2015年 1月 の投稿一覧

引越し業者に違いはあるのか?

引越し安くするぞ!

いざ、引っ越し業者を選ぼうと思ったとき、あなたは何を重要視して選んでいるでしょうか。金額、サービス内容、接客態度…色々その会社ごとの特色があるかと思います。一体、具体的にそういったことが会社によって違うのかを知っておき、今後引っ越し業者を選択するときの参考にしてみてくださいね!

金額の違いが大きく表れるのは、輸送方法

なぜ、同じ距離で同じ荷物にも関わらず、会社によって金額に大きく差が現れるのか…そんな疑問を抱いた経験がありませんか?その金額に大きく差が出る理由の一つとして、輸送方法が挙げられます。まず、会社の強みに差があって、“トラック”で輸送するのか“コンテナ”で輸送するのかで大きく内容が変わってきます。

トラック輸送が主な会社のメリットとデメリット

トラックを使用して輸送している業者の強みとしては、家から荷出ししてトラックに積み込み、そのトラックで目的地までドライバーがしっかりとついて送り届けてくれるという安心感です。担当ドライバーが責任を持って目的地まで運転してくれるので、その道中の道の状況によって段差などは減速し、曲がる際には細心の注意を払ってくれる運転のプロが、積んでいる荷物に最大限配慮した運転を心がけてくれるので荷物の破損や故障といった問題が起こりにくいというのが最大のメリットといえます。

ただし、この手の業者だと、引っ越し先への距離が相当遠方になる人にとっては料金が高めの設定になってしまいがちなので、そこは自分の予算と相談して決めましょう。

コンテナ輸送が主な会社のメリットとデメリット

かなり遠い場所への引っ越しが必要になったときに、依頼したいのが“コンテナ輸送”に強い会社です。遠距離の引っ越しでどうしても気になるのが料金です。トラック輸送だと高値になってしまいがちな引っ越し料金を、なるべく安く抑えるために選びたいのがコンテナ輸送です。コンテナ輸送とはその名のとおり、トラックで運ぶのではなく、コンテナに荷物を入れて、JR貨物として最寄りの駅へ運ばれた後、そこからまたトラックで荷入れ先まで運ばれるものです。列車ということで人件費が削減されますので、その部分で大きく料金を安く抑えることが出来る反面、気に留めておかなければならない点もあります。

コンテナ輸送の際にどうしても避けられない揺れなどで、荷物の破損がしやすいということがあります。電子機器類は、列車での細かな揺れに大変弱いとされています。電子機器類の輸送には細心の注意を払って梱包をするようにしましょう。

業者に頼まないで引越しは可能なのか…?

お引越ししなければならない事情が出来たとき、引っ越し業者に連絡をして見積りをしてもらい、それがたとえ安いとは言えない金額だとしても業者にお願いして荷物を運んでもらうのが一般的ですよね。そもそも、業者に頼まないで引っ越しをすることは可能なのでしょうか。業者に頼むのと頼まないのでは、どういった面で差が現れるのでしょうか。
 

金額が安く済む代わりに負う“リスク”

業者にお願いをしないとなると、その分だけ金額的に安く済むのですが、その代わりに負わなくてはいけないリスクがたくさんあります。まずは、荷出しそして荷入れの時間についてです。業者に頼めば、約束通りの時間にしっかりと荷出しにスタッフが来てくれて手早く荷出しをしてくれますが、全て自分でやらなければならない場合は時間通りに片づけが進まないということが十分にあり得ます。部屋の引き渡しもありますから、予定の時間通りに部屋から荷物を出すということは大切。ですので、しっかりと引っ越しのプロである業者に頼んで、手早く効率的に荷出しと荷入れをお願いするのが一番良いといえます。
 

大型家具や家電をどう扱うかが重要です

自分で全て引っ越し作業をすると決めて問題になるのが、大型の家具や家電の扱い方についてです。洗濯機や冷蔵庫といった大型の家財道具は、素人だけで無理矢理に運ぼうとすると、物そのものを壊してしまう可能性があります。大きな衝撃を与えると、内部の配線がおかしくなっていざ荷入れし苦労して運んだ家電が動かなくなってしまった…なんてことも。簡単には購入できない大きな家具や家電を大切に長い間使用しようと思うのなら、ここは間違いなく引っ越し業者を頼るべきでしょう。プロが取り外しから運搬、運送、そして荷入れし設置までを丁寧に行ってくれます。

自力引っ越しの条件

大型の家具や家電の扱い方も大切ですし、
他に気をつけることで、引っ越しがスムーズに行うことのできる
条件があるので紹介していきます。
 

1 2名以上の作業する人数を確保する

1名でも行おうと思えば出来ますが、やはり2名以上いると
手分けができるので作業効率は良いので2名以上で
作業を行うことをおすすめします。

2 男手の作業員を確保する

女性が複数人集まって引っ越し作業を行ってももちろん大丈夫ですが、
やはり男手があった方が何かと活躍してくれて作業はスムーズに進むかと
思います。

3 車の運転

引っ越し業者に頼まずに自力引越しを行うのであれば、車の運転は必要です。
1人暮らし~少人数家族、荷物少な目の家族の引越しの場合なら、
自家用車や軽トラックを借りることで当日の引っ越しに支障はありません。
2トントラックに荷物を載せて運転をするのでしたら、
普通免許で運転可能ですが、道や商店街の看板等で通れない場所がある可能性があるので
事前にルート確認を行うようにしてください。

もしも、のときのことを考えると断然業者です!

引っ越しの最中、荷物を積んだ車が事故に遭うかもしれません。そんなとき、自分だけで引っ越しを行なっていた場合は積荷の保障というものが一切ありません。引っ越し業者に依頼をして家財道具を輸送してもらうと、その荷物の量と内容に応じた額の保障が適応されます。もしも輸送の最中に、ドライバーさんの不慮の事故によって荷物に損害が出てしまった時でもきちんと保障され、代替品や同等の物をきっちりと納品してもらえるので安心感が違います。自分だけでの輸送では、うまく荷物同士を固縛できずに中のものが壊れてしまったりするのもよく聞く失敗です。そんな失敗を避けるためにも、引っ越しにはきちんとプロである業者にお願いするのが得策といえます。

参考サイト

URL:【1】 nanapi
nanapi.jp/11979

URL:【2】 業者を頼まない場合の引っ越し準備
www.hajimete-club.net/gyousya/entry5.html

URL:【3】 引っ越しマル得情報
www.fredrikstadkunstlop.com/asked-seller.html

複数の見積もりで単身引越しが安くなるってホント?

複数の引越業者に見積もりを出してもらえば、単身引越し費用は少しでも安くなることは間違いありません。
ただ、どれくらい安くなるかは交渉によってかなり変わってきます。
交渉次第で50%OFFの値段で引越しできるかもしれませんし、逆に10%くらいしか安くできないかもしれません。

それで、ここではどうすれば割引率を上げることができるか、またどうすれば交渉を有利に進められるか、幾つかのポイントを紹介していきます。

ホントにその見積もりで安くなってる?

複数の引越業者に見積もりを依頼すれば、安い費用で単身引越しをすることができる確率は高くなります。
それぞれの見積もりを受け取って、料金を比較して値段交渉をすれば確かに費用を落とすことは可能です。

しかし、これには思わぬ落とし穴があります。なぜなら、依頼した業者の見積もりがどれも高いというケースもあり、その場合は引越し費用もそれほど落とすことができないからです。
それで、引越し費用を安くするためには、複数の引越業者に見積もりを依頼するというだけでは不十分です。

ではそのために何が必要になってくるのでしょうか?

安く見積もりしてもらうためのポイントは?

では、どうすれば安い見積もりを提示してもらうことができるのでしょうか?具体的に考えていきましょう。

値段を安くできるかどうかは、いつ引越しするかということに大きく左右されます。これは繁忙期に引越するとか土日祝日に引越するかどうかだけでなく、トラックの空きがあるかどうか、また混載可能なトラックがあるかどうかなどにも影響します。

それで、何月何日と指定するよりは、希望日を複数提示してみるというのは効果的な方法です。
そうすれば、空いているトラックや混載可能なトラックも見つかりやすくなりますので、営業マンとしても安く見積もりすることが可能になります。

また、段取りがいい人だということが交渉の際に伝わるようにしておくことは大切です。
段取りが悪いと思われると、それだけで相場より高く見積もりを出されるケースが多いと言われています。なぜなら、荷物の梱包や引越し前の下準備がきちんと済んでいないと引越しに時間がかかるからです。

ですから、段取りの良さをアピールするというのも重要なポイントです。

どうすれば面倒な見積もりを簡単にできる?

ここで取り上げた方法をやってみるだけで、複数の引越業者に依頼した見積もりの提示金額が安くなることが期待できます。そうすると、さらに値段交渉がしやすくなり、最終的にかなり安く単身引越しをすることが可能になります。

とはいえ、引越業者にどのように見積もりを頼んだらいいのでしょうか?一社ずつ電話をするのは時間がかかりますし、なかなか大変です。また、引越業者が見積もりに自宅に来るとなると、単身者にとっては困ることもあるでしょう。

そこで、お勧めなのが引越業者に自宅に来てもらうことなく、ウェブでできる引越し見積もりサービスの利用です。この引越サービスを利用すれば、一社ずつ連絡したり、業者と見積もり訪問日の打ち合わせをしたりという手間もなく、簡単に引越業者からの見積もりを取ることが可能になります。

顔を合わせて打ち合わせをしなくてもいいので、ラクに引越業者を選ぶことができますよ!

信頼できる一括見積りサイトの探し方

引越し一括見積サイトといっても、
ヤフーやグーグルで『引っ越し 一括見積り』と検索するだけで、
今ではたくさんのサイトが検索に出てきます。
どの引越し一括見積サイトのサイトを見ても大抵は同じようなことしか書かれておらず、どの一括見積サイトが一番優良なのかの判断をつけるのが難しく感じるかもしれません。
引越し一括見積サイトの失敗しない選び方にもいくつかポイントを紹介していきます。

1 その一括見積サイトの運営会社はどこなのか明記されているか

運営会社はどんな会社なのかということですが、中には明記されておらず、
一括見積サイトの機能を果たしているのか怪しいサイトが存在します。
明記されていることは、ひとつの安心につながります。

2 一括見積サイトに参加している引越し業者の数と質は良いか?

大手の引越し会社が参加しているのかを調べつつ、地元に密着した無名かもしれないが優良の引越し会社まで幅広く対応されているかをチェックすることで、良い引っ越し会社にめぐり合える確立は高まります。
そして、数は多ければ多いほど良いでしょう。

3 個人情報のセキュリティは万全か?

しっかりと個人情報が守られるサイトには、
『プライバシーポリシー』が記載されています。
この記載が無い一括見積りサイトは利用しないほうが無難でしょう。

4 独自のキャンペーンやサービスを実施しているか?

最近は引越し一括見積サイトの数も多くなってきたので、
様々なキャンペーンや特典を付ける一括見積サイトが増えてきました。
せっかく見積りを出すのであれば、色々な特典やキャンペーンがあるとお得です。

5 利用者の数は多いか?そして、利用者の評判や口コミはどうなのか?

利用者は多いに越したことはなく、悪評の多いかどうかのチェックをすることで、安心して見積りができます。

参考サイト

URL:【1】 引越し一括見積サイトに騙されてはいけない! ameblo.jp/kzl5jlhr/
URL:【2】 引っ越し一括見積りサイト口コミランキング kuchiran.jp/life/movingnavi.html

単身引越しを一番安く済ませるためには?

引越が決まると、物を処分したり、買い替えたりと余分の費用がかかります。それで、できるだけ引越費用は安く済ませたいものです。

単身引越を行なう方法としては、大きく次の3つの方法があります。

  • 自家用車もしくはレンタカーを利用して個人で引越する
  • 引越業者の単身パックを利用する
  • 引越業者のトラックをチャーターして引越をする

この中で一般的なのは、3番目に挙げた引越業者のトラックをチャーターして引越するという方法でしょう。
しかし実際には、この3つの方法の中でどれが一番安く単身引越できるのでしょうか?
それぞれにどれほどの費用がかかるのか比較してみましょう。

自分でする単身引越は費用を安くできる?

単身者の引越は、家族での引越に比べると荷物の量はかなり少ないので、業者に依頼しなくても自分でやる方が安くできるかもしれないと思えるかもしれません。
とはいえ、冷蔵庫や洗濯機などの家電や、机や椅子といった家具がある場合には、思っていたよりも結構な荷物の量になるものです。

仮に、引越先が近ければ何度か往復して運ぶということも可能ですが、かなりの労力と時間が取られてしまいます。また、家電や家具などを積み込める車をレンタルすると、それなりの費用がかかります。

レンタカー代やガソリン代、また梱包材を自分で用意する費用や手間などを総合的に考えると、業者を通さないで自分でする単身引越は意外に安く済ませるのが簡単ではないということに気付くでしょう。

単身パックの利用で引越は安くできる?

単身パックは専用のBOXに荷物を入れて運ぶために、持っていくことのできる荷物の量に制限があります。とはいえ、引越の費用を格段に抑えることができるという大きなメリットがあります。

実際にどれほど費用を抑えることができるのでしょうか?東京から神奈川への引越を例に取って考えてみましょう。
一般的なトラックをチャーターして引越する場合、2トントラックの車両32,000円と作業1名の人件費15,000円で、合計47,000円ほどかかります。
これが単身パックの場合、BOX1本の料金が21,000円なので、26,000円ほど安く済ませることができます。

それで、単身パックは、荷物が少ない単身者にとっては魅力的な引越の方法の一つということができるでしょう。また、引越業者によっては単身パックのサイズ別で料金が決まっているところもありますので、安心して利用できるというメリットもあります。

トラックをチャーターしても安く引越できる?

単身引越といっても荷物が多くある場合は、自分で引越をするのは無理ですし、単身パックを利用するには荷物が多過ぎてBOX数本には入らないということもあるでしょう。

そのような場合は、引越業者のトラックをチャーターするという一般的な方法で引越しすることになります。
では、どうすればトラックをチャーターして、単身引越を安く済ませることができるでしょうか?

できるだけ安く引越をするためには、複数の業者に見積もりに来てもらうようにしましょう。複数の業者の見積もりを比較することで、値段の交渉もしやすくなりますし、サービス内容や見積もりに含まれる費用が何かを比較することができるからです。そして、その中で一番お得に引越ができる業者を選ぶと引越を安く済ませることができます。

無料で安心して活用できる一括見積りサイトベスト3

1位 引越し侍

この『引越し侍』は各社のサービス内容を見積もりを行う段階から比較が可能なので、条件に合った業者を選びやすい一括見積りのサイトとなっています。
この見積りサイトから業者に頼むと、最大10万円がキャッシュバックされるキャンペーンの参加が可能になったり、エリアが限られていますが、
引っ越し祝いにピザを無料でプレゼントされるという特典が付いて来ます。
引越し侍URL:hikkoshizamurai.jp/

2位 ズバット引越し比較

ズバット引越し比較では、引越し会社のサービス比較や会社別の満足度ランキングが記載されており、わかりやすい引越しテクニック満載の一括見積りサイトです。
ズバッと引越し比較:www.zba.jp/hikkoshi/

3位 HOME’S 引越し 見つもり

引越業者の安心やサポートが気になる場合でも口コミ・ランキングがあり、
料金など条件に合った引越業者を見つけることができます。
HOME’S 引越し 見つもり:www.homes.co.jp/hikkoshi/

いかがでしたか?ここでご紹介した3つの引越方法を比較して、自分の荷物の量や移動距離などを考慮して一番安く引越できる方法を見極めてください。

単身引越しもシーズンによって値段が違ってくる?

「好きな街に引越してみたい」という気持ちで引越す人であれば、引越しにかかる値段が安いかどうか考えて時期を自分で選ぶことができます。しかし、会社勤務で他県への転勤の辞令を受け取ってしまったら、引越しの値段が高いシーズンでも引越しをしなければならない状況になります。

では、単身引越しする場合に一番値段が高いシーズンはいつでしょうか?逆に値段が安いシーズンはいつになるのでしょうか?
そして、高いシーズンに引越さなければならない状況の中で、どうすれば少しでも安く引越しすることが可能になるでしょうか?

一番単身引越しの値段が高いシーズンは?

単身引越しの値段が高いシーズンといえば、やはり3月と4月です。入学や入社、卒業や転勤など生活の変化がある時期なので、引越しの需要も多くなります。
実際、引越業界の統計によると年間の引越数の約1/3が、この3月と4月に集中すると言われています。
当然需要が高まれば値段も高くなるのは必然で、3月と4月は他の時期に比べて引越し料金が30%近く高くなると言われています。

3月と4月以外に引越しの需要が増えるのは、企業の人事異動がある9月です。この時期も引越しにかかる値段が他の時期よりも高くなる傾向があります。
できれば、こうした時期に引越しするのは避けたいと思うものですが、入学や卒業する方や入社や転勤の辞令を受ける方にとっては仕方がないことかもしれません。

一番単身引越しの値段が安いシーズンは?

単身引越しの値段が安いシーズンというと、3月・4月・9月以外の月というのが一般的です。
ちなみに引越し料金の高い時期から低い時期の月は以下のようになります。

・3,4,9月は入学や卒業、入社や転勤などがあるため高い
・2,8,10月は入学や転勤などで早めに引越しする人がいるため若干高い
・1,5,6,11,12月は人の動きがないために安い

それで、自分で引越し時期を決めることができる人は、人の動きが少ない時期に合わせて引越しすることを考えると良いでしょう。

特に引越におすすめなのは5月や6月です。理由は単純で、他の安い月は真冬に当たるため、引越しの準備や引越した後の整理が寒くて辛いからです。こうした時期的な要素を考えてみると、いつ引越しするか決定しやすくなるでしょう。

高いシーズンでも安く引越す裏ワザとは?

高いシーズン中でも安く引越しするためには、何ができるでしょうか?

一般的に引越しを安く済ませようと考えている方は、複数の引越業者に見積もりを依頼し、そこで価格交渉を行っていくと思います。これ自体は裏ワザでもなんでもないですが、この交渉時に使える裏ワザがあります。

それは、引越しの日時を複数用意しておき、営業マンに「この期間内であればいつでも大丈夫です」と伝えておくことです。
意外に引越しをする多くの人が、自分で引越しの日程を決めてしまっているものです。そうすると、チャーター便を用意できなかったり、混載便の利用もできなかったりと、値段を下げるチャンスを逃してしまうことになりかねません。

それで、引越しの候補日を複数用意しておきましょう。そうすれば、高いシーズンでも安く引越しすることができてオススメですよ。

高いシーズンでも安く引っ越しができる業者の探し方

入学や入社、卒業や転勤など生活の変化がある時期の、3月と4月は引越しの需要も多く、依頼件数が引っ越し業者に殺到します。
なので、業者は料金を安くしてまでお客さんを獲得する必要がないのです。
その結果、必然的に引っ越し料金が跳ね上がり、通常では数万円で済むような料金でも、業者によっては3~5倍取るような強気の業者も中には存在します。
そのような業者に依頼するリスクを回避するためには、複数の見積りを取ることが大切です。

1 引越し侍

上位ランキングの上位業者に予約することができ、
ランキングや口コミで人気業者が一目でわかります。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバッと引越し比較

220社以上の提携された引越し業者から最大50%オフの可能性があります。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

3 HOME’S 引越し 見積もり

HOME’S限定特典で、提携引越し業者のダンボールの無料サービスや、
特別割引があり、他に時間を引越し業者の都合に合わせることで、割引になるケースがあります。
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/

単身引越しの値段はどうやって決まっているの?

単身引越をする時、まず最初に気になるのが値段がどれほどかかるかということではないでしょうか?
もちろん、引越の見積もりを依頼すれば、どのくらいの値段で引越ができるか簡単に知ることができます。とはいえ、見積もりする前に自分である程度の予想ができるだけでも安心感があったりするものです。
では、単身引越の値段はどうやって決まっているのでしょうか?その点について、ここでは解説いたしましょう。

単身引越の値段は距離と荷物の量で決まる

単身引越の値段は、「距離」と「荷物の量」という2つの要素で決まってきます。
実は引越先までの距離が分かっていれば、見積もりをしてもらわなくても基本的な引越にかかる運賃を自分で調べることができます。

意外に知られていませんが、引越の基本料金の上限は法律で決められています。100km以内の引越であれば時間制運賃となり、100kmを超える場合は距離制運賃になることになっています。
ちなみに、100kmがどれほどの距離かというと東京中心部から横須賀やつくばは50km圏内、沼津や宇都宮で約100km圏内ということになります。時間制運賃が適用される範囲はだいたいこの範囲までということを覚えておくと良いかもしれません。
気になる時間制運賃の料金ですが、1トン車の利用で4時間から8時間かかる場合、時間に応じて20,500円から30,740円となります。

距離制運賃の場合の基本的な値段は?

距離制運賃の基本は、100km以上110km以内で22,740円から34,100円(1トン車を利用した場合)となっています。
この運賃を基本に、距離制運賃の場合は、10km増えるごとに約1,000円づつ加算されていきます。それで、150km超の引越であれば27,420円から41,140円の間の値段が引越料金ということになります。

この距離制運賃については、ネットなどで調べると、10kmごとの詳しい値段を知ることができます。もし、すでに引越先までの距離が分かっているのであれば、自分で調べてみるのも良いでしょう。
見積もりを依頼する前に、基本的な引越運賃を知っておくことで、見積もりで提示された料金が安いのか高いのか判断しやすくなるというメリットがありますからオススメです。

では、荷物の量が増えると引越しの料金はどれほど変わってくるのでしょうか?

荷物の量で引越の値段はどれほど変わる?

引越先までの距離とともに引越運賃を決めるのが荷物の量です。多ければ多いほど引越にかかる値段は高くなりますが、実際どれほどの違いがあるのでしょうか?
単身引越の場合は、荷物もそれほど多くないとは思いますが、やはり人それぞれに引越し先に持って行く荷物の量には違いがあるので、1トン車に収まる人もいれば2トン車でもキツキツという人もいることでしょう。

ちなみに、1トン車のサイズは軽トラック2台分ほどの大きさ、2トン車のサイズは単純にその倍というイメージをすると分かりやすいかと思います。
では、サイズも踏まえて100km以内の引越の場合に1トン車と2トン車で引越すると、どれほど値段に差が出てくるのでしょうか?

1トン車で引越すると20,500円から30,740円で、2トン車の場合は22,750円から34,130円となっています。
意外と荷物の量ではそれほど大きな値段の差は生まれないということが分かりますね。

引っ越し業者別による単身引っ越しの相場

引っ越し業者別による単身引っ越しの相場はどのくらいなのかを紹介していきます

1 日本通運の単身引っ越しの場合

日本通運では、単身引越し専用のコンテナの金額で、引越し費用が決まります。
横108cm、奥行74cm、高さ154cmの一番小さいサイズの単身パックSは17850円から利用可能です。
運べる物の目安として
2ドア冷蔵庫、
薄型20型テレビ、
小型テレビ台、
電子レンジ、姿見、
3段カラーボックス、
掃除機、
布団、
指定段ボール箱4個
を積み込むことができます。

上記のプラン以外に単身パックSよりツーサイズ大きいサイズで、横108cm、奥行104cm、高さ174cmの単身パックLというプランがあり値段は18900円から利用することできます。
単身パックSに入るものに加えて、4kgの洗濯機、衣装ケース、それにダンボール箱がさらに1個荷物として運ぶことが可能になります。

最大移動距離が15km~30km(エリアによって異なります)、
かつ作業開始から終了までが4時間以内を目安とした値段です。

2 クロネコヤマトの単身引っ越しパック

クロネコヤマトの単身引っ越しパックは、押入1段分の荷物が入る程度の量を目安とした幅1.04m、奥行1.04m、高さ1.70mのボックスを1ボックス単位で費用の計算をしています。
1ボックスの料金は、同一市内料金で関東圏内なら17850円、その他の地域は14700円という値段で利用が可能です。
しかし、東京23区と政令指定都市内と違う区への引っ越しは『同一都道府県内』扱いになってしまう為、若干高めの料金が請求されますが、1ボックス20000円程度の料金で利用可能になります。

3 赤帽の場合

赤帽は、日本通運やクロネコヤマトといった大手の業者とは違い、1つのトラックを貸切で使う貸切便のサービスです。
長距離だと距離別、時間別料金が加算され、割高になる可能性が大きいですが、移動距離が20km程度で近距離の圏内であれば料金は安く済みます。
赤帽トラックは、幅141cm、奥行194cm、高さ129cm、最大350kgまで積むことが可能で、
冷蔵庫、洗濯機、ベッド、テーブル、衣装ケースをトラックに積んだとしても、
まだ10箱程度のダンボール箱を運ぶことが可能です。
赤帽は基本的に「個人事業者」なので、サービス内容は異なりますが、値段の相場は20000円ほどです。

参考サイト

URL:【1】単身引っ越しの相場
www.xn--68ju76hxkdhrivj6aqk2a0wb.net/

URL:【2】【知らなきゃ損する!】引っ越し単身パックの相場を調べる方法
www.npo-emba.org/

単身引越しの際にとにかく使える単身パックって?

単身パックは、荷物の量が少ない単身者のために引越業者が提供しているサービスのひとつです。単身パックは積める荷物の量に制約があるものの、一般の引越に比べて費用を安く済ませることができるというメリットがあります。

ここでは単身パックのサイズやどれくらいの荷物を運べるか解説しています。

単身パックのサイズには種類がある?

単身パックは、どこの引越業者でも荷物の量に応じて対応できるように2種類を用意しています。それぞれの業者で単身パックのサイズの呼び方が異なります(例えば、ヤマトの単身引越サービスでは、単身パックのフルサイズとminiサイズ、日通の単身パックの場合はLサイズとSサイズという呼び方になっています)。

とはいえ、この2種類のサイズは呼び方は違うものの、どこの引越業者も積み込める荷物の量はほぼ同じだと考えて問題ありません。

ただ、ヤマトの「単身パックmini」では横幅が1m、奥行きが1m、高さが1.3mのBOXなのに対して、日通の「Sサイズ」では横幅が1.1m、奥行きが0.7m、高さが1.5mとそれぞれの長さが異なります。

これは、単身パックのフルサイズやLサイズと言われているものも同じで、ヤマトの「フルサイズ」は横幅が1m、奥行きが1m、高さが1.7mのBOXであるの対し、日通の「Lサイズ」は横幅が1.1m、奥行きが1m、高さが1.7mのBOXになります。

単身パックでどんくらいの荷物が運べる?

単身パックのサイズによる横幅、奥行き、高さは分かりましたが、実際それぞれのサイズでどれほどの荷物を積むことができるのでしょうか?

単身パックのminiやSサイズとされているもので積み込める荷物の量は以下の通りです。

  • 冷蔵庫
  • 薄型テレビ
  • テレビ台
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • カラーボックス
  • 姿見
  • 布団
  • ダンボール4個

これが単身パックのminiやSサイズに積み込める量です。

では、単身パックのフルサイズやLサイズではどれほど積み込むことができるのでしょうか?積み込み可能な荷物の量は以下の通りです。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 薄型テレビ
  • テレビ台
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • カラーボックス
  • 衣装ケース
  • 姿見
  • 布団
  • ダンボール5個

単身パックのminiやSサイズに比べると、洗濯機や衣装ケースなどをさらに積み込むことができるので、このサイズで引越しすると、新たな場所での生活を不便なく始めることができそうですね。

単身パックのメリットを最大限活かすには?

単身パックでの引越は、運ぶことができる荷物の量が限られているという制約がある反面、同じ荷物の量を一般の方法で運ぶよりも格段に費用を抑えることができるというメリットがあります。

それで、このメリットを最大限活かすために、前もって自分の荷物を単身パックに詰め込むことができる量にしておくようにしましょう。専用のBOXに収まりきらないと超過料金が発生してしまうので、自分の荷物の量がどれほどかを把握しておくことは大切です。

不要なものは事前に処分しておくことや、新しい場所で家電や家具などを購入することを考えておくと、運ぶことができる荷物の量が限られている単身パックであっても効果的に利用することができるでしょう。

単身パックは基本的に運ぶ荷物が少ない人に向けたプラン

単身パックは基本的に運ぶ荷物が少ない人に向けたプランです。
なので、費用を抑えるためには新しい住居に運ぶ物の量を減らす必要が
あります。
どうやって運ぶ物を減らせばいいのかですが、手っ取り早い方法は物を捨てることです。
その為に、何を捨てれば良いのかを紹介していきます。

1 捨てて良いのか自分で判断できない物

必要か不要なのかを自分で判断できない物は、
それほど重要でない物の可能性が高いです。
捨てましょう。

2 今後使う可能性がある物

今後使うと思っていて置いていても、いつなのかわかりませんし、
もし1年以上使ってない場合は利用頻度が少ないものですので、
重要度は低いと言えます。
いつ使うか明確でない以上は邪魔になるので、捨てていきましょう。

3 以前はよく活用していたけれど、今は全然つかっていなくて愛着がある物

今使っていないのなら今後も使う頻度は低いはずなので、この引っ越しを機会に捨てるのがチャンスです。

4 思い出に残っている物

思い出をいつまでも形のある物質として残しておくか、
自分の胸にしまっておくか二択を考える必要があります。
もし前者なら、それは大事にしまって置くと良いと思います。
しかし、思い出が重要な物なのかを自分の中で考えてみる余地はあると思います。

5 将来役立ちそうと感じる物

いつか将来役立ちそうという、いつ使うか予測ができない物は
今後も同じように感じると思います。
今必要ないなら捨てる勇気を持って捨てるべきです。

6 人にプレゼントすると喜ぶかもしれないが、あげる人がいないもの

時間的に余裕があるのであれば、
フリーマーケットやネットオークションで売るという方法がありますが、
時間があまり無いのであれば捨てましょう。

参考サイト

URL:【1】引越し時の荷物を捨てる方法
www.youtube.com/watch?v=iL5WDoyw6BI

URL:【2】superkireizuki.com
superkireizuki.com/hikkosi.html

URL:【3】nanapi
nanapi.jp/16713

単身引越しの一般的な相場はどのくらい?

単身引越の相場は、引越先までの距離と荷物の量によって大体の相場が決まってくると言われています。しかし、実際はそれにプラスして、チャーター便を使うのか混載便なのか、もしくは単身パックを使うのかでも引越費用の相場は異なってきます。
ここでは、それぞれの組み合わせでおおよその相場がどれほどになるのか紹介していきたいと思いますので、引越しの際の参考にしてみてください。

引越先によって費用はどれほど変わる?

ここでは、引越費用の相場の基準として単身パックを利用した場合の値段を紹介していきたいと思います。
単身パックを利用して同一市内に引越す場合は20,000円~40,000円程度、市外への引越では40,000円~60,000円程度、県外の場合は60,000円~100,000円程度が相場と言われています。単身パックは同一市内かどうかというよりも、30km以内かどうかが料金を決める一つの目安になっていますので、実際の引越先までの距離がどれくらいかを把握しておくと良いかもしれません。
単身パックと混載便での引越は費用的にはそれほど変わりませんが、チャーター便になるとそれぞれの距離に1万円~2万円ほど増えると考えておいたほうが良いでしょう。では、荷物の量は値段にどれほど影響を与えるでしょうか?

荷物の量で引越費用はどれほど変わる?

荷物の量でどれほど値段が変わるかも、単身パックのサイズで考えてみましょう。
引越業者の中で単身パックに強いと言われているのがヤマト運輸と日通ですが、今回は日通の単身パックを例に荷物の量と値段の変化を考えてみましょう。

日通の単身パックはS、L、そしてXと3種類あります。それぞれの値段は単身パックSが17,850円~、Lが18,900円~、そしてXが54,800円~となっています。
単身パックSで積める荷物の目安としては、冷蔵庫、電子レンジ、薄型テレビ、テレビ台、掃除機、3段カラーボックス、姿見、布団、ダンボール4個ほどです。単身パックLにすると、さらに洗濯機や衣装ケースなどを積み込むことができます。そして単身パックXの場合は、SやLのパックでは運ぶことのできなかったベットやソファ、自転車なども積み込むことができます。

いかに運ぶ物の量を減らすかが重要ポイント!

単身の引っ越しは極力運ぶ物を減らすことが引っ越し料金を抑える鍵となってきます。
一番最初は、引っ越し先の住居に本当に必要なものと必要ないものに分類することをしてください。
分類することで、必要でないものが見つかった場合には、まだ利用することができる物ならばリサイクルショップに回収を依頼したり、yahooオークションをはじめとするオークションサイトで物を売ることで、物が減るだけでなく、
現金に換えることが可能です。
廃棄できるものは、事前に無料大型ゴミ回収を自治体に連絡をしたり、廃品回収業者などに早めに連絡して、いちばん費用がかからない方法で廃棄を頼みましょう。
「どうしても必要」ではないけどなかなか捨てられないものは、
この引越を機会に物を捨ててみてはいかがでしょうか。
引越を機会に思い切って処分することで、荷物の量が少なくなり、費用も抑えることができます。

参考サイト

URL:【1】引越し時の荷物を捨てる方法
xn--68jv31jfteoxbi61i.biz/hikkosi_zyunbi/hikkosi_nimotu.html

URL:【2】引っ越し料金チープ
www.geocities.jp/hikkoshi_a/nimotu.html

URL:【3】賢くお得に!失敗しない単身の引っ越し方法!
xn--68j2b388nq2j9s0dqob.net/

単身引越はいつ引越すかが重要?

単身引越は、引越先までの距離や荷物の量で大体の相場は決まってきますが、引越しの時期によって値段はかなり変わってきます。3月~4月にかけてのいわゆる引っ越シーズンは値段が高いのですが、シーズンオフだと安く引越をすることができます。

とはいえ、入学や入社、転勤などで引越ししなければならない場合は、引越シーズンと重なってしまいますよね。そういう場合でも、次のような工夫で引越費用を抑えることができますよ。

  • 引越しの時期が決まったら、できるだけ早めに見積もりを取る
  • 引越希望者の多い休日ではなく平日に引越しする
  • 複数の引越し業者に見積もりを出してもらう

引越し先や荷物の量というのは自分でどうすることもできないことですが、引越シーズンでも引越し業者との交渉で値段を下げることは可能です。それで、ぜひ複数社に見積もりを取って交渉を試してみてください。

何社くらい見積りをすれば良いのか?

少なくても 4 社 ~ 5 社 くらいの引っ越し業者から見積もりを取ってもらうようにすると、良いです。
見積りをしてもらう引っ越し業者が多ければ多いほど、引っ越し費用を比べることが可能になるので、荷物の量を確認するために業者が家へ訪れた際に値段交渉がスムーズになります。

無料で活用できる引っ越し見積りサイト

Web見積もりサイトを活用することで、短時間で複数の引っ越し業者に見積りを取ってもらうことができます。

1 引っ越し侍

大手から地元業者まで、全国190社以上の引っ越し業者と提携されているので、自分にピッタリの業者が見つかると思います。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバット引越し比較

引っ越しに役立つテクニックが満載の見積りサイトです
URL::www.zba.jp/hikkoshi/

3 HOME’S 引越し 見積もり

引越し業者の都合で引っ越しの時間を合わせることで、割引になるケースがあります。
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/

単身引越しのWeb見積もりは簡単にできる?

最近では、引越業者のホームページから引越料金のシミュレーションが簡単にできるようになっています。

例えば、アーク引越センターでは、現在住んでいる都道府県と引越し先の都道府県、そしてそこまでの大体の距離を入力するだけで簡単に料金シミュレーションをしてくれます。
また、ヤマトホームコンビニエンスでも簡単料金検索フォームがホームページにありますので、そこからおおまかな引越し費用を知ることができます。

複数の業者の見積もりを取りたい場合は?

引越業者のホームページから料金シミュレーションするのは、正式に見積もりを取る前に大体の相場が分かるというメリットがあります。

とはいえ、そうしたシミュレーションをすべての業者がしているわけではないので、多くの業者の見積もりを比較したいと思う場合は、やはりWeb見積もりを利用する必要があります。
Web見積もりはさまざまなサイトからできますが、オススメなのは単身者専門のWeb見積もりをしているところです。

やはり、単身者に特化しているサイトは、ファミリータイプの引越しの見積もりもしているサイトに比べて値段設定が安いというメリットがあります。それで、Web見積もりをする時には単身者向けのサイトを利用するのが良いでしょう。

Web見積もりはどれくらい簡単にできる?

Web見積もりを初めてする時は、どんな流れで見積りがされるのだろうと少し不安になるかもしれません。しかし、最近のWeb見積もりはオペレーターが丁寧に説明してくれるので、特に心配する必要はないのでご安心ください。

例えば、ゼロコシというサイトを利用した場合、名前と電話番号、そして引越し元と先の都道府県を入力すれば、後日都合の良い時間にオペレーターの説明を受けることができます。
さまざまなWeb見積もりサイトがありますが、やはり丁寧な説明を受けられるなど、安心して利用できるというのは大きなポイントになります。

ここの場合は、オペレーターに荷物の量や引越距離、オプションの使用するかどうかなどを伝えることで見積もりを提示してもらうことになります。
それで、具体的に持っていく荷物の量や引越し先までの距離が分かっているのであれば、簡単にWeb見積もりをすることができるというメリットがあります。

Web見積もりをする時には、特典を活用しよう!

Web見積もりはしているサイトは多くありますが、サイトによって特典もあったりなかったりとします。ただ、業者を紹介しているサイトもあれば、成約時に特典がつくサイトもあります!

サイトによっては、学生の引越しであれば5,000円キャッシュバックのサービスがあったり、ブロバイダー契約で引越料金が0円になるといったサービスがあります。

それで、それぞれのサイトには特徴を把握した上で、自分にフィットするWeb見積もりを利用すると、賢い単身引越しをすることができるでしょう。

複数の引越業者に見積もりを依頼する時には、そこでの交渉次第で安くできるかどうか変わってきますが、それだけでなく見積もりを依頼するWebサイトをどこにするかでも、お得に引越する事ができるかどうかが変わってきます。

サイト別の様々なキャンペーンや特典

1 引っ越し侍

引っ越し侍を活用し、引っ越し侍から業者に依頼し、アンケートに応えることで抽選で最大10万円がキャッシュバックされるキャンペーンや、
エリアはきまっていますが、引っ越し祝いにピザを無料でプレゼントをするという特典を行っています。
引越し侍URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバット引越し比較

こちらのサイトも、ズバット引越し比較を利用することで、
抽選で『引越し料金最大10万円キャッシュバック』のキャンペーンや、
ピザの無料プレゼント、Oisix(おいしっくす) という食材宅配ネットスーパーのサービスの旬の『食材おためしセット』が50パーセントオフ、首都圏と近畿圏を中心に、全国119店舗を展開している美容室サロン「My jStyle」の30%OFFクーポンをプレゼント、
ダスキンのレンタルモップが4週間お試しが通常2131円を600円で利用できるといった特典があります。
ズバッと引越し比較 URL:www.zba.jp/hikkoshi/

3 ゼロコシ

ブロバイダー契約をすることで、引越料金が0円になります。
見積りスタッフが訪問にお伺いすることは一切なく、
クレームには5000円キャッシュバックされます。
ゼロコシ URL:zerokoshi.com/

単身引越、東京から大阪の相場はどんくらい?

長距離の引越で最も多いのが、「東京から大阪」、もしくは「大阪から東京」への引越ではないでしょうか?入学や就職、転勤などで引越することになると、距離が距離だけにどれほどの費用がかかるのか気になるところです。
ここでは東京から大阪、大阪から東京の単身引越にかかる費用の相場を紹介していきたいと思います。

今注目の単身パック、東京⇔大阪間の相場は?

専用のBOXに積み込むことで、引越費用をかなり抑えることができると今注目の単身パックですが、東京から大阪へ引越した場合どれほどの費用がかかるのでしょうか?

単身パックのサイズにもよりますが、28,000円(普通サイズ)~62,000円(特大サイズ)ほどの間で引越をすることが可能です。普通のサイズでも冷蔵庫や洗濯機、薄型テレビ、電子レンジ、掃除機といった家電からカラーボックスや衣装ケースなどなど積み込むことができますので、荷物が少ない方であれば東京から大阪への引越費用が3万円を切るということになります。また、荷物がとにかく多い単身者でも、特大サイズ利用でたった6万円台で引越ができるというのは、かなりお得ですよね。単身パックだからこそできることと言えるかもしれません。

確かに単身パックは、引越を安く済ませることを考える上では、選択肢の一つとして挙げられるでしょう。

通常の単身引越、東京⇔大阪間の相場は?

長距離の引越は、単身パックの方が費用を安く抑えることができるというのは事実ですが、荷物の量や引越の時期によっては通常の単身引越でも3万円~4万円ほどとかなり費用を抑えることができる場合があります。
また、トラックの空いているスペースに荷物を詰め込んで運ぶ「混載便」なら、引越費用が驚くほど安くなることもあり、とてもお得に引越することができます。もちろん、空きスペースに荷物を載せていくので、到着日などの指定ができないなどのデメリットはあるものの、単身パックよりも安く済ませることができるケースがあるのは確かです。

それで、東京から大阪への単身引越する際には、「一番安い単身パックで引越そう!」と安直に決める前に、まずは複数社に見積もりを出してもらうと良いでしょう。そうすることで、単身パックよりも安く引越しすることが可能になる場合が多くあります。

東京都から大阪府への引越し代金の相場表

移動距離:528km
所要日数:1.5日(東京都で荷物を積み始めてから、大阪府で作業を終えて営業所に戻るまでのトラック使用日数)

家族数(目安) 単身(荷物少な目・大きな家具無し) 単身(荷物多目)~2名(荷物少な目)
使用トラック(作業員数) 軽トラック(1名) 2tトラック(2名)
料金の目安(チャーター便) ¥32,000〜¥60,000 ¥64,000〜¥120,000
混載便・帰り便・コンテナ便 ¥12,800~¥40,000 ¥25,600~¥80,000

引用サイト
URL:引っ越し見積りWEBセンター

東京⇔大阪間の引越費用相場のまとめ

東京から大阪への単身引越の場合は、単身パックを利用すると28,000円~62,000円ほど、2トントラックをチャーターして引越する場合は30,000円~120,000円ほど、混載便で引越する場合は13,000円~80,000円ほどが相場と言われています。
このように、どの方法で引越するにしても一般的な相場といわれるものには開きがあります。それは、荷物の量や、引越のシーズン、また、平日か休日かで引越料金が大きく変わってくることによります。ですから、実際に見積もりをしてみないと、どの方法が自分にとって本当に安くなるのかは分かりません。

それで、自分の引越費用の具体的な料金を知るためにも、まずは見積もりをしてみましょう。見積もりをして、高いと感じても諦める必要はありません。引越費用は、交渉次第で最初の見積もりから最大で半分ほどにすることも可能だと言われています。
ですから、諦めずに頑張って引越業者に交渉してみてください。

無料一括サイトで安い業者を素早く発見

見積りを出して、引っ越し出費を抑えるためには、値段を安くしてくれる業者を探す必要があります。
インターネットの一括見積もりで比較してみるのが早く見つかるのでおススメです。
便利で活用できる無料一括サイトを紹介します。

1 引越し侍

『引越し侍』は各社のサービス内容を見積もりを行う段階から比較が可能なので、条件に合った業者を選びやすい一括見積りのサイトとなっています。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバット引越し比較

220社以上の引越し業者から、ズバット引越し比較を活用することで、
最大50%料金が割引可能なサイトです。
URL::www.zba.jp/hikkoshi/

3 HOME’S 引越し 見つもり

日本最大級の不動産情報サイト「Home’s」が運営しており、
『HOME’S 』が全国から厳選した100社以上の中から、引越し業者を紹介している見積りサイトです。
URL::www.homes.co.jp/hikkoshi/