になってくるのです。

素人がやってしまうと、エアコン内部に充填されているガスが抜けてしまい、暖房・冷房効率の悪化や最悪の場合故障にも繋がってしまいますから、信頼できる人にお願いするしかほかありません。

無資格なのに勝手に行ってしまうと法令違反となりますし。

漏電による火災など自分自身の身も危険に晒し、更にはたくさんの人に迷惑をかけることになってしまいますので、ここはケチらず適正にしっかり引っ越し業者にエアコンの取り外しと設置をお願いしたほう無難でしょう。

見積りの金額に含まれていない会社も…要確認です!

引っ越し業者によっては、見積時のエアコン関連の金額を入れていないことがありますので、見積りしてもらったと安心するのではなく、疑ってかかるくらいにしっかりと見積りの明細を見た方が良いでしょう。

最初に見積りした金額を安く見せて、実際には“引っ越し料金”以外の“手数料”として支払いを求めてくるという悪質なケースが多々報告されていますので、注意が必要です。

ホースの長さ次第では追加料金もあり得ます。

エアコンの取り付けに欠かせないのがホース。ホースの長さは、今住んでいる物件と新しい引っ越し先とで配線の必要になる距離など様々な点が違ってくることが考えられます。

そういった場合、今よりもコンセントを延長しなければならなかったりエアコンのホースを長いものに交換しなければならなくなったりといった問題が生じてきます。

そういった場合は見積り金額に追加料金が加算されることがありますので、そちらも併せて確認しておきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。