見積もりを出す前にはっきりさせておきたい3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

明確な見積もりを業者に依頼するには以下の3つのことがとても重要です。

引越し先をの情報をしっかり把握しておきましょう。

引越し料金は引越し先の立地条件によって大きく変わって来ます。
例えば、引越し先が10階建ての8階でエレベーターの有り無しで作業員の
人数が変わるので料金が変動します。
また、トラックが通れないような道路状況であれば軽トラックを用意しなければ
ならなくなり、その場合は軽トラックの費用が追加されます。
このように引越し先の住所を把握しておかなければ、
引越し会社も正確な見積もりを出すことができません。
引越し先の情報は必ず把握するようにしましょう。

引越しの日にちをはっきりさせましょう

中には引越しの日程を詳しく決めずに、『今月末』や『今月の中旬あたりで』と
アバウトな日程を業者に伝える方がいらっしゃいます。
アバウトな日程や期間を業者に伝えると、業者はそのアバウトな期間中トラックを
押さえなければなりません。
ですので、アバウトな期間中トラックを押さえた状態でまだあなたが引越しを
されていなければ、他のお客さんの依頼を断らなければならなくなります。
業者や他のお客さんの迷惑が掛からないように、引越し日は、
第一希望、第二希望、第三希望までは決めておくようにしましょう。
また、引越し料金は平日より休日が高く、3~4月は繁忙期で高い場合が多いです。
これらのことを頭の片隅において置き日程を決めると、
通常よりリーズナブルな値段で引越しができるようになります。

引越し先に持っていく荷物の種類や量をはっきりさせましょう

見積もりはトラックに載せる荷物の量で料金が変動します。
なので、『まだ運ぶ荷物がはっきりしていません』という業者への
やり取りでは、運び出す荷物がはっきりされていないので、
正確な見積もりを出すことができません。
もしはっきり決まらないまま訪問見積もり時に、
『この荷物をもっていきますか?』という問いに『はい』と答え、
おおよその運ぶ物を伝えた場合、
いざトラックに載せた場合に全部積むことができないといったトラブルが
起きる可能性が出てきます。
積みきれないことが起きた際には追加の費用が発生していまいますので、
このようなトラブルを防ぐために、引越し先には何を運ぶ必要があるのか
はっきりさせた上で業者に連絡や訪問見積もりをしてもらうようにしましょう。

以上の必ず引越し業者に見積もりを出す前に必要な情報を
まとめました。
この3つのことを見積もりを出す前にはっきりできなければ、
引越しの準備が前に進まないので気をつけましょう。

参考サイト
【1】引越し段取り
URL:webshufu.com/things-to-do-before-asking-quotations/

【2】引越しなっとく.com
URL:na109.com/hikkosi-mitumori-kotu/hikkositiming/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。